中食・惣菜市場のメニュー×チャネル徹底調査 2020

中食・惣菜市場のメニュー×チャネル徹底調査 2020

価格 150,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2020年8月25日 体裁 A4版 290ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF+データ版 160,000円+税、書籍版/PDF+データ版セット 180,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・体調・免疫サポート市場の最新動向調査 2020
 ・外食産業マーケティング便覧 2020 No.1

調査概要

調査テーマ

『中食・惣菜市場のメニュー×チャネル徹底調査 2020』

調査ポイント

 1)中食・惣菜市場をチャネル×メニューに細分化した詳細な市場動向を掲載
 2)2020年の新型コロナウイルスの影響による市場動向やオペレーションの変化などの動向を収載
 3)拡大する売り場面積に対応して強化が進むアウトパック化についてチャネル、メニュー別に事例研究

調査対象

 I.総括編
  1.中食市場規模推移
  2.カテゴリー別販売動向
  3.メニュー別販売動向
  4.チャネル別販売動向
  5.惣菜販売チャネルと外部環境との相関関係
  6.メニュー×チャネル別販売動向(2020年見込)
  7.メニュー別対前年比ランキング
  8.家計調査による内食・中食・外食の支出動向
  9.家計調査による中食・冷凍調理食品の支出動向
  10.新型コロナウイルスによる影響と対策
  11.中食市場におけるアウトパック・インパックの傾向
  12.中食市場におけるパッケージ開発の動向
  13.中食市場のトレンドとキーワード
  14.今後の方向性

 II.チャネル編
  1.最新トピックス
  2.市場規模推移
  3.占有状況
  4.カテゴリー別販売動向
  5.メニュー別販売動向
  6.カテゴリー別売れ筋動向
  7.顧客特性と時間帯動向
  8.カテゴリー別主要チェーンのアウトパック・インパック動向
  9.今後の方向性

 III.チェーン企業事例編
  1.企業概要
  2.惣菜部門販売額推移
  3.顧客特性と時間帯動向
  4.販売促進と催事活動の動向
  5.主要メニュー別オペレーション動向
  6.カテゴリー別アウトパック・インパック動向
  7.アウトパック・インパック化を進める品目と取り組み
  8.パッケージング開発と変化
  9.食品ロス削減への対応
  10.新型コロナウイルスによる影響と対策
  11.今後の方向性
  12.主要メニューリスト

 IV.主要メニュー市場編
  1.市場規模推移
  2.メニュー別販売動向
  3.チャネル別販売動向
  4.チャネル別主力メニューと価格例
  5.主要チェーンにおける販売促進手法

調査方法

調査及び算出方法について■弊社専門調査員による対象企業及び関連企業・団体などへのヒアリングサーベイによる情報収集を行った。
■販売量並びに販売金額は、ヒアリングサーベイをベースに有価証券報告書、団体ならびに各種統計等のオフィシャルデータを参考にしつつ、弊社専門調査員による推定値として算出した。
■各品目の数値は年次(1~12月)を基本とした。

調査期間

2020年6月~2020年8月

調査担当

株式会社富士経済 フードビジネスソリューション事業部 第一部

目次

調査結果サマリー(1)

I.総括編(5)

  • 1.中食市場規模推移(7)
  • 2.カテゴリー別販売動向(8)
  • 3.メニュー別販売動向(9)
  • 4.チャネル別販売動向(10)
  • 5.惣菜販売チャネルと外部環境との相関関係(11)
  • 6.メニュー×チャネル別販売動向(2020年見込)(13)
  • 7.メニュー別対前年比ランキング(16)
  • 8.家計調査による内食・中食・外食の支出動向(17)
  • 9.家計調査による中食・冷凍調理食品の支出動向(18)
  • 10.新型コロナウイルスによる影響と対策(19)
  • 11.中食市場におけるアウトパック・インパックの傾向(20)
  • 12.中食市場におけるパッケージ開発の動向(21)
  • 13.中食市場のトレンドとキーワード(22)
  • 14.今後の方向性(24)

II.チャネル市場編(25)

  • A.量販店(27)
  • a-1.イオンリテール(36)
  • a-2.イズミヤ(42)
  • a-3.いなげや(48)
  • a-4.オーケー(54)
  • a-5.関西スーパー(60)
  • a-6.阪急オアシス(66)
  • a-7.平和堂(72)
  • a-8.ヤオコー(78)
  • a-9.ライフコーポレーション(84)
  • B.CVS(90)
  • b-1.セブン-イレブン・ジャパン(98)
  • b-2.ファミリーマート(105)
  • b-3.ローソン(111)
  • C.弁当・惣菜店(117)
  • c-1.柿安本店(125)
  • c-2.ハークスレイ(131)
  • c-3.曲田商店(137)
  • c-4.ロック・フィールド(142)
  • D.テイクアウトずし(148)
  • E.おにぎり専門店(154)
  • F.(百貨店)(160)
  • f-1.髙島屋(166)
  • G.(駅ナカ・駅ビル)(171)
  • g-1.エキュート(176)
  • g-2.グランスタ(181)
  • H.ドラッグストア(186)
  • h-1.ウエルシアグループ(192)
  • h-2.ゲンキー(197)

III.メニュー市場編(203)

  • 1.弁当類(205)
  • 1-1.弁当(209)
  • 1-2.丼もの(212)
  • 2.米飯類(215)
  • 2-1.寿司(218)
  • 2-2.おにぎり(221)
  • 3.麺類(224)
  • 3-1.パスタ(227)
  • 3-2.うどん・そば(230)
  • 3-3.ラーメン、他(233)
  • 3-4.焼そば・焼うどん(236)
  • 4.フライ類(239)
  • 4-1.とんかつ・メンチかつ(243)
  • 4-2.鶏のから揚げ、他(246)
  • 4-3.フライドチキン(249)
  • 4-4.コロッケ(252)
  • 4-5.天ぷら(255)
  • 5.畜肉惣菜(258)
  • 5-1.焼鳥(261)
  • 6.中華惣菜(264)
  • 7.スナック類(267)
  • 7-1.たこ焼き・お好み焼き(270)
  • 7-2.ピザ(273)
  • 7-3.中華まんじゅう(276)
  • 7-4.おでん(279)
  • 8.コールドデリカ(282)
  • 8-1.サラダ(285)
  • 9.サンドイッチ・調理パン(288)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ