【デジタルプレス】自動運転シャトルの活用の可能性

【デジタルプレス】自動運転シャトルの活用の可能性

価格 300,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2020年7月31日 体裁 PDF 49ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・2020年版 HEV,EV関連市場徹底分析調査
 ・2020 自動運転・AIカー市場の将来展望

調査概要

調査テーマ

『【デジタルプレス】自動運転シャトルの活用の可能性』

調査目的

本データは、自動運転シャトル事業の優位性、社会課題、今後のビジネスの可能性を考察し、自動運転シャトルならではの機能やサービスを模索するものである。また参入事業者や今後参入する可能性のあるプレーヤーの事業取組み、提携状況などをまとめるほか、2035年までの市場予測をまとめ、モビリティのなかでの自動運転シャトルの立ち位置を明確にすることで、市場参入への検討材料となる基礎データの提供を目的としている。

調査対象

自動運転シャトル
車両定義
[1]小型バスタイプ(旅客用途、物流・配送用途)
※改造マイクロバス、既存乗用車を活用した無人配車タクシー、1~2名乗員の低速小型モビリティ、配送ロボット、AGV、空港におけるトーイングトラクター、無人建機、無人農機などは除く。
[2]自動運転(LEVEL4以上)
[3]低速車両(40㎞/h以下)
調査対象エリア日本国内
調査対象先車両メーカー:トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、スズキ、ほか
関連サプライヤ:デンソー、パナソニック、ボッシュ、コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパン、ほか
サービスプロバイダ:ディー・エヌ・エー、BOLDLY(旧SBドライブ)、ZMP、ほか
その他:地方公共団体、導入想定先事業者

調査期間

2020年6月~7月

調査担当

株式会社富士経済 名古屋支社

目次

1.自動運転シャトル概要(1)

2.市場創出の背景/自動運転シャトルのポジショニングと将来の自動運転社会に与える影響(2)

3.自動運転シャトル関連法規と公道走行緩和の方向性(4)

  • 1)自動運転シャトル関連法規(4)
  • 2)公道走行緩和の方向性(6)
  • 3)自動運転シャトルに関連する補助金制度(7)

4.国内における自動運転シャトルの市場予測(車両販売ベース)(8)

  • 1)全体(8)
  • 2)メーカーシェア(9)
  • 3)用途別構成(10)
  • 4)需要拡大の可能性のあるサービス業態とは(12)

5.参入プレーヤー各社の投入・開発状況・事業開発状況(13)

  • 1)トヨタ自動車(13)
  • 2)本田技研工業(16)
  • 3)日産自動車(18)
  • 4)スズキ(19)
  • 5)ディー・エヌ・エー(20)
  • 6)BOLDLY(22)

6.国内外サービスプロバイダ/車両メーカー/ユニットサプライヤ/主要ユーザー(法人)の関係図(24)

  • 1)サービスプロバイダ × 車両メーカー × ユニットサプライヤ × 主要ユーザー(バス会社等)の関係図、提携・出資状況(24)
  • 2)業態別参入領域の特色(32)

7.社会問題からみた用途展開の考察(33)

8.技術面、事業面の課題と対応策(48)

  • 1)自動運転技術全般(48)
  • 2)主要コア技術の課題と対応策(49)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ