【デジタルプレス】アグリテック100事例分析による農作業工程別の最新技術トレンド 2020

【デジタルプレス】アグリテック100事例分析による農作業工程別の最新技術トレンド 2020

価格 330,000円(税抜 300,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2020年6月29日 体裁 PDF 73ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・先進テクノロジーが変える!! 農林水産ビジネスの最前線と将来展望 2019
 ・2020年版 空調・熱源システム市場の構造実態と将来展望

調査概要

調査テーマ

『アグリテック100事例分析による農作業工程別の最新技術トレンド 2020』

調査背景と目的

 現在の農業は、高齢化や担い手不足、次世代への技術伝承、天候不順や災害の影響、国際競争力強化、人口増加に伴う食糧危機といった対応すべき課題が山積している。
 そんな中、農業と様々なテクノロジーを組み合わせた先進的な技術・製品・ビジネスとして注目されている「アグリテック」は、様々なプレーヤーによって多様な展開がなされており、様々な課題解決や農業を取り巻く環境変化への対応につながるものとして注目されている。
 そこで本調査では、数ある「アグリテック」の中から、主要農作業工程におけるバイオ/ゲノム、センシング/モニタリング、データ管理/分析、制御/ロボティクスなどの注目コアテクノロジーに関連する注目「アグリテック」 100事例を抽出し、それぞれの技術概要や主要プレーヤー、対象農作物、活用目的、市場性などを整理した。
 そのうえで、それぞれの農作業工程別、コアテクノロジー別の「アグリテック」のトレンドを把握することにより、今後の開発や事業展開の検討、有望ターゲット分野の探索において、有益な基礎情報を提供することを目的に実施した。

調査機関

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部

調査期間

2020年6月

目次

I.アグリテックのトレンド分析編(1)

  • 1. アグリテックの最新トレンド(2)
  • 2. アグリテック100事例からみた農作業工程別のトレンド分析(3)
  • [1]育種(3)
  • [2]播種・育苗・定植(4)
  • [3]土づくり・施肥(5)
  • [4]防除・除草(6)
  • [5]水管理(7)
  • [6]栽培・育成(8)
  • [7]収穫・搬送(10)
  • [8]評価・選別(11)
  • [9]営農管理(12)

II.注目アグリテック事例編(100事例) (13)

  • 1. アイ・イート株式会社 / イチゴ収穫ロボット、搬送ロボット(14)
  • 2. Agsoil株式会社 / 土壌硬度に基づき作物の成長を評価・解析(14)
  • 3. 株式会社agbee / 「agbee」(15)
  • 4. アクプランタ株式会社 / 「Skeepon」シリーズ(15)
  • 5. 株式会社アクポニ / アクアポニックス(16)
  • 6. アグリショット株式会社 / 「アグリショット」(16)
  • 7. AGRIST株式会社 / 吊り下げ式収穫ロボット(17)
  • 8. 株式会社AGRI SMILE / 「AGRIs」(17)
  • 9. 株式会社アグリツリー / 営農型太陽光発電事業(18)
  • 10. 株式会社Agrihub / 「Agrihub」(18)
  • 11. AGREVO BIO株式会社 / 凍結解凍覚醒技術に基づく耐寒性植物の研究開発(19)
  • 12. 株式会社アグロデザイン・スタジオ / バイオサイエンス技術を基盤とした創農薬(19)
  • 13. 旭化成エレクトロニクス株式会社 / 微生物燃料電池システム(20)
  • 14. 株式会社AmaterZ / 「tukumo」(20)
  • 15. アルガエナジージャパン株式会社 / 微細藻類を使った農業用の高効率バイオスティミュラント製品「AgriAlgae」(21)
  • 16. 井関農機株式会社 / 「ロボットトラクタ TJV655R」(21)
  • 17. inaho株式会社 / 自動野菜収穫ロボット(22)
  • 18. 株式会社INGEN / 「農の相棒 Mr.カルテ」(22)
  • 19. 株式会社インターネットイニシアティブ / 「水管理パックS」(23)
  • 20. ウォーターセル株式会社 / 「アグリノート」(23)
  • 21. エア・ウォーター・バイオデザイン株式会社 / 「土壌分析装置 EW-THA1J」(24)
  • 22. SBテクノロジー株式会社 / 「agmiru」(24)
  • 23. エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社 / 「BOLF理論」の普及に向けた営農支援サービスの開発(25)
  • 24. 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ / 「水稲ナビゲーションシステム(仮称)」(25)
  • 25. 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ / 農作物の出荷予測モデル設計コンサルティングサービス(26)
  • 26. 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ / 営農支援プラットフォーム「あい作」(26)
  • 27. 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所 / ナシの病害予測システム(27)
  • 28. 株式会社エヌ・ティ・ティ・データCCS / 雑草・病害虫診断サービス(27)
  • 29. 株式会社エヌ・ティ・ティ・データCCS / 水稲生育診断システム(28)
  • 30. NTTテクノクロス株式会社 / 「Fermier Monitor」(28)
  • 31. 株式会社NTTドコモ / 営農支援プラットフォーム「畑アシスト」(29)
  • 32. 株式会社NTTドコモ / 栽培管理用AI除草ロボット(29)
  • 33. 株式会社笑農和 / 「paditch gate 02+」(30)
  • 34. 株式会社オプティム / 「ピンポイント農薬散布・施肥テクノロジー」(30)
  • 35. KAKAXI,Inc / 「KAKAXI」(31)
  • 36. 株式会社カクイチ / ナノバブル発生装置(31)
  • 37. 株式会社カネカ / 小麦の品種改良を短期間で可能にする新技術「インプランタゲノム編集技術」(32)
  • 38. キヤノンITソリューションズ株式会社 / 「LaiGHT」をもとにしたスマート農業ソリューション(32)
  • 39. 株式会社CuboRex / 手押し車電動化キット 「E-cat kit」(33)
  • 40. 株式会社クボタ / 「アグリロボトラクタ SL60A、MR1000A」(33)
  • 41. 株式会社クボタケミックス / 「WATARAS」(34)
  • 42. グランドグリーン株式会社 / 異科接木技術「iPAG」(34)
  • 43. グリーンリバーホールディングス株式会社 / 縦型水耕栽培プランター「バイグロウ」システム(35)
  • 44. 株式会社クレオテクノロジー / 「クレオファームソロ(仮称)」、「クレオファームマルチ(仮称)」(35)
  • 45. 国際航業株式会社 / 「天晴れ」(36)
  • 46. サナテックシード株式会社 / ゲノム編集を利用して品種改良された種子や作物の生産・販売(36)
  • 47. シンジェンタジャパン株式会社 / 水稲湛水直播向けソリューション「RISOCARE(リゾケア)」(37)
  • 48. シンフォニアテクノロジー株式会社 / 大葉収穫作業支援ロボット(37)
  • 49. 株式会社スカイマティクス / 葉色解析サービス「いろは」(38)
  • 50. 株式会社スマートロボティクス / ミニトマト収穫ロボット(38)
  • 51. 株式会社誠和 / 「プロファインダーIV」、「プロファインダーNext80」(39)
  • 52. 積水化学工業株式会社 / 「水まわりくん」(39)
  • 53. 株式会社セラク / 「みどりボックス」、「みどりモニタ」(40)
  • 54. 全国農業協同組合連合会 / 土壌分析用の試験紙とスマートフォンを組み合わせた簡易土壌分析ツール(40)
  • 55. 株式会社SenSprout / 「SenSprout Pro灌水制御システム」、「SenSprout Pro センサーシステム」(41)
  • 56. 株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 / 協生農法の実践(41)
  • 57. 一般社団法人SOFIX農業推進機構 / 土壌肥沃度指標「SOFIX(Soil Fertile Index)」の開発(42)
  • 58. ソフトバンク株式会社 / 「e-kakashi」(42)
  • 59. 株式会社竹中工務店 / 高機能組換え植物組織培養によるビタミンD3高効率生産技術の開発(43)
  • 60. テラスマイル株式会社 / 農業情報基盤「RightARM」(43)
  • 61. 株式会社デンソー / 「Profarm Monitor」、「Profarm Controller」(44)
  • 62. 株式会社デンソー / 自動収穫ロボット「FARO(ファーロ)」(44)
  • 63. 株式会社Doog / 運搬ロボット「サウザー」(45)
  • 64. 株式会社トプコン / レーザー式生育センサー「CropSpec」(45)
  • 65. 株式会社トプコン / クラウド版可変施肥設計ソフトウエア「nRate-Map Web」(46)
  • 66. トミタテクノロジー株式会社 / 「TopCrop Monitor」(46)
  • 67. トヨタ自動車株式会社 / 光センサーを活用したリアルタイム土壌センシング(47)
  • 68. トヨタ自動車株式会社 / 農業IT管理ツール「豊作計画」(47)
  • 69. 株式会社DONKEY / 多機能型農業ロボット「MY DONKEY」(48)
  • 70. ニシム電子工業株式会社 / 「MIHARAS」(48)
  • 71. 日本電信電話株式会社 / 「ツチニカエルでんち」(49)
  • 72. ネタフィムジャパン株式会社 / 「NetBaet」(49)
  • 73. 株式会社バイオパレット / DNAを切断しない新しいゲノム編集「切らないゲノム編集」(50)
  • 74. パナソニック株式会社 / トマト収穫ロボット(50)
  • 75. パナソニック株式会社 / 「栽培ナビ」、「栽培ナビ ドクター」(51)
  • 76. 株式会社バンダイナムコ研究所 / 深層学習を用いた牧草育種評価(51)
  • 77. 東日本電信電話株式会社 / AIを活用した洋ナシの外観品質検査(52)
  • 78. プランツラボラトリー株式会社 / 省エネ型屋内農場システム「PUTFARM」(52)
  • 79. 株式会社プランテックス / 植物栽培装置「Culture Machine」(53)
  • 80. PLANT DATA株式会社 / クロロフィル蛍光計測技術(53)
  • 81. PLANT DATA株式会社 / 光合成蒸散リアルタイム計測技術(54)
  • 82. 株式会社プラントフォーム / アクアポニックス(54)
  • 83. 株式会社プラントライフシステムズ / トマトの栽培支援システム「トマトのKIBUN」(55)
  • 84. 株式会社プリベンテック / 遺伝子組換えイネを用いたタンパク質の生産(55)
  • 85. ベジタリア株式会社 / 「Paddy Watch」、「Field Server」(56)
  • 86. ホクサン株式会社 / 植物工場を活用した動物用医薬品原料の生産(56)
  • 87. ボッシュ株式会社 / 「プランテクト」(57)
  • 88. マクタアメニティ株式会社 / 画像解析による「おいしさの見える化システム」(57)
  • 89. 株式会社ミライ菜園 / 「SCIBAI-サイバイ-」(58)
  • 90. 株式会社ムスカ / イエバエを活用したバイオマスリサイクル技術(58)
  • 91. 株式会社momo / 農業向けIoTキット「Agri Palette」(59)
  • 92. ヤマハ発動機株式会社 / 「Yamaha Motor Smart Agriculture Platform(YSAP)」(59)
  • 93. ヤンマーアグリ株式会社 / 「ロボットトラクター YT488A、YT498A、YT4104A、YT5113A」(60)
  • 94. ヤンマーエネルギーシステム株式会社 / もみ殻ガス化発電システム(60)
  • 95. 有機米デザイン株式会社 / 「(仮称)アイガモロボ」(61)
  • 96. 株式会社UniBio / 一過性遺伝子発現法による植物利用型タンパク質生産技術(61)
  • 97. ラピスセミコンダクタ株式会社 / 土壌センサユニット「MJ1011」(62)
  • 98. 株式会社ルートレック・ネットワークス / 「ゼロアグリ」(62)
  • 99. 株式会社レグミン / 自律式農作業ロボット(63)
  • 100. 和同産業株式会社 / ロボット草刈機「KRONOS」(63)

付録 アグリテック100事例一覧(64)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ