2019年版 水資源関連市場の現状と将来展望

2019年版 水資源関連市場の現状と将来展望

価格 165,000円(税抜 150,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2019年10月28日 体裁 A4版 299ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF版 150,000円+税、書籍版/PDF版セット 170,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2019 エネルギーマネジメントシステム関連市場実態総調査
 ・FIT・再生可能エネルギー発電関連システム・サービス市場/参入企業実態調査 2019

調査概要

調査テーマ

『2019年版 水資源関連市場の現状と将来展望』

調査ポイント

[1] 国内の用排水処理市場規模と業種別にみた市場規模および技術トレンドを把握
[2] 次世代水処理技術の現在の開発状況と実用化の可能性についての考察
[3] 海外の水処理市場のトレンドおよび海外企業の取り組みの最新動向をピックアップ
[4] 水処理分野におけるIoT、AIサービスの現状と今後の導入の可能性を展望

調査対象

 I.総括編
  1.水資源関連ビジネスの全体俯瞰
  2.国内の水資源関連市場を取り巻く社会動向と関連省庁における制度の動向
  3.水資源関連ビジネスの市場動向
  4.次世代水処理技術の開発動向
  5.新製品・サービス開発/研究開発のキーワード
  6.日系・海外企業のアライアンス動向
  7.需要分野別の水処理装置・EPC/サービス市場・技術動向(国内市場)
  8.水処理向けIoT、AIサービスの先進的取り組み
  9.グローバル水ビジネスのトレンド
  10.関係省庁における水資源関連政策の動向
  11.水処理技術および市場の今後の方向性
 
 II.個別市場編
 
  A.水処理膜(3品目)
   精密ろ過膜(MF膜)/限外ろ過膜(UF膜)、MBR(膜分離活性汚泥法)用膜、逆浸透膜(RO膜)/ナノろ過膜(NF膜)
 
  B.水処理薬品・副資材(8品目)
   ボイラ・冷却水用薬品、水殺菌・消毒用薬品、無機凝集剤、高分子凝集剤、キレート樹脂/液体キレート剤、
   活性炭、イオン交換樹脂、EDIスタック(電気再生式イオン交換装置)
 
  C.水処理装置・プラント(9品目)
   純水製造装置/システム、超純水製造装置/システム、オゾン発生装置(オゾナイザ)、紫外線照射装置、
   超微細気泡散気装置、浄化槽、嫌気処理システム(UASB/EGSB)、海水淡水化装置・プラント、汚泥脱水機
 
  D.水処理関連サービス(5品目)
   水道事業の民間委託、下水道施設の民間委託、純水・超純水供給サービス、上下水道遠隔監視・制御システム、
   地下水利用システム/サービス
 
 【II.個別市場編 調査項目】
  1.対象品目の定義と概要
  2.主要参入企業一覧
  3.市場動向
  4.価格帯特性(2018年)
  5.販売方式/販売チャネルの動向(2018年)
  6.新製品開発/研究開発のキーワード
  7.海外動向
  8.アライアンス/M&A動向
  9.市場の成長要因と阻害要因

市場範疇

数値は一部を除き年次ベース(1月~12月)とする。また調査対象市場範疇は、国内市場を対象とする。
なお、「精密ろ過膜(MF膜)/限外ろ過膜(UF膜)」「MBR(膜分離活性汚泥法)用膜」「逆浸透膜(RO膜)/ナノろ過膜(NF膜)」「イオン交換樹脂」「EDIスタック(電気再生式イオン交換装置)」 「純水製造装置/システム」「超純水製造装置/システム」「オゾン発生装置(オゾナイザ)」「海水淡水化装置・プラント」の9品目については世界市場を対象とした。
海外市場における地域区分については以下の通り分類している。

地域区分対象国・地域
東アジア中国、韓国、台湾
東南アジアASEAN各国
その他アジアインド、中央アジアなど
オセアニアオーストラリア、ニュージーランド
北米カナダ、米国
中南米メキシコ、南米各国
欧州EU各国、スイス、ノルウェー、ロシア・CIS各国のほか、トルコ、イスラエルも便宜上欧州に含む
MENAアフリカ各国、中東地域

調査方法

弊社専門調査員による対象先(参入企業、関連企業など)に対する直接面接取材を基本に、一部電話ヒアリングを実施した。特に出典の記載のない場合は富士経済調べの数値である。

調査期間

2019年7月~2019年10月

調査担当

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部 第三部

目次

I 総括編(1)

  • 1.水資源関連ビジネスの全体俯瞰(3)
  • 2.国内の水資源関連市場を取り巻く社会動向と関連省庁における制度の動向(4)
  • 3.水資源関連ビジネスの市場動向(5)
  • 1)個別品目別市場規模推移(世界市場)(5)
  • 2)個別品目別市場規模推移(国内市場)(6)
  • 4.次世代水処理技術の開発動向(11)
  • 1)Atmospheric Water Generator(大気造水装置)(11)
  • 2)Zero Liquid Discharge(ZLD)(13)
  • 3)正浸透膜(FO膜)(15)
  • 5.新製品・サービス開発/研究開発のキーワード(17)
  • 6.日系・海外企業のアライアンス動向(26)
  • 1)日系企業×日系企業(26)
  • 2)日系企業×外資企業(27)
  • 3)外資系企業×外資系企業(31)
  • 7.需要分野別の水処理装置・EPC/サービス市場・技術動向(国内市場)(33)
  • a.浄水処理(33)
  • b.下水処理(36)
  • c.食品・飲料(39)
  • d.化学(43)
  • e.エレクトロニクス(47)
  • f.電力(52)
  • g.輸送機械(55)
  • h.鉄鋼・非鉄(58)
  • i.紙・パルプ(62)
  • j.製薬(66)
  • k.全体(70)
  • 8.水処理向けIoT、AIサービスの先進的取り組み(71)
  • 1)水処理関連企業が中心となる先進事例(71)
  • 2)ITベンダーなど水処理企業以外が中心となる先進事例(77)
  • 9.グローバル水ビジネスのトレンド(80)
  • 1)北米・欧州・中東・アジアにおける水処理動向(80)
  • 2)日系企業のグローバル展開動向(82)
  • 3)東南アジア主要国における水処理トレンド(84)
  • 10.関連省庁における水資源関連政策の動向(88)
  • 1)水資源行政に関わる組織と法規制・施策動向(88)
  • 2)個別省庁の補助金・プロジェクトの動向(90)
  • 3)汚水処理の広域化・集約化に向けた動向(94)
  • 11.水処理技術および市場の今後の方向性(95)

II 個別市場編(97)

  • A.水処理膜(99)
  • 1.精密ろ過膜(MF膜)/限外ろ過膜(UF膜)(101)
  • 2.MBR(膜分離活性汚泥法)用膜(110)
  • 3.逆浸透膜(RO膜)/ナノろ過膜(NF膜)(119)
  • B.水処理薬品・副資材(129)
  • 1.ボイラ・冷却水用薬品(131)
  • 2.水殺菌・消毒用薬品(140)
  • 3.無機凝集剤(149)
  • 4.高分子凝集剤(158)
  • 5.キレート樹脂/液体キレート剤(164)
  • 6.活性炭(170)
  • 7.イオン交換樹脂(177)
  • 8.EDIスタック(電気再生式イオン交換装置)(188)
  • C.水処理装置・プラント(197)
  • 1.純水製造装置/システム(199)
  • 2.超純水製造装置/システム(206)
  • 3.オゾン発生装置(オゾナイザ)(213)
  • 4.紫外線照射装置(221)
  • 5.超微細気泡散気装置(227)
  • 6.浄化槽(234)
  • 7.嫌気処理システム(UASB/EGSB)(241)
  • 8.海水淡水化装置・プラント(248)
  • 9.汚泥脱水機(257)
  • D.水処理関連サービス(267)
  • 1.水道事業の民間委託(269)
  • 2.下水道施設の民間委託(276)
  • 3.純水・超純水供給サービス(281)
  • 4.上下水道遠隔監視・制御システム(287)
  • 5.地下水利用システム/サービス(293)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ