リテールテック関連機器・システム市場の将来展望 2019

リテールテック関連機器・システム市場の将来展望 2019

価格 150,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2019年11月20日 体裁 A4版 276ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF版 150,000円+税、書籍版/PDF版セット 170,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・5G通信を実現するコアテクノロジーの将来展望 2020
 ・2019 コミュニケーション関連マーケティング調査総覧

調査概要

調査テーマ

『リテールテック関連機器・システム市場の将来展望 2019』
~省人化・無人化等への業態シフトによる次世代型店舗の未来像とサプライチェーンの高度化、新しいソリューションと有望機器・システムの市場トレンドを把握する~

調査ポイント

[1]省人化店舗、無人化店舗、サプライチェーンにおける入出庫管理などの業務効率化に期待される関連機器・システムの市場動向と2030年の将来展望を予測した。
[2]小売・外食・宿泊における主要機器・システムを全体的に網羅し、業務シーン別有望連携技術の動向と課題を把握した。
[3]業種・業態別の市場動向と調査対象品目の導入状況および今後の課題を把握した。
[4]コグニティブソリューション、MaaSなど、注目ソリューションの活用状況と未来像を明らかにした。

調査対象

 I.総括編
  1.リテールテック関連市場の現状と将来俯瞰
  2.市場規模推移予測
  3.業種・業態別市場規模推移予測
  4.注目小売業態別の有望機器・システム市場の需要拡大要因と課題
  5.業務シーン別の市場トレンドと有望機器・システム・技術
  6.セグメント別でみた販売チャネル
  7.調査対象品目における業務改善効果・導入効果 
  8.AI・ロボットによるコグニティブソリューションの動向 
  9.主な関連プロジェクト・需要喚起要因となる施策
  10.主要参入企業ディレクトリ 
 
 II.注目応用機器・システム市場編
  A.店舗ファシリティ(9品目)
   映像モニタリングカメラ、店舗照明、客数情報システム、万引き防止装置(EAS)、冷凍・冷蔵ショーケース、陳列棚、自動ドア、REMS、商業施設充電インフラサービス
 
  B.自動認識ソリューション(5品目)
   RFIDタグ、生体認証、車番認識システム、屋内位置測位ソリューション、宅配ロッカー
 
  C.発注・棚卸・業務支援管理(6品目)
   基幹システム、自動発注システム、ホテルマネジメントシステム(PMS)、棚管理ロボット、従業員マニュアル作成サービス、従業員手荷物セルフ検査サービス
 
  D.支払い・セルフ操作端末(10品目)
   セルフレジ・セミセルフレジ、完全自動セルフレジ(レジロボット)、オブジェクト認識レジ、自動釣銭機、組み込み型決済モジュール、モバイル決済端末、モバイルPOS、セルフオーダー端末、自動発券機、セルフチェックイン機
 
  E.販促プロモーション(4品目)
   電子棚札、ARフィッテイング、VR店舗、タブレット端末付きカート
 
  F.AI活用による業務支援(3品目)
   AI活用ソリューション、レベニューマネジメントシステム、AI利用節電システム
 
 III.注目リテール業種・業態別データ編
  1.食品スーパー 2.総合スーパー(GMS) 3.専門量販店 4.コンビニエンスストア 5.百貨店 6.ディスカウントストア 7.均一ショップ 8.外食 9.宿泊

市場範疇

業種・業態の調査対象については以下の通り分類している。

 1)小売
  1.食品スーパー
  2.総合スーパー(GMS)
  3.専門量販店(ドラッグストア、家電量販店、ホームセンター、衣料量販店)
  4.コンビニエンスストア
  5.百貨店
  6.ディスカウントストア
  7.均一ショップ
  8.その他小売業態
 2)外食
 3)宿泊

調査方法

弊社専門調査員による対象企業および関連企業、業界団体などへの面接取材を基本として、一部電話取材により情報を収集した。

調査期間

2019年8月~2019年11月

調査担当

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部 第二部

目次

I.総括編

  • 1.リテールテック関連市場の現状と将来俯瞰
  • 1)リテールテック関連市場の現状と将来俯瞰(3)
  • 2)業種・業態別の普及ロードマップ(5)
  • 2.市場規模推移予測(7)
  • 1)全体市場規模推移(7)
  • 2)ビジネスモデル区分別市場規模推移(8)
  • 3)セグメント別市場規模推移(9)
  • 3.業種・業態別市場規模推移予測(15)
  • 4.注目小売業態別の有望機器・システム市場の需要拡大要因と課題(16)
  • 5.業務シーン別の市場トレンドと有望機器・システム・技術(22)
  • 1)店舗オペレーション(22)
  • 2)接客・ 販促・誘客(24)
  • 3)支払い会計・精算(27)
  • 4)購買行動分析・マーチャンダイジング(30)
  • 5)バックヤード業務(32)
  • 6)インバウンド需要対応(35)
  • 7)宅配ビジネスとの連携(36)
  • 8)MaaS(Mobility as a Service)における移動式サービス(39)
  • 6.セグメント別でみた販売チャネル(40)
  • 7.調査対象品目における業務改善効果・導入効果(41)
  • 8.AI・ロボットによるコグニティブソリューションの動向(45)
  • 1)主な利用目的(45)
  • 2)来店客向けにおける注目ソリューション動向(45)
  • 9.主な関連プロジェクト・需要喚起要因となる施策(46)
  • 1)対象品目における関連プロジェクト・施策(46)
  • 2)対象業種・業態における関連プロジェクト・施策(47)
  • 10.主要参入企業ディレクトリ(48)

II.注目応用機器・システム市場編

  • A.店舗ファシリティ
  • 1.映像モニタリングカメラ(57)
  • 2.店舗照明(62)
  • 3.客数情報システム(67)
  • 4.万引き防止装置(EAS)(72)
  • 5.冷凍・冷蔵ショーケース(77)
  • 6.陳列棚(82)
  • 7.自動ドア(87)
  • 8.REMS(92)
  • 9.商業施設充電インフラサービス(97)
  • B.自動認識ソリューション
  • 1.RFIDタグ(105)
  • 2.生体認証(110)
  • 3.車番認識システム(115)
  • 4.屋内位置測位ソリューション(120)
  • 5.宅配ロッカー(125)
  • C.発注・棚卸・業務支援管理
  • 1.基幹システム(133)
  • 2.自動発注システム(138)
  • 3.ホテルマネジメントシステム(PMS)(143)
  • 4.棚管理ロボット(148)
  • 5.従業員マニュアル作成サービス(153)
  • 6.従業員手荷物セルフ検査サービス(158)
  • D.支払い・セルフ操作端末
  • 1.セルフレジ・セミセルフレジ(165)
  • 2.完全自動セルフレジ(レジロボット)(173)
  • 3.オブジェクト認識レジ(178)
  • 4.自動釣銭機(183)
  • 5.組み込み型決済モジュール(188)
  • 6.モバイル決済端末(191)
  • 7.モバイルPOS(196)
  • 8.セルフオーダー端末(201)
  • 9.自動券売機(206)
  • 10.セルフチェックイン機(211)
  • E.販促プロモーション
  • 1.電子棚札(219)
  • 2.ARフィッティング(224)
  • 3.VR店舗(229)
  • 4.タブレット端末付きカート(234)
  • F.AI活用による業務支援
  • 1.AI活用ソリューション(241)
  • 2.レベニューマネジメントシステム(247)
  • 3.AI利用節電システム(252)

III.注目リテール業種・業態別データ編

  • 1.食品スーパー(259)
  • 2.総合スーパー(GMS)(261)
  • 3.専門量販店(263)
  • 4.コンビニエンスストア(265)
  • 5.百貨店(267)
  • 6.ディスカウントストア(269)
  • 7.均一ショップ(271)
  • 8.外食(273)
  • 9.宿泊(275)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ