【デジタルプレス】ペット業界におけるロジスティック体制の現状と今後の方向性

【デジタルプレス】ペット業界におけるロジスティック体制の現状と今後の方向性

価格 330,000円(税抜 300,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2020年6月26日 体裁 PDF 15ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・2020年 ペット関連市場マーケティング総覧
 ・2020 ワールドワイドエレクトロニクス市場総調査

調査概要

調査テーマ

『ペット業界におけるロジスティック体制の現状と今後の方向性』
-物流費の.騰、トラックドライバー不.でメーカー・卸・通販事業者が改革を迫られるロジスティック体制-

調査の背景と目的

  • 2000年代前半のペットブームからはや20年が経過し、ペット業界は犬の飼育頭数の減少や小型犬主体の飼育によるフード消費量の減少などを背景に、ペット関連製品市場の成長が鈍化している。一方で物流費の高騰や、インターネットショッピングの増加を背景とした物流業界の人手不足などを要因に、収益性の低下や納品の遅延が生じており、メーカー、 卸問屋、小売業などペット関連市場を取り巻く企業において、ロジスティックの構造改革が急務となっている。
  • 本調査では、ペットフードを扱う主要メーカーの⼯場や、卸問屋・小売の全国各地の物流拠点を明確化するとともに、全国主要都市のペット関連製品の需要動向や各業態の課題 や効率化に向けた取り組み状況を把握を⾏い、今後の事業戦略において有用な情報を提供することを目的に調査を実施した。

調査対象

業態調査対象企業
1)ペットフードメーカーユニ・チャーム、ペットライン、いなばペットフード、日本ペットフード、デビフペット、マルカン、イースター、スマックなど
2)ペット卸問屋ジャペル、エコートレーディング、三井食品、ラブリー・ペット商事、グローカルペットケア、リョーショクペットケア、森光商店、オーシマ⼩野商事など
3)小売業(リアル店舗・EC事業者)【ホームセンター】カインズ、リクシル、コーナン商事
【スーパーマーケット】ライフ、ヤオコー、いなげや、東急ストア
【ドラッグストア】ツルハ、ウエルシア薬局、コスモス薬品
【ペットショップ】コジマなど
4)小売業(EC事業者)アマゾンジャパン、楽天、ヤフー、チャームなど

調査機関

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部

調査期間

2020年5月~6月

備考

 ※各エリアにおける犬の登録頭数、ペットフードの年間消費支出、人口動態は、下記データから引用
  厚生労働省 「都道府県別の犬の登録頭数と予防注射頭数等」(2018)
  総務省「平成31年住民基本台帳人口・世帯数、平成30年人口動態(都道府県別)」(2019)
  総務省「家計調査-品目別支出金額及び購入頻度(総世帯)」(2019)

目次

I.ペットフードを取り巻く業界の物流改⾰

  • 1.ペット関連企業のロジスティック業務の課題と効率化に向けた取り組み状況
  • 1)ペットフードメーカー(1)
  • 2)卸問屋(2)
  • 3)小売業(リアル店舗)(3)
  • 4)小売業(EC事業者)(4)
  • 2.企業事例各社のロジステック業務効率化に向けた取り組み(5)
  • 3.ペット関連企業のロジスティック業務における今後の方向性(9)

II.犬の登録頭数・ペットフードの年間消費支出一覧

  • 1.都道府県別犬の登録頭数⼀覧(10)
  • 2.主要都市別ペットフードの年間消費支出⼀覧(11)

III.ペットフードの生産・物流体制

  • 1.北海道エリア(北海道)(12)
  • 2.東北エリア(青森県,岩⼿県,宮城県,秋⽥県,⼭形県,福島県)(14)
  • 3.関東エリア(茨城県,栃⽊県,群馬県,埼⽟県,千葉県,東京都,神奈川県,山梨県,長野県)(16)
  • 4.北陸エリア(新潟県,富⼭県,⽯川県,福井県)(26)
  • 5.東海エリア(岐阜県,静岡県,愛知県,三重県)(28)
  • 6.近畿エリア(滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌⼭県)(32)
  • 7.中国エリア(鳥取県,島根県,岡⼭県,広島県,山口県)(37)
  • 8.四国エリア(徳島県,香川県,愛媛県,高知県)(39)
  • 9.九州エリア(福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,⿅児島県)(41)
  • 10.沖縄エリア(沖縄県)(44)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ