【デジタルプレス】Logistics Vision Systemの市場実態と将来予測 -Embedded VisionシリーズNo.1-

【デジタルプレス】Logistics Vision Systemの市場実態と将来予測 -Embedded VisionシリーズNo.1-

価格 330,000円(税抜 300,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2020年6月30日 体裁 PDF 47ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・2020 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.1 FAロボット市場編
 ・2020 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.2 業務・サービスロボット市場編

調査概要

調査テーマ

『Logistics Vision Systemの市場実態と将来予測-Embedded VisionシリーズNo.1-』

調査目的

物流業界におけるマシンビジョン活用マーケットの実態を把握
注目物流マシンビジョン製品の市場実態、メーカーシェアを明らかにする

調査対象製品・主要参入企業

調査対象製品主要参入企業
物流向け画像処理方式固定型コードリーダCognex、SICK、キーエンスなど
物流向け画像処理装置Cognex、SICK、キーエンスなど
スマートフォン活用型画像センサCognex
物流用ロボットビジョンCognex、キーエンス、ファナック、ISRA VISONなど
画像認識活用物流システムAutomagi、NTTデータなど
物流拠点向け4KカメラHangzhou Hikvision Digital Technology、Dahua Technology、Axis Communicationsなど
倉庫内ドローン用マシンビジョンカメラHangzhou Hikvision Digital Technology、Basler、Imaging Development Systemsなど

調査方法

弊社専任調査員による対象企業へのヒアリング及びアンケート調査にて情報収集した

調査期間

2020年5月~2020年6月

調査担当

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部

目次

I.総括編(1)

  • 1.Logistics Vision Systemの市場実態と将来予測(2)
  • 2.マシンビジョン、コードリーダのテクノロジー比較(3)
  • 3.物流機器における画像処理技術採用動向(4)
  • 4.Logistics Vision SystemにおけるAIの活用状況方向性(5)
  • 5.EC大手企業(Amazon.com、Alibabaなど)の投資計画(6)
  • 6.主要物流向け画像処理関連メーカーの取り組み動向(7)

II.個別品目編(8)

  • 1.物流向け画像処理方式固定型コードリーダ(9)
  • 2.物流向け画像処理装置(14)
  • 3.スマートフォン活用型画像センサ(19)
  • 4.物流用ロボットビジョン(24)
  • 5.画像認識活用物流システム(29)
  • 6.ビジョン活用型AGV(34)
  • 7.物流拠点向け4Kカメラ(39)
  • 8.倉庫内ドローン用マシンビジョンカメラ(44)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ