農林水産ビジネスの最前線と将来展望 2020

農林水産ビジネスの最前線と将来展望 2020

価格 165,000円(税抜 150,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2020年10月13日 体裁 A4版 370ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF版 150,000円+税、書籍版/PDF版セット 170,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・【デジタルプレス】アグリテック100事例分析による農作業工程別の最新技術トレンド 2020
 ・2020年版 空調・熱源システム市場の構造実態と将来展望

調査概要

調査テーマ

『農林水産ビジネスの最前線と将来展望 2020』

調査ポイント

・農林水産業における生産の高度化につながる注目施設・プラント/機器・システム/サービス市場を徹底調査
・モニタリング・センシング、制御・自動化、データ管理・分析などを活用した農林水産業のスマート化の動向を把握
・DX やバイオテクノロジー、SDGsをキーワードとした次世代注目ビジネスの取り組み実態把握

調査対象

◆注目施設・プラント/機器・システム/サービス市場編

A.農業市場(13品目)
完全人工光型植物工場、養液栽培プラント、ガラス/フィルムハウス、栽培環境制御装置、灌水/給液管理装置、栽培用空調機器、植物育成用光源 、栽培環境モニタリングシステム、水田水管理システム、GNSSガイダンスシステム/自動操舵システム、農業用ロボット、農業用ドローン/ドローン活用サービス、生産管理システム

B.水産業市場(7品目)
陸上養殖システム、沖合養殖システム、水産用水温調節機器、水産用光源、漁業環境モニタリングシステム、自動給餌システム、水産用ドローン

C.畜産業市場(6品目)
閉鎖型畜舎システム、畜産用空調機器、畜産用光源、家畜モニタリングシステム、畜産用ロボット畜産用ドローン活用サービス

◆次世代注目ビジネス事例編(30事例)
 【調査項目】
  ●注目施設・プラント/機器・システム/サービス市場編
   1.製品概要・定義
   2.主要製品一覧
   3.市場規模推移
   4.メーカー/ベンダシェア
   5.キーテクノロジーと今後の技術開発のトレンド
   6.海外展開/海外市場動向
   7.販売価格動向(2019年)
   8.販売ルート動向(2019年)
   9.主要企業の他分野への展開動向
   10.今後の市場の方向性

  ●次世代注目ビジネス事例編 (事例により適宜変更)
   1.企業プロフィール
   2.事業化/開発に至った経緯
   3.各社のビジネス/技術の概要
   4.事業実績/ロードマップ
   5.他社/団体とのアライアンス動向
   6.現状の課題
   7.今後の市場の方向性

市場範疇

数値は年次ベース(1月~12月)とする。また国内市場を調査対象としている。
海外市場における地域区分については、以下の通り分類している。

地域区分対象国・地域
アジア中国、韓国、台湾、ASEAN各国、インドなど
欧州EU各国、英国、スイス、ノルウェー、ロシアなど
米州米国、カナダ、中南米各国
その他中東各国、オセアニア各国、アフリカ各国など

調査方法

弊社専門調査員による対象先(参入企業、関連企業など)に対する直接またはオンラインによる面接取材を基本に、一部電話ヒアリングを実施した。特に出所の記載のない場合は富士経済調べの数値である。

調査期間

2020年6月~2020年9月

調査担当

株式会社富士経済 エコソリューションビジネスユニット

目次

I.総括編

  • 1.農林水産ビジネス市場の全体俯瞰(3)
  • 2.各産業分野別/品目別の市場規模推移(5)
  • 1)全体市場(5)
  • 2)農業市場(6)
  • 3)水産業市場(9)
  • 4)畜産業市場(10)
  • 3.注目キーテクノロジーとその技術開発動向(11)
  • 1)品目毎のキーテクノロジーの採用/連携動向一覧(11)
  • 2)対象品目における他機器/システムとの連携状況(13)
  • 3)主要キーテクノロジー別にみた採用/連携トレンド(14)
  • 4.日系企業の海外展開動向と海外メーカー/海外市場動向(20)
  • 1)農林水産ビジネスにおける日系企業の海外展開動向まとめ(20)
  • 2)国/エリア別の日系企業における海外展開動向一覧(20)
  • 3)農林水産ビジネスにおける海外市場動向まとめ(24)
  • 4)海外メーカー/海外市場動向一覧(24)
  • 5)中国の農業市場動向(29)
  • 6)オランダの農業市場動向(31)
  • 7)ロシアの農業市場動向(33)
  • 8)インドの農業市場動向(35)
  • 9)シンガポールの農業市場動向(37)
  • 10)イスラエルの農業市場動向(39)
  • 11)UAEの農業市場動向(42)
  • 12)米国の農業市場動向(45)
  • 5.各産業分野における注目市場動向(48)
  • 1)植物工場・施設園芸産野菜の市場概況(48)
  • (1)植物工場産レタス類の市場規模推移(48)
  • (2)完全人工光型植物工場産レタス類が国内レタス市場に占める割合の推移(49)
  • (3)販売ルート構成比(50)
  • (4)有力栽培・販売事業者の取り組み(51)
  • (5)民間企業による栽培ビジネスのトレンド分析(52)
  • (6)植物工場一覧(55)
  • [1]完全人工光型植物工場(55)
  • [2]太陽光併用型植物工場(67)
  • [3]太陽光利用型植物工場(69)
  • 2)養殖業の市場概況(80)
  • (1)養殖業市場規模推移(80)
  • (2)海面養殖業の魚種別市場規模推移(81)
  • (3)販売ルート(82)
  • (4)養殖ビジネスのトレンド(83)
  • (5)主要養殖施設一覧(83)
  • [1]閉鎖循環式陸上養殖施設(83)
  • [2]かけ流し式陸上養殖施設(85)
  • [3]海上養殖施設(86)
  • 3)畜産業の市場概況(88)
  • 4)林業の市場概況(89)
  • 6.農林水産業における次世代注目ビジネスの動向(90)
  • 1)次世代注目ビジネス一覧(90)
  • (1)DX(90)
  • (2)バイオテクノロジー(92)
  • (3)SDGs(92)
  • 2)農林水産におけるDXの最新トレンド(94)
  • 3)農林水産におけるその他の最新トレンド(96)
  • 4)注目ビジネスマーケットトレンド(97)
  • 7.農林水産ビジネスの今後の方向性(100)
  • 8.関連法規制・補助金の動向(101)
  • 1)法規制の動向(101)
  • 2)補助金の動向(102)
  • (1)農林水産業全般関連(102)
  • (2)農業関連(105)
  • (3)水産業関連(109)
  • (4)畜産業関連(110)
  • (5)林業関連(112)
  • 9.農業/水産業/畜産業/林業関連統計データ(114)

II.注目施設・プラント/機器・システム/サービス市場編

  • A.農業市場(13品目)
  • A-1.完全人工光型植物工場(125)
  • A-2.養液栽培プラント(137)
  • A-3.ガラス/フィルムハウス(151)
  • A-4.栽培環境制御装置(161)
  • A-5.灌水/給液管理装置(170)
  • A-6.栽培用空調機器(177)
  • A-7.植物育成用光源(185)
  • A-8.栽培環境モニタリングシステム(192)
  • A-9.水田水管理システム(202)
  • A-10.GNSSガイダンスシステム/自動操舵システム(209)
  • A-11.農業用ロボット(218)
  • A-12.農業用ドローン/ドローン活用サービス(225)
  • A-13.生産管理システム(232)
  • B.水産業市場(7品目)
  • B-1.陸上養殖システム(241)
  • B-2.沖合養殖システム(247)
  • B-3.水産用水温調節機器(252)
  • B-4.水産用光源(256)
  • B-5.漁業環境モニタリングシステム(261)
  • B-6.自動給餌システム(266)
  • B-7.水産用ドローン(271)
  • C.畜産業市場(6品目)
  • C-1.閉鎖型畜舎システム(279)
  • C-2.畜産用空調機器(286)
  • C-3.畜産用光源(292)
  • C-4.家畜モニタリングシステム(297)
  • C-5.畜産用ロボット(305)
  • C-6.畜産用ドローン活用サービス(312)

III.次世代注目ビジネス事例編(30事例)

  • 1.株式会社オプティム(319)
  • 2.株式会社NTTアグリテクノロジー(321)
  • 3.SBテクノロジー株式会社、リデン株式会社(324)
  • 4.株式会社スカイマティクス(325)
  • 5.富士通株式会社(326)
  • 6.株式会社オーシャンアイズ(329)
  • 7.ソフトバンク株式会社、北海道大学(330)
  • 8.日東製網株式会社(331)
  • 9.株式会社ユー・エス・イー(332)
  • 10.株式会社電通(333)
  • 11.株式会社Eco-Pork(334)
  • 12.株式会社コーンテック(336)
  • 13.ユニアデックス株式会社(337)
  • 14.株式会社システムフォレスト(338)
  • 15.株式会社huntech(339)
  • 16.インテグリカルチャー株式会社(340)
  • 17.株式会社BugMo(343)
  • 18.DAIZ株式会社(346)
  • 19.サナテックシード株式会社(347)
  • 20.リージョナルフィッシュ株式会社(348)
  • 21.株式会社ユーグレナ(350)
  • 22.日本製紙株式会社(351)
  • 23.株式会社四国総合研究所(352)
  • 24.株式会社トーヨー養父バイオエネルギー(355)
  • 25.ファームドゥグループ(358)
  • 26.株式会社プラントフォーム(361)
  • 27.メビオール株式会社(364)
  • 28.エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社、株式会社ジャパンバイオファーム(367)
  • 29.株式会社NTTフィールドテクノ、株式会社ウエルクリエイト(369)
  • 30.日本製鉄株式会社(370)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ