2020 臨床検査市場 No.2

2020 臨床検査市場 No.2

価格 250,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2020年8月11日 体裁 A4版 205ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF+データ版 260,000円+税、書籍版/PDF+データ版セット 280,000円+税、ネットワークパッケージ版 500,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2020-2021 医療用医薬品データブック No.1
 ・2020 医薬品マーケティング戦略 No.2

調査概要

調査テーマ

『2020 臨床検査市場 No.2』
-生化学検査・血液検査市場/検査関連ITシステム市場-

調査ポイント

国内で実施されている生化学検査・血液検査について、検査分野別、検査項目別、測定法別、販社別に検査市場を明らかにし、併せて同検査で使用される測定装置市場を明確化した。このほか、検査関連のITシステム市場に関しても解明した。

調査対象

 I.生化学検査市場
 II.生化学検査試薬市場
 III.コントロール血清市場
 IV.生化学検査装置市場
  1.自動化学分析装置
  2.簡易分析装置
  3.電解質分析装置
  4.血糖分析装置
  5.HPLC装置(HbA1c測定)
  6.血液ガス分析装置
 V.血液検査市場
 VI.血液凝固・線溶検査試薬市場
 VII.コントロール血球・血漿市場
 VIII.血液検査装置市場
  1.血液凝固装置
  2.PT-INR装置
  3.血球計数装置
 IX.検査関連ITシステム市場
  1.検体検査支援システム
  2.病理・細胞診検査業務支援システム
  3.輸血検査支援システム
  4.細菌検査支援システム
  5.感染制御支援システム
  6.検査室在庫管理システム
  7.検体検査搬送システム
  8.健診支援システム
  9.ISO 15189運用支援システム

市場範疇

  • 国内で販売されている体外診断用医薬品の中で、生化学検査・血液検査分野の検査項目及び装置を対象としている。
  • 国内で販売されている検査関連のITシステム市場を対象としている。
 

※企業名の略称について
本書では、紙面スペースの関係上、一部の企業に関して略称で記している。略称企業は以下の通りある。

正式社名略称
アボット ダイアグノスティクス メディカルアボットDM
オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックスオーソCD
シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクスシーメンスHCD
バイオ・ラッド ラボラトリーズバイオ・ラッド
ロシュ・ダイアグノスティックスロシュD
日立化成ダイアグノスティックス・システムズ日立化成DS

調査方法・定義

弊社専門調査員により対象企業及び関連企業・団体へのヒアリングを主体に情報収集を行った。
本書中の検査数、販売額、台数の実績は全て販社出荷ベースであり、富士経済推定値である。
各年の市場規模や販売額等は、年次(1~12月)を対象としている。
一部、過去の実績を遡って修正している。
構成比・シェアに関しては小数点以下第2位の四捨五入によって、合計値が100.0%とならない場合がある。
表中で、実績が皆無の場合は“-”、実績が僅少の場合は“僅少”と表示した。
製品の価格については税抜き価格で表記した。
血液検査の試薬・消耗品市場のコントロール血球は除外し、コントロール血球・血漿市場の稿に掲載した。
検査関連ITシステム市場では、数量ベースでは新規(リプレイスを含む)販売システム数と自社製品の更新に関わるシステムの合計を推計している。また、金額ベースでは新規(リプレイスを含む)販売システム平均導入費用(カスタム費用・オプション費用含む)と自社製品の更新費用、保守・メンテナンス費用の合計を推計している。

調査期間

2020年5月~2020年8月

調査担当

株式会社富士経済 ライフサイエンス事業部

目次

はじめに

調査概要

【総括】(1)

  • 全体市場総括(1)
  • 1)検査分野別試薬市場(1)
  • 2)検査分野別試薬市場予測(3)
  • 3)検査分野別装置市場(5)
  • 4)検査分野別装置市場予測(7)
  • 5)品目別検査関連ITシステム市場(9)
  • 6)品目別検査関連ITシステム市場予測(11)

第1章 生化学検査市場(13)

  • I.生化学検査総括(15)
  • 1.全体市場(15)
  • 2.検査領域別市場(16)
  • 3.市場動向(19)
  • 4.特定健診・特定保健指導(28)
  • 5.保険改定の変遷(29)
  • II.生化学試薬市場(35)
  • 1.市場定義(37)
  • 2.市場規模推移・市場概況(37)
  • 3.検査項目別市場推移(38)
  • 4.販社別販売実績(46)
  • 5.検査項目別販社別販売実績(47)
  • 6.新製品動向(56)
  • III.コントロール血清市場(57)
  • 1.市場定義(57)
  • 2.市場規模推移・市場概況(57)
  • 3.販社別販売実績(58)
  • 4.ユーザー別販社別販売金額実績(2019年)(59)
  • IV.生化学検査装置市場(61)
  • 1.自動化学分析装置(63)
  • 1)市場定義(63)
  • 2)市場規模推移・市場概況(63)
  • 3)タイプ別市場規模推移(64)
  • 4)販社別販売実績(65)
  • 5)ユーザー別販社別販売台数実績(2019年)(70)
  • 6)新製品動向(70)
  • 7)製品一覧(71)
  • 2.簡易分析装置(75)
  • 1)市場定義(75)
  • 2)市場規模推移・市場概況(75)
  • 3)品目別市場規模推移(76)
  • 4)販社別販売実績(77)
  • 5)ユーザー別販社別販売台数実績(2019年)(79)
  • 6)試薬販売実績(80)
  • 7)新製品動向(87)
  • 8)製品一覧(88)
  • 3.電解質分析装置(89)
  • 1)市場定義(89)
  • 2)市場規模推移・市場概況(89)
  • 3)品目別市場規模推移(90)
  • 4)販社別販売実績(91)
  • 5)ユーザー別販社別販売台数実績(2019年)(93)
  • 6)試薬販売実績(93)
  • 7)新製品動向(94)
  • 8)製品一覧(95)
  • 4.血糖分析装置(96)
  • 1)市場定義(96)
  • 2)市場規模推移・市場概況(96)
  • 3)品目別市場規模推移(97)
  • 4)販社別販売実績(99)
  • 5)ユーザー別販社別販売台数実績(2019年)(102)
  • 6)試薬販売実績(103)
  • 7)新製品動向(103)
  • 8)製品一覧(104)
  • 5.HPLC装置(HbA1c測定)(105)
  • 1)市場定義(105)
  • 2)市場規模推移・市場概況(105)
  • 3)品目別市場規模推移(105)
  • 4)販社別販売実績(107)
  • 5)ユーザー別販社別販売台数実績(2019年)(108)
  • 6)試薬販売実績(108)
  • 7)新製品動向(108)
  • 8)製品一覧(109)
  • 6.血液ガス分析装置(110)
  • 1)市場定義(110)
  • 2)市場規模推移・市場概況(110)
  • 3)品目別市場規模推移(111)
  • 4)販社別販売実績(112)
  • 5)ユーザー別販社別販売台数実績(2019年)(114)
  • 6)試薬販売実績(114)
  • 7)新製品動向(115)
  • 8)製品一覧(115)

第2章 血液検査市場(117)

  • V.血液検査総括(119)
  • 1.全体市場(119)
  • 2.検査領域別市場(120)
  • 3.保険改定の変遷(121)
  • VI.血液凝固・線溶試薬市場(123)
  • 1.市場定義(125)
  • 2.市場規模推移・市場概況(125)
  • 3.検査項目別市場推移(126)
  • 4.販社別販売実績(134)
  • 5.検査項目別販社別販売実績(135)
  • 6.新製品動向(140)
  • VII.コントロール血球・血漿市場(141)
  • 1.市場定義(141)
  • 2.市場規模推移・市場概況(141)
  • 3.販社別販売実績(142)
  • 4.ユーザー別販社別販売金額実績(2019年)(143)
  • VIII.血液検査装置市場(145)
  • 1.血液凝固装置(145)
  • 1)市場定義(147)
  • 2)市場規模推移・市場概況(147)
  • 3)タイプ別市場規模推移(148)
  • 4)販社別販売実績(149)
  • 5)ユーザー別販社別販売台数実績(2019年)(151)
  • 6)新製品動向(151)
  • 7)製品一覧(152)
  • 2.PT-INR装置(154)
  • 1)市場定義(154)
  • 2)市場規模推移・市場概況(154)
  • 3)品目別市場規模推移(154)
  • 4)販社別販売実績(156)
  • 5)ユーザー別販社別販売台数実績(2019年)(156)
  • 6)試薬販売実績(158)
  • 7)新製品動向(158)
  • 8)製品一覧(158)
  • 3.血球計数装置(159)
  • 1)市場規模(159)
  • 2)市場規模推移・市場概況(159)
  • 3)品目別市場規模推移(160)
  • 4)販社別販売実績(161)
  • 5)ユーザー別販社別販売台数実績(2019年)(164)
  • 6)試薬販売実績(165)
  • 7)新製品動向(167)
  • 8)製品一覧(168)

第3章 検査関連ITシステム市場(169)

  • Ⅸ.検査関連ITシステム市場総括(171)
  • 1)市場定義・概要(171)
  • 2)検査関連ITシステムを軸とした相関図(172)
  • 3)全体市場(173)
  • 1.検体検査支援システム(175)
  • 2.病理・細胞診検査業務支援システム(181)
  • 3.輸血検査支援システム(185)
  • 4.細菌検査支援システム(189)
  • 5.感染制御支援システム(192)
  • 6.検査室在庫管理システム(195)
  • 7.検体検査搬送システム(197)
  • 8.健診支援システム(200)
  • 9.ISO 15189運用支援システム(204)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ