トイレタリーグッヅマーケティング要覧 2020 No.1

トイレタリーグッヅマーケティング要覧 2020 No.1

価格 150,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2020年9月9日 体裁 A4版 313ページ
備考 こちらの調査資料には書籍版/PDF+データ版セット 180,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・化粧品業態別販売動向とインバウンド実態調査 2020
 ・【デジタルプレス】パーソナライズ化粧品の現状と将来展望

調査概要

調査テーマ

『トイレタリーグッヅマーケティング要覧 2020 No.1』

調査ポイント

・トイレタリー市場における主要品目のマーケットスケール、メーカーシェア、新商品動向など分析し、新たなマーケティング施策に必要な基礎データの提示を目的とする。

調査内容

 I.カテゴリーの市場動向
 II.品目別市場動向
  1.市場定義・沿革
  2.マーケットスケール推移(10ヵ年)
  3.種類別マーケットスケール推移(10ヵ年)
  4.マーケットシェア(2018~2020年見込)
  5.チャネル別販売金額推移(2018~2020年見込)
  6.注目コンセプト動向
  7.主要商品リスト
 III.消費者動向分析

調査対象品目

No.1  全38品目  ランドリー・ファブリックケア、ハウスホールド、クッキング、殺虫剤
No.2  全29品目  除菌・消毒ケア、パーソナルケア・コスメタリー、ベビーケア、フェミニンケア(予定)

調査方法

・弊社専門調査員による対象企業及び関連企業・団体などへの面接取材による情報収集を行った。
・販売金額などは、有価証券報告書などの提出のある企業はそれに準拠し、その他の企業については弊社専門調査員による推定値。また特に断りのない限り、発売元出荷金額として提示した。
・なお、マーケットスケールの算出は経済産業省「化粧品統計」及び財務省「貿易統計」をベースに、弊社専門調査員による主要化粧品企業220社の集計・分析を行うものとした。
・各カテゴリーの数値は年次(1~12月)ベースとした。
・構成比やシェアの算出に際しては、小数点第二位以下の四捨五入による計算上、合計値が100%とならない場合があるが、合計値は100%と表記している。

調査期間

2020年7月~2020年8月

調査担当

株式会社富士経済 コスメティックス・チャネルビジネスユニット

目次

はじめに

トイレタリーグッヅとは

調査概要

A.ランドリー・ファブリックケア(1)

  • I.ランドリー・ファブリックケアカテゴリーの市場動向(3)
  • II.品目別市場動向(9)
  • 1.合成洗剤(含洗濯助剤)(9)
  • 2.洗濯用石鹸(18)
  • 3.ファッション洗剤(含ドライマーク洗剤)(22)
  • 4.柔軟仕上剤(26)
  • 5.衣料用漂白剤(32)
  • 6.専用洗剤(35)
  • 7.衣料用防虫剤(38)
  • 8.衣料用消臭スプレー(44)

B.芳香・消臭剤(51)

  • I.芳香・消臭剤カテゴリーの市場動向(53)
  • II.品目別市場動向(56)
  • 1.室内用芳香・消臭剤(56)
  • 2.トイレ用芳香・消臭剤(64)
  • 3.自動車用芳香・消臭剤(70)

C.ハウスホールド(79)

  • I.ハウスホールドカテゴリーの市場動向(81)
  • II.品目別市場動向(87)
  • 1.トイレ洗浄剤(87)
  • 2.トイレットペーパー(95)
  • 3.ティシュペーパー(100)
  • 4.除湿剤(105)
  • 5.住居用クリーナー(109)
  • 6.クレンザー(118)
  • 7.パイプクリーナー(122)
  • 8.家庭用排水口洗浄剤(125)
  • 9.家庭用手袋(128)
  • 10.ディスポーザブルクリーナー(133)
  • 11.ディスポーザブルモップ(137)
  • 12.防カビ・カビ取り剤(141)
  • 13.洗濯槽クリーナー(144)

D.クッキング(147)

  • I.クッキングカテゴリーの市場動向(149)
  • II.品目別市場動向(155)
  • 1.台所用洗剤(155)
  • 2.食器洗い(乾燥)機専用洗剤(160)
  • 3.ペーパータオル・キッチンペーパー(164)
  • 4.ラッピングフィルム(169)
  • 5.食品保存用品(173)
  • 6.アルミホイル・クッキングシート(178)
  • 7.冷蔵庫用脱臭剤(183)
  • 8.台所用漂白剤(187)
  • 9.米びつ用防虫剤(190)

E.殺虫剤・忌避剤(193)

  • I.殺虫剤・忌避剤カテゴリーの市場動向(195)
  • II.品目別市場動向(200)
  • 1.ハエ・蚊用殺虫剤(200)
  • 2.ゴキブリ用殺虫剤(207)
  • 3.ダニ・不快害虫用殺虫剤(212)
  • 4.燻煙・燻蒸剤(218)
  • 5.忌避剤(222)

F.消費者動向分析(227)

  • I.調査設計(229)
  • II.総括編(234)
  • 1.新型コロナウイルスによる生活・意識の変化(234)
  • 2.新型コロナウイルスによる生活用品の使用頻度変化(241)
  • 3.新型コロナウイルスによる購買行動の変容(249)
  • 4.分野別に見た消費者動向(252)
  • 5.今後の使用意向(263)
  • III.集計編(265)
  • Q1.新型コロナウイルスの感染リスクが高いと感じる場所・行為(265)
  • Q2.新型コロナウイルスの感染予防(268)
  • Q3・4・5.新型コロナウイルスによる使用頻度の変化(271)
  • Q6.新型コロナウイルス対策としての生活用品購入(272)
  • Q7.生活用品購入時の意識の変化(273)
  • Q8.新型コロナウイルスによる生活習慣・行動回数の変容(274)
  • Q9.衛生機能を重視する生活用品(276)
  • Q10.衛生面で気になる場所(278)
  • Q11.購入チャネルの利用頻度変化(280)
  • Q12.大容量・詰め替え用のニーズ変化(282)
  • Q13.香りに対する好み(284)
  • Q15.衣料用洗剤の選択要因(286)
  • Q16.キッチンで気になる場所・もの(290)
  • Q17.台所用洗剤の選択要因(291)
  • Q18.トイレで気になる場所・もの(294)
  • Q19.芳香剤・消臭剤の選択要因(295)
  • Q27・28・29.今後の使用意向(297)
  • <アンケート調査票>(301)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ