2020年 加飾・装飾フィルム関連市場の現状と将来展望

2020年 加飾・装飾フィルム関連市場の現状と将来展望

価格 150,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2020年2月12日 体裁 A4版 256ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF+データ版 160,000円+税、書籍版/PDF+データ版セット 180,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・炭素繊維複合材料(CFRP/CFRTP)関連技術・用途市場の展望 2020
 ・2020 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略

調査概要

調査テーマ

『2020年 加飾・装飾フィルム関連市場の現状と将来展望』
~最新のデザイントレンドと市場動向、メーカー戦略を徹底分析~

調査ポイント

[1] 自動車外装、車載パネル周りの最新加飾フィルムの動向を調査し、将来の見通しを明らかにする
[2] ペイントプロテクトフィルム、ラッピングフィルムなど新製品の動向を詳細に分析する
[3] 基材フィルム、加工フィルム、インキなどの関連材料市場、有力メーカーの最新事業戦略を明らかにする

調査対象

 A.加飾・装飾フィルム市場編
  1.IMR転写箔
  2.自動車用インサートフィルム(内装・外装)
  3.自動車用インサートフィルム(電装・パネル周り)
  4.自動車用カバーシート(加飾済み・平板)
  5.自動車外装用フィルム(手貼り)
  6.インサートフィルム(電気電子・その他用)
  7.OMDフィルム
  8.水圧転写フィルム
  9.金属調フィルム
  10.スマートフォン筐体用フィルム
  11.ウインドウフィルム(自動車用)
  12.ウインドウフィルム(建築用)
  13.化粧フィルム
  14.ペイントプロテクトフィルム(PPF)
  15.ラッピングフィルム
  16.ソフトフィールフィルム
  17.再帰反射シート
 
 B.関連材料市場編    ※加飾・装飾フィルム用を対象とする
  1.PETフィルム(加飾用)
  2.PETフィルム(ウインドウフィルム用)
  3.ABSフィルム
  4.PMMA フィルム
  5.PCフィルム(基材)
  6.PCフィルム(加工品)
  7.PC/PMMAフィルム(基材)
  8.PC/PMMA フィルム(加工品)
  9.PVAフィルム
  10.POフィルム
  11.TPUフィルム(PPF用)
  12.フッ素フィルム
  13.飛散防止フィルム用粘着フィルム
  14.加飾フィルム用スクリーンインキ
 
 C.メーカー事例編
  1.NISSHA(株)
  2.大日本印刷(株)
  3.LEONHARD KURZ Stiftung&Co.KG
  4.スリーエム ジャパン(株)(3M)
  5.森田印刷廠(Sentien Printing Factory)
  6.(株)ウェーブロック・アドバンスト・テクノロジー
  7.東レ(株)
  8.龍田化学(株)
  9.共和レザー(株)
  10.XPEL, Inc.
  11.MacDermid Enthone Industrial Solutions

調査項目

 A.加飾・装飾フィルム市場編
  1.製品概要
  2.主要参入企業一覧
  3.世界市場規模推移と予測(2018年実績~2025年予測)
  4.企業別販売動向(2018年実績、2019年見込)
  5.用途別販売動向(2018年実績、2019年見込)
  6.種類別販売動向(2018年実績、2019年見込)
  7.フィルム基材別販売動向(2018年実績、2019年見込)
  8.国・地域別生産・販売動向(2019年見込)
  9.価格動向(2020年Q1時点)
  10.技術動向(課題と対応、新規開発品など)
  11.競合・代替動向(製品面、技術面)
  12.流通構造
 
 B.関連材料市場編    ※加飾・装飾フィルム用を対象とする
  1.製品概要
  2.主要参入企業一覧
  3.世界市場規模推移と予測(2018年実績~2025年予測)
  4.企業別販売動向(2018年実績、2019年見込)
  5.用途別販売動向(2018年実績、2019年見込)
  6.種類別販売動向(2018年実績、2019年見込)
  7.工法別販売動向(2018年実績、2019年見込)
  8.厚み別販売動向(2018年実績、2019年見込)
  9.国・地域別生産・販売動向(2019年見込)
  10.価格動向(2020年Q1時点)
  11.技術動向(課題と対応、新規開発品など)
  12.競合・代替動向(製品面、技術面)
  13.流通構造
 
  ※個票によっては一部調査項目のないケースもある
 
 C.メーカー事例編
  1.企業概要
  2.事業動向・取扱い製品
  3.加飾フィルム事業売上高
  4.用途別販売数量及び構成比
  5.国・地域別販売数量及び構成比
  6.生産体制、加工対応・設備など
  7.材料調達動向
  8.主要販売先
  9.流通構造
  10.事業戦略・方向性

市場範疇

数値は年次ベース(1月~12月)とする。また調査対象市場範疇は、世界市場を対象とする。
なお、「再帰反射シート」については日本国内市場のみを対象とした。

調査方法

弊社専門調査員による対象先(参入企業、関連企業など)に対する直接面接取材を基本に、一部電話ヒアリングを実施した。特に出典の記載のない場合は富士経済調べの数値である。

調査期間

2019年11月~2020年2月

調査担当

株式会社富士経済 東京マーケティング本部 第五部

目次

総括編

  • 1.加飾・装飾フィルムの全体像(3)
  • 1) 加飾・装飾方法の分類(3)
  • 2) 加飾・装飾フィルム市場規模(4)
  • 3) 加飾・装飾フィルムメーカーの製品分類(5)
  • 4) 加飾フィルムの特性(7)
  • 2.用途別のデザイントレンドと加飾フィルムの動向(8)
  • 1) 自動車内装(8)
  • 2) 自動車外装(9)
  • 3) スマートフォン外観(10)
  • 3.加飾・装飾フィルムの全体市場動向(11)
  • 1) 加飾フィルムの品目別市場規模推移と予測(2018年実績~2025年予測)(11)
  • 2) 装飾フィルムの品目別市場規模推移と予測(2018年実績~2025年予測)(13)
  • 3) 単価の推移(15)
  • 4.基材・加工品フィルムの全体市場動向(16)
  • 1) 基材フィルムの品目別市場規模推移と予測(2018年実績~2025年予測)(16)
  • 2) 加工品フィルムの品目別市場規模推移と予測(2018年実績~2025年予測)(19)
  • 5.自動車用加飾フィルムの市場動向(20)
  • 1) 品目別市場規模推移と予測(2018年実績~2025年予測)(20)
  • 2) メーカー別品目別販売数量(2019年見込み)(22)
  • 6.課題・問題点まとめ(23)
  • 1) 加飾・装飾フィルム(23)
  • 2) 基材・加工品フィルム(26)
  • 7.新規開発動向まとめ(27)
  • 1) 加飾・装飾フィルム(27)
  • 2) 基材・加工品フィルム(29)

個票編

  • A.加飾・装飾フィルム市場編(31)
  • 1.IMR転写箔(33)
  • 2.自動車用インサートフィルム(内装・外装)(42)
  • 3.自動車用インサートフィルム(電装・パネル周り)(51)
  • 4.自動車用カバーシート(加飾済み・平板)(57)
  • 5.自動車外装用フィルム(手貼り)(63)
  • 6.インサートフィルム (電気電子・その他用)(66)
  • 7.OMDフィルム(72)
  • 8.水圧転写フィルム(82)
  • 9.金属調フィルム(86)
  • 10.スマートフォン筐体用フィルム(92)
  • 11.ウインドウフィルム(自動車用)(96)
  • 12.ウインドウフィルム(建築用)(103)
  • 13.化粧フィルム(111)
  • 14.ペイントプロテクトフィルム(PPF)(117)
  • 15.ラッピングフィルム(123)
  • 16.ソフトフィールフィルム(130)
  • 17.再帰反射シート(132)
  • B.関連材料市場編(137)
  • 1.PETフィルム(加飾フィルム用)(139)
  • 2.PETフィルム(ウインドウフィルム用)(145)
  • 3.ABSフィルム(149)
  • 4.PMMA フィルム(154)
  • 5.PCフィルム(基材)(159)
  • 6.PCフィルム(加工品)(162)
  • 7.PC/PMMAフィルム (基材)(166)
  • 8.PC/PMMA フィルム(加工品)(176)
  • 9.PVAフィルム(184)
  • 10.POフィルム(187)
  • 11.TPUフィルム(PPF用)(192)
  • 12.フッ素フィルム(197)
  • 13.飛散防止フィルム用粘着フィルム(198)
  • 14.加飾フィルム用スクリーンインキ(203)
  • C.メーカー事例編(209)
  • 1.NISSHA(株)(211)
  • 2.大日本印刷(株)(216)
  • 3.LEONHARD KURZ Stiftung&Co.KG(220)
  • 4.スリーエム ジャパン(株)(3M)(225)
  • 5.森田印刷廠(Sentien Printing Factory)(229)
  • 6.(株)ウェーブロック・アドバンスト・テクノロジー(233)
  • 7.東レ(株)(237)
  • 8.龍田化学(株)(241)
  • 9.共和レザー(株)(245)
  • 10.XPEL, Inc.(249)
  • 11.MacDermid Enthone Industrial Solutions(253)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ