2020年版 空調・熱源システム市場の構造実態と将来展望

2020年版 空調・熱源システム市場の構造実態と将来展望

価格 150,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2019年12月4日 体裁 A4版 200ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF版 150,000円+税、書籍版/PDF版セット 150,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・インフラを支える管材国内市場の現状と将来展望 2019
 ・先進テクノロジーが変える!! 農林水産ビジネスの最前線と将来展望 2019

調査概要

調査テーマ

『2020年版 空調・熱源システム市場の構造実態と将来展望』

調査ポイント

[1]「需要分野別」に空調・熱源システム市場の技術トレンドや市場動向を分析
[2]空調・熱源システム市場のサービス分野への広がりを「ビジネス別」に分析
[3]「業態別」に空調・熱源関連事業への関わり方・提案特徴・事業特徴/戦略を整理

調査対象

 【I.総括編】
  1.空調・熱源システム市場の構造実態
  2.空調・熱源システム市場の全体俯瞰
  3.東京オリンピック・パラリンピック後の事業環境変化
  4.フロー型ビジネス&ストック型ビジネスの市場規模推移
  5.ビジネス別 市場規模推移
  6.需要分野別 市場規模推移
  7.空調方式・熱源方式の採用傾向と比較(セントラル/個別分散、電気/ガス)
  8.需要分野別 案件形態構成比と比較(新築/既築)
  9.需要分野別 受注形態構成比と比較(元請/下請)
  10.ビジネス別 主要ベンダー
  11.ビジネス別 案件特徴比較(需要分野・案件規模・案件形態・受注形態)
  12.業態別 空調・熱源事業規模比較
  13.業態別 主要ベンダー
  14.業態別 提案特徴比較
  15.業態別 ビジネス特徴比較
  16.業態別 案件特徴比較(需要分野・案件規模・案件形態・受注形態)
  17.業態別 事業戦略
  18.業態別 補助金活用状況
  19.各需要分野における業態別ベンダーシェア
  20.空調・熱源システム市場に関する政策・規制・補助事業
  21.技術トレンド・IoT/AI活用事例
  22.建築事業者がIoTプラットフォームを構築するメリット&IoT情報の利用方法
  23.建築事業者のIoTプラットフォームへの取り組み事例
  24.空調・熱源システムにおけるBuilding Information Modeling(BIM)の利用実態と今後の方向性
  25.建築業界における深刻化する人材不足と企業売上高の相関
  26.2018年度の市況整理と2019年度以降の展望
  27.施設フロー推移とストックの動向
  28.参考資料〔国土交通省「建築着工統計調査」〕
 
 【II.需要分野別 市場分析編】
  1.産業施設(工場・倉庫等)
  2.オフィスビル
  3.業務施設(病院・学校等)
  4.商業施設(店舗・宿泊施設等)
  5.コミュニティ(DHC)
  6.データセンター
  7.エレベータ
  8.コールドチェーン(貯蔵工程・冷凍加工工程・流通工程)
  9.農業分野(農業ハウス・植物工場)
  10.住宅分野(全館空調システム)
 
 【III.ビジネス別 市場分析編】
  1.空調 施工エンジニアリング
  2.空調 計装エンジニアリング
  3.空調 遠隔モニタリング
  4.空調 保守メンテナンス
  5.節電アグリゲーション(BEMS動向含む)
  6.オンサイトエネルギーサービス(ESCO含む)
  7.空調 リース
  8.XaaS(空調・熱源関連)
 
 【IV.業態別 市場分析編】
  1.空調系サブコン
  2.電気系サブコン
  3.通信系サブコン
  4.計装会社
  5.ゼネコン
  6.メンテナンス会社
  7.エレベータ保守会社
  8.警備会社
  9.ガス会社
  10.電力会社
  11.節電会社
  12.エネルギーサービス会社
  13.リース会社

市場範疇

数値は基本的に年度ベース(4月~3月)としているが、一部例外がある。また調査対象市場範疇は、日本市場を対象とする。

調査方法

弊社専門調査員による対象先(参入企業、関連企業など)に対する直接面接取材を基本に、一部電話ヒアリングを実施した。特に出典の記載のない場合は富士経済調べの数値である。

調査期間

2019年8月~2019年11月

調査担当

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部 第三部

目次

【I.総括編】(1)

  • 1.空調・熱源システム市場の構造実態(3)
  • 2.空調・熱源システム市場の全体俯瞰(5)
  • 3.東京オリンピック・パラリンピック後の事業環境変化(6)
  • 4.フロー型ビジネス&ストック型ビジネスの市場規模推移(6)
  • 5.ビジネス別 市場規模推移(7)
  • 6.需要分野別 市場規模推移(8)
  • 7.空調方式・熱源方式の採用傾向と比較(セントラル/個別分散、電気/ガス)(9)
  • 1)需要分野別 方式傾向(9)
  • 2)需要分野別 設備傾向(9)
  • 3)業態別 方式傾向(11)
  • 4)業態別 設備傾向(11)
  • 8.需要分野別 案件形態構成比と比較(新築/既築)(12)
  • 9.需要分野別 受注形態構成比と比較(元請/下請)(13)
  • 10.ビジネス別 主要ベンダー(14)
  • 11.ビジネス別 案件特徴比較(需要分野・案件規模・案件形態・受注形態)(15)
  • 1)需要分野別(15)
  • 2)案件規模別(16)
  • 3)案件形態別(17)
  • 4)受注形態別(18)
  • 12.業態別 空調・熱源事業規模比較(19)
  • 13.業態別 主要ベンダー(20)
  • 14.業態別 提案特徴比較(21)
  • 1)空調 施工エンジニアリング(21)
  • 2)空調 保守メンテナンス(22)
  • 15.業態別 ビジネス特徴比較(23)
  • 16.業態別 案件特徴比較(需要分野・案件規模・案件形態・受注形態)(24)
  • 1)需要分野別(24)
  • 2)案件規模別(25)
  • 3)案件形態別(26)
  • 4)受注形態別(27)
  • 17.業態別 事業戦略(28)
  • 1)業態別 事業方向性概略(28)
  • 2)各業態の近年のトピックスと事業戦略(29)
  • 18.業態別 補助金活用状況(32)
  • 19.各需要分野における業態別ベンダーシェア(33)
  • 1)産業施設(33)
  • 2)オフィスビル(35)
  • 3)業務施設(37)
  • 4)商業施設(39)
  • 20.空調・熱源システム市場に関する政策・規制・補助事業(41)
  • 1)環境規制(冷媒関連規制・省エネ関連規制)(41)
  • 2)関連補助事業一覧(42)
  • 3)業務用施設等におけるネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)化・省CO2促進事業(44)
  • 4)エネルギー使用合理化等事業者支援事業(45)
  • 21.技術トレンド・IoT/AI活用事例(46)
  • 22.建築事業者がIoTプラットフォームを構築するメリット&IoT情報の利用方法(49)
  • 23.建築事業者のIoTプラットフォームへの取り組み事例(50)
  • 24.空調・熱源システムにおけるBuilding Information Modeling(BIM)の利用実態と今後の方向性(51)
  • 1)システム構成例(51)
  • 2)業態別BIM採用動向(52)
  • 3)近年のBIM取り組み事例(53)
  • 25.建築業界における深刻化する人材不足と企業売上高の相関(54)
  • 26.2018年度の市況整理と2019年度以降の展望(55)
  • 27.施設フロー推移とストックの動向(56)
  • 28.参考資料〔国土交通省「建築着工統計調査」〕(57)

【II.需要分野別 市場分析編】(61)

  • 1.産業施設(工場・倉庫等)(63)
  • 2.オフィスビル(69)
  • 3.業務施設(病院・学校等)(75)
  • 4.商業施設(店舗・宿泊施設等)(81)
  • 5.コミュニティ(DHC)(86)
  • 6.データセンター(91)
  • 7.エレベータ(96)
  • 8.コールドチェーン(貯蔵工程・冷凍加工工程・流通工程)(100)
  • 9.農業分野(農業ハウス・植物工場)(106)
  • 10.住宅分野(全館空調システム)(112)

【III.ビジネス別 市場分析編】(119)

  • 1.空調 施工エンジニアリング(121)
  • 2.空調 計装エンジニアリング(124)
  • 3.空調 遠隔モニタリング(127)
  • 4.空調 保守メンテナンス(130)
  • 5.節電アグリゲーション(BEMS動向含む)(133)
  • 6.オンサイトエネルギーサービス(ESCO含む)(136)
  • 7.空調 リース(139)
  • 8.XaaS(空調・熱源関連)(142)

【IV.業態別 市場分析編】(145)

  • 1.空調系サブコン(147)
  • 2.電気系サブコン(154)
  • 3.通信系サブコン(158)
  • 4.計装会社(162)
  • 5.ゼネコン(166)
  • 6.メンテナンス会社(170)
  • 7.エレベータ保守会社(175)
  • 8.警備会社(179)
  • 9.ガス会社(183)
  • 10.電力会社(187)
  • 11.節電会社(189)
  • 12.エネルギーサービス会社(192)
  • 13.リース会社(197)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ