【デジタルプレス】AI(人工知能)支援医療用画像診断の臨床展開ケーススタディ

【デジタルプレス】AI(人工知能)支援医療用画像診断の臨床展開ケーススタディ

価格 300,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2020年6月29日 体裁 A4版 38ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・2020年 医療ITのシームレス化・クラウド化と医療ビッグデータビジネスの将来展望 No.1
 ・【デジタルプレス】アンチエイジング機能における薬事区分別・スキンケアトレンドデータ

調査概要

調査テーマ

『【デジタルプレス】AI(人工知能)支援医療用画像診断の臨床展開ケーススタディ』

調査目的

  • まだ、日本の医療におけるAI支援による画像診断における実臨床は一部の施設に留まっており、保険対象となって普及・標準治療となるためには技術面/制度面/コスト面など多くの課題が残っている。
  • 今回の調査では、先行する内視鏡専門医、 放射線科、眼科(網膜専門医)、病理医においてAI支援画像診断をすでに実臨床/臨床研究/臨床試験に応用している医師5名の取材を行うことで、使用実態、現状の技術的な課題、また今後の標準化されていくための条件などの明確化を行うことを目的とする。

調査対象先

放射線科/消化器(内視鏡)専門医/網膜専門医/病理医おいて、AI支援画像診断を利用しての実臨床/臨床研究/研究/臨床試験を行っている医師(医師発ベンチャー企業含む):5例

調査期間

2020年4月~2020年6月

調査方法

富士経済専門調査員による直接面接取材、電話取材、Web会議システムによる取材を基本とする。

目次

I.総括編(1)

  • 1.AI支援による画像診断の現状と今後(2)
  • 2.総合分析(3)
  • 3.診療科別分析(5)
  • 4.AI支援医療画像診断プラットフォーム(11)
  • 5.AI支援医療画像診断市場(13)
  • 6.政府/行政の動向(16)

II.ケーススタディ編(21)

  • 1.大阪大学医学部付属病院(22)
  • 2.熊本大学病院(25)
  • 3.DeepEyeVision(28)
  • 4.昭和大学横浜市北部病院(32)
  • 5.徳島大学病院(35)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ