【デジタルプレス】アンチエイジング機能における薬事区分別・スキンケアトレンドデータ

【デジタルプレス】アンチエイジング機能における薬事区分別・スキンケアトレンドデータ

価格 300,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2019年12月25日 体裁 PDF版 82ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・機能性化粧品マーケティング要覧 2019-2020
 ・【デジタルプレス】プロテインブームにより拡大続くたんぱく補給食品の今後と新カテゴリーの可能性

調査概要

調査テーマ

『【デジタルプレス】アンチエイジング機能における薬事区分別・スキンケアトレンドデータ』

調査目的

アンチエイジング機能を有するスキンケア商品を、シワ改善医薬部外品化粧品、その他アンチエイジング機能を訴求する医薬部外品化粧品、乾燥による⼩じわを目⽴たなくする表⽰化粧品類、その他アンチエイジング訴求の化粧品に分類し、各領域のマーケット動向を調査すること

調査対象

 <調査対象企業>
 ポーラ、資生堂、コーセー、花王プレミアム化粧品、カネボウ、ドクターシーラボ、新日本製薬、再春館製薬所など
 <調査対象商品>
 モイスチャー、美容液、スポットケア、シートパック

調査時期

2019年11月~12月

調査手法

富士経済専門調査員による参入メーカーに対する直接面接取材、電話取材

目次

I.総括編(4)

  • 1.定義(5)
  • 2.主要商品とポジショニング(6)
  • 3.アンチエイジング機能化粧品市場規模推移(7)
  • 4.市場領域別市場規模推移(8)
  • 5.品目別市場規模推移
  • 1)トータル市場(10)
  • 2)領域別品目別構成比(11)
  • 6.チャネル別市場規模推移
  • 1)トータル市場(13)
  • 2)領域別品目別構成比(14)
  • 7.シワ改善有効成分市場の沿革(16)
  • 8.シワ改善有効成分のポジショニング(17)

II.薬効区分・訴求編(18)

  • A.医薬部外品:シワ改善有効成分市場(19)
  • B.医薬部外品:アンチエイジングその他有効成分市場(30)
  • C.化粧品:乾燥による小じわケア市場(45)
  • D.化粧品:アンチエイジング市場(60)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ