2020 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.1 FAロボット市場編

2020 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.1 FAロボット市場編

価格 150,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2020年3月10日 体裁 A4版 265ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF+データ版 150,000円+税、書籍版/PDF版セット 170,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税、書籍版全巻セット 290,000円+税、(※全巻セットは「No.1」「No.2」からなります。)がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2020 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.2 業務・サービスロボット市場編
 ・2019 画像処理システムの現状と将来展望

調査概要

調査テーマ

『2020 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.1 FAロボット市場編』

調査ポイント

 [1]スマートファクトリー、人との協働によるFAロボット市場拡大が進展
 [2]米中貿易摩擦を背景とした世界的なロボットの需要変化を明確化
 [3]ロボットや周辺技術の進化による、ロボットの今後の方向性を考察

調査対象

 I. 市場分析編
  1.FAロボット市場全体俯瞰
  2.FAロボット市場の変化・方向性
  3.ロボット関連市場を取り巻く環境変化
  4.2019国際ロボット展からみるロボットのトレンド
  5.工場の自動化における課題とロボット化展望
  6.ヒト協調ロボットの普及動向・市場方向性
  7.ロボットトータルソリューションの展望
  8.トータルシステムソリューションビジネスの展望
  9.SIer育成によるロボット関連エコシステムの構築
  10.AI・IoT活用に向けた取り組み
  11.製造業向けロボット市場動向
  12.半導体・電子部品実装向けロボット市場動向
  13.ロボット向け注目構成部材市場動向
  14.IoT・AI・サービス市場動向
  15.ロボット×IT融合実態と方向性
  16.注目新製品動向
  17.新規参入プレーヤー動向
  18.アライアンス動向
  19.ロボット革命実現に向けた日本政府の施策と方向性
 
 II. 個別品目編
  A.製造業向けロボット(16品目)
   1.アーク溶接ロボット
   2.スポット溶接ロボット
   3.塗装ロボット
   4.単軸ロボット
   5.直交ロボット
   6.電動スライダ
   7.卓上型ロボット
   8.パレタイジングロボット
   9.取出しロボット
   10.スカラロボット
   11.小型垂直多関節ロボット(可搬重量20㎏以下)
   12.垂直多関節ロボット(可搬重量21㎏以上)
   13.パラレルリンクロボット
   14.ガラス基板搬送ロボット
   15.ウエハ搬送ロボット
   16.ヒト協調ロボット
 
  B.半導体・電子部品実装向けロボット(11品目)
   17.高速モジュラーマウンタ
   18.中速モジュラーマウンタ
   19.低速マウンタ
   20.多機能マウンタ
   21.ダイボンダ
   22.ワイヤボンダ
   23.フリップチップボンダ
   24.クリームはんだ印刷機
   25.クリームはんだ印刷外観検査装置
   26.インライン実装検査装置(リフロー前後)
   27.AXI
 
  C.ロボット向け注目構成部材(11品目)
   28.FAケーブル
   29.精密制御減速機
   30.ロボット用サーボモータ
   31.ロボット用オートツールチェンジャ
   32.ロボット用力覚センサ
   33.ロボットビジョンシステム
   34.AR/MR表示機器(スマートグラス)
   35.セーフティレーザースキャナ
   36.汎用ロボットハンド
   37.リニア搬送システム
   38.ロボット用ベアリング
 
  D.IoT・AI・サービス(5品目)
   39.ロボット制御ソリューション
   40.ヒト協調ロボットレンタルサービス
   41.予知保全システム・サービス
   42.製造業向けロボットアフターサービス
   43.モノづくり向けAIシステム

市場範疇

  • 数値は年次ベース(1月~12月)とする。
  • 「A.製造業向けロボット」「B.半導体・電子部品実装向けロボット」はグローバル市場を対象とする。
  • なお、「C.ロボット向け注目構成部材」「D.IoT・AI・サービス」は一部品目を除き、日系グローバル市場を対象とする。注:「29.精密制御減速機」「33.ロボットビジョンシステム」「43.モノづくり向けAIシステム」はグローバル市場を対象。
  • 日系グローバル市場とは、日系企業の国内販売実績、海外販売実績(輸出+Out to Out)および海外企業(日本法人)の国内販売実績をカウントし、海外企業の海外販売実績は含まない。
企業区分日本市場海外市場
日系企業○ 対象○ 対象
海外企業○ 対象×調査対象外

海外市場における地域区分については、以下の通り区分している。

米州北米、中南米、オセアニア
欧州EU各国、英国、スイス、ノルウェー、ロシア、アフリカなどを含む
アジア中国、韓国、台湾、その他アジア(中国、韓国、台湾を除く地域)

調査方法

弊社専門調査員による対象先(参入企業、関連企業など)に対する直接面接取材を基本に、一部電話ヒアリングを実施した。特に出典の記載のない場合は富士経済調べの数値である。

調査期間

2019年11月~2020年2月

調査担当

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部 第二部

目次

I.市場分析編(1)

  • 1.FAロボット市場全体俯瞰 (3)
  • 1)FAロボット市場展望(3)
  • 2)FAロボットの市場トレンド分析(4)
  • 3)カテゴリ別市場展望(5)
  • 2.FAロボット市場の変化・方向性(7)
  • 1)製造業向けロボット(7)
  • 2)半導体・電子部品実装向けロボット(8)
  • 3)ロボット向け注目構成部材(9)
  • 4)IoT・AI・サービス (10)
  • 3.ロボット関連市場を取り巻く環境変化(11)
  • 1)5G対応スマートフォンの普及(12)
  • 2)米中貿易摩擦の長期化による先行き不透明感、新型コロナウイルスの影響(12)
  • 4.2019国際ロボット展からみるロボットのトレンド(13)
  • 5.工場の自動化における課題とロボット化展望(14)
  • 6.ヒト協調ロボットの普及動向・市場方向性(15)
  • 1)普及動向・市場方向性(15)
  • 2)ロボットメーカーの動向 (16)
  • 7.ロボットトータルソリューションの展望(18)
  • 1)総合ロボットメーカー(18)
  • 2)小型ロボットメーカー(18)
  • 8.トータルシステムソリューションビジネスの展望 (19)
  • 9.SIer育成によるロボット関連エコシステムの構築 (20)
  • 10.AI・IoT活用に向けた取り組み(21)
  • 11.製造業向けロボット市場動向(23)
  • 1)カテゴリ別市場動向(23)
  • [1]全体市場規模推移・予測(2017年実績~2025年予測・金額ベース)(23)
  • [2]溶接・塗装系ロボット(24)
  •  a.市場規模推移・予測(2017年実績~2025年予測・金額ベース)(24)
  •  b.グローバル市場規模(2018年実績、2019年実績、2020年見込・金額ベース)(25)
  •  c.アジア市場規模(2018年実績、2019年実績、2020年見込・金額ベース)(26)
  •  d.グローバル市場規模予測(2019年実績、2022年予測、2025年予測・金額ベース)(27)
  •  e.主要メーカー別事業規模(2019年実績・金額ベース)(28)
  • [3]アクチュエータ系ロボット(29)
  •  a.市場規模推移・予測(2017年実績~2025年予測・金額ベース)(29)
  •  b.グローバル市場規模(2018年実績、2019年実績、2020年見込・金額ベース)(30)
  •  c.アジア市場規模(2018年実績、2019年実績、2020年見込・金額ベース)(31)
  •  d.グローバル市場規模予測(2019年実績、2022年予測、2025年予測・金額ベース)(32)
  •  e.主要メーカー別事業規模(2019年実績・金額ベース)(33)
  • [4]組立・搬送系ロボット(34)
  •  a.市場規模推移・予測(2017年実績~2025年予測・金額ベース)(34)
  •  b.グローバル市場規模(2018年実績、2019年実績、2020年見込・金額ベース)(35)
  •  c.アジア市場規模(2018年実績、2019年実績、2020年見込・金額ベース)(36)
  •  d.グローバル市場規模予測(2019年実績、2022年予測、2025年予測・金額ベース)(37)
  •  e.主要メーカー別事業規模(2019年実績・金額ベース)(38)
  • [5]クリーン搬送系ロボット(39)
  •  a.市場規模推移・予測(2017年実績~2025年予測・金額ベース)(39)
  •  b.グローバル市場規模(2018年実績、2019年実績、2020年見込・金額ベース)(40)
  •  c.アジア市場規模(2018年実績、2019年実績、2020年見込・金額ベース)(41)
  •  d.グローバル市場規模予測(2019年実績、2022年予測、2025年予測・金額ベース)(42)
  •  e.主要メーカー別事業規模(2019年実績・金額ベース)(43)
  • 2)地域別市場動向(日本、アジア、欧州、米州)(44)
  • [1]グローバル市場規模(2018年実績、2019年実績、2020年見込・金額ベース)(44)
  • [2]アジア市場規模(2018年実績、2019年実績、2020年見込・金額ベース)(45)
  • [3]グローバル市場規模予測(2019年実績、2022年予測、2025年予測・金額ベース)(46)
  • 3)アプリケーション別市場動向(数量ベース)(47)
  • [1]アプリケーション別市場規模推移(2019年実績、2020年見込・数量ベース)(47)
  • [2]アプリケーション分野別ロボット需要構成(2019年実績、2020年見込・数量ベース)(48)
  • 4)アジアロボットビジネスの変化・方向性(51)
  • [1]全体市場規模推移・予測(ロボット別、地域別)(51)
  •  a.カテゴリ別市場規模推移・予測(2017年実績~2025年予測・金額ベース)(51)
  •  b.地域別市場規模推移・予測(2017年実績~2025年予測・金額ベース)(52)
  • [2]地域別市場規模推移・予測(2017年実績~2025年予測・金額ベース)(52)
  •  a.中国(52)
  •  b.韓国(53)
  •  c.台湾(54)
  •  d.その他アジア(55)
  • 5)中国ロボット市場の動向(56)
  • [1]ローカルロボットメーカー動向(56)
  • [2]ローカル部材メーカー動向(57)
  • 6)市場の課題と見通し(58)
  • 12.半導体・電子部品実装向けロボット市場動向(59)
  • 1)カテゴリ別市場動向(59)
  • [1]全体市場規模推移・予測(2017年実績~2025年予測・金額ベース)(59)
  • [2]電子部品実装向けロボット(60)
  •  a.市場規模推移・予測(2017年実績~2025年予測・金額ベース)(60)
  •  b.グローバル市場規模(2018年実績、2019年実績、2020年見込・金額ベース)(61)
  •  c.アジア市場規模(2018年実績、2019年実績、2020年見込・金額ベース)(62)
  •  d.グローバル市場規模予測(2019年実績、2022年予測、2025年見込・金額ベース)(63)
  •  e.主要メーカー別事業規模(2019年実績・金額ベース)(64)
  • [3]半導体実装向けロボット(65)
  •  a.市場規模推移・予測(2017年実績~2025年予測・金額ベース)(65)
  •  b.グローバル市場規模(2018年実績、2019年実績、2020年見込・金額ベース)(66)
  •  c.アジア市場規模(2018年実績、2019年実績、2020年見込・金額ベース)(67)
  •  d.グローバル市場規模予測(2019年実績、2022年予測、2025年予測・金額ベース)(68)
  •  e.主要メーカー別事業規模(2019年実績・金額ベース)(69)
  • [4]基板実装関連検査装置(70)
  •  a.市場規模推移・予測(2017年実績~2025年予測・金額ベース)(70)
  •  b.グローバル市場規模(2018年実績、2019年実績、2020年見込・金額ベース)(71)
  •  c.アジア市場規模(2018年実績、2019年実績、2020年見込・金額ベース)(72)
  •  d.グローバル市場規模予測(2019年実績、2022年予測、2025年予測・金額ベース)(73)
  •  e.主要メーカー別事業規模(2019年実績・金額ベース)(74)
  • 2)市場の課題と見通し(75)
  • [1]電子部品実装向けロボット(75)
  • [2]半導体実装向けロボット(76)
  • [3]基板実装関連検査装置(77)
  • 13.ロボット向け注目構成部材市場動向(78)
  • 1)品目別市場動向(78)
  • [1]市場規模推移・予測(2017年実績~2025年予測・金額ベース)(78)
  • [2]主要メーカー別事業規模(2019年実績・金額ベース)(80)
  • 2)市場の課題と見通し(81)
  • 14.IoT・AI・サービス市場動向(82)
  • 1)品目別市場動向(82)
  • [1]市場規模推移・予測(2017年実績~2025年予測・金額ベース)(82)
  • [2]主要メーカー別事業規模(2019年実績・金額ベース)(83)
  • 2)市場の課題と見通し(84)
  • 15.ロボット×IT融合実態と方向性(85)
  • 16.注目新製品動向(87)
  • 17.新規参入プレーヤー動向(89)
  • 18.アライアンス動向(90)
  • 1)製造業向けロボット(90)
  • 2)半導体・電子部品実装向けロボット(92)
  • 3)ロボット向け注目構成部材(92)
  • 19.ロボット革命実現に向けた日本政府の施策と方向性(93)

II.個別品目編(95)

  • A.製造業向けロボット(97)
  • 1.アーク溶接ロボット(99)
  • 2.スポット溶接ロボット(103)
  • 3.塗装ロボット(107)
  • 4.単軸ロボット(111)
  • 5.直交ロボット(115)
  • 6.電動スライダ(119)
  • 7.卓上型ロボット(123)
  • 8.パレタイジングロボット(127)
  • 9.取出しロボット(131)
  • 10.スカラロボット(135)
  • 11.小型垂直多関節ロボット(可搬重量20kg以下)(139)
  • 12.垂直多関節ロボット(可搬重量21kg以上)(143)
  • 13.パラレルリンクロボット(147)
  • 14.ガラス基板搬送ロボット(151)
  • 15.ウエハ搬送ロボット(155)
  • 16.ヒト協調ロボット(159)
  • B.半導体・電子部品実装向けロボット(163)
  • 17.高速モジュラーマウンタ(165)
  • 18.中速モジュラーマウンタ(169)
  • 19.低速マウンタ(173)
  • 20.多機能マウンタ(177)
  • 21.ダイボンダ(181)
  • 22.ワイヤボンダ(185)
  • 23.フリップチップボンダ(189)
  • 24.クリームはんだ印刷機(193)
  • 25.クリームはんだ印刷外観検査装置(197)
  • 26.インライン実装検査装置(リフロー前後)(201)
  • 27.AXI (205)
  • C.ロボット向け注目構成部材(209)
  • 28.FAケーブル(211)
  • 29.精密制御減速機(216)
  • 30.ロボット用サーボモータ(221)
  • 31.ロボット用オートツールチェンジャ(224)
  • 32.ロボット用力覚センサ(227)
  • 33.ロボットビジョンシステム(230)
  • 34.AR/MR表示機器(スマートグラス)(233)
  • 35.セーフティレーザースキャナ(236)
  • 36.汎用ロボットハンド(239)
  • 37.リニア搬送システム(242)
  • 38.ロボット用ベアリング(245)
  • D.IoT・AI・サービス(249)
  • 39.ロボット制御ソリューション(251)
  • 40.ヒト協調ロボットレンタルサービス(254)
  • 41.予知保全システム・サービス(257)
  • 42.製造業向けロボットアフターサービス(260)
  • 43.モノづくり向けAIシステム(263)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ