【デジタルプレス】特定無店舗流通チャネルにおける清涼飲料・嗜好品市場調査

【デジタルプレス】特定無店舗流通チャネルにおける清涼飲料・嗜好品市場調査

価格 330,000円(税抜 300,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2020年10月30日 体裁 PDF 84ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・2020年 清涼飲料マーケティング要覧
 ・2021年 食品マーケティング便覧 No.1

調査概要

調査テーマ

【デジタルプレス】特定無店舗流通チャネルにおける清涼飲料・嗜好品市場調査

■調査チャネル・定義

チャネル定義
生協宅配・消費生活協同組合法で定められた消費生活協同組合(生協)のうち、日生協(日本生活協同組合連合会)に加盟している購買生協で、一定地域の消費者を対象に組織されている地域生協を対象とする。
・宅配事業向けのメーカー製品販売価格ベースで市場を算出し、店舗事業分は含まない。
ネットスーパー・量販店(GMS・SM)が会員顧客からインターネットや電話などで注文を受け、実店舗もしくは商品センターから配達する宅配サービスを対象とし、同事業者に対するメーカーの製品販売価格ベースで市場を算出する。
・ただし、流通企業が別事業で展開するインターネット通販は対象外とする。
EC・PCやスマートフォンなどを媒体とするECチャネルのうちAmazonやLOHACO、Rakuten24などEC事業者の販売実績を対象とし、同事業者に対するメーカーの製品販売価格ベースで市場を算出する。
・自社通販サイトおよび、Amazonのマーケットプレイスや仮想ショッピングモール内のウェブショップ向けの販売実績は対象外とする。
・ASKULに代表されるB to Bを主体とする通販事業者も対象とするが、C to Cは対象外とする。

■対象カテゴリー・定義

カテゴリーサブカテゴリー定義
清涼飲料果実・野菜飲料・果実飲料は常温流通している100%果汁飲料、果汁入飲料、低果汁入清涼飲料、果粒含有果実飲料、果肉飲料を対象とする。チルド商品は対象外とするが、無菌包装充填容器により常温流通が可能なものは対象とする。
・野菜飲料はトマト飲料・野菜飲料・果実野菜混合飲料を対象とし、トマト飲料はトマトを主原料とする飲料、野菜飲料はトマト以外の野菜を主な原料とした飲料及び液体タイプの青汁(植物の葉や野菜などを搾汁した成分を主原料とする飲料)、果実野菜混合飲料は主に野菜と果物を原料とした飲料を対象とする。
炭酸飲料・コーラフレーバー飲料、透明炭酸飲料、果汁系炭酸飲料、乳類入炭酸飲料、ジンジャーエール、無糖炭酸飲料、その他炭酸飲料(トニックウォーター、シャンメリー等)を対象とする。
・ミネラルウォーターブランドの派生商品として発売されている炭酸飲料は対象外とする。
・酒類メーカーのノンアルコール飲料のほか、BIB、タンクなどディスペンサー対応のコンク商品は対象外とする。
コーヒー飲料・缶コーヒーとリキッドコーヒーを対象とし、缶コーヒーは缶容器及びボトル缶容器のコーヒー、コーヒー飲料を対象としている。また、コーヒーブランドで一部展開される乳飲料規格の缶入りコーヒーも含む。
・リキッドコーヒーはPETボトルおよび紙容器の商品を対象とするが、チルド商品は対象外とする。
・希釈タイプのコーヒー濃縮液は有糖、無糖問わず対象外とする。
茶系飲料・無糖茶飲料、紅茶飲料を対象とする。
・無糖茶飲料は日本茶、ウーロン茶、麦茶、ブレンドティー、その他ティードリンクを対象とする。
・紅茶飲料は紅茶飲料を対象とし、乳飲料規格の商品は対象外とする。また、いずれも希釈タイプの商品やポーションタイプの商品は対象外とする。
ミネラルウォーター類・ミネラルウォーター類の品質表示ガイドラインにより、ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーター、ボトルドウォーター、飲料水、一部のフレーバー・炭酸入り商品を対象とする。
・フレーバー入り商品は、天然水ブランドの派生商品を主に対象とする。
・炭酸入り商品は、主に天然炭酸水もしくは天然水ブランドの派生商品を対象とし、それに該当しない「ウィルキンソンタンサン」などは対象外とし、炭酸飲料に含む。
機能性飲料・食系ドリンク、健康サポート飲料、機能性清涼飲料、パウチゼリー飲料を対象とする。また、スポーツドリンク、エナジードリンクも含む。
・食系ドリンクは清涼飲料規格の栄養ドリンクの中で医薬部外品である薬系ドリンクと類似した風味を有し、滋養強壮機能を訴求している商品を対象とする。
・エナジードリンクはカフェインやアルギニン等の成分を複数含有しエネルギー補給を訴求した主に缶入りの炭酸飲料で、通常の小売価格(税込)が150円以上のものを対象とする。
・健康サポート飲料は機能性を訴求しているが小型容器などに入った止渇性の低い飲料を対象としている。
・機能性清涼飲料は機能性を訴求し且つ止渇性の高い清涼飲料ならびに粉末を対象とし、顆粒は対象外とする。
・スポーツドリンクは機能性清涼飲料のうち、水分や栄養補給を目的とし、スポーツシーンでの飲用を訴求した商品のみを対象とする。
・パウチゼリー飲料はビタミンなどの栄養成分の補給効果や、食事代替機能を訴求したスパウト付パウチ容器の商品を対象とする。
その他・乳性タイプ飲料、豆乳類、ビネガードリンク、バラエティドリンクを対象とする。
嗜好品レギュラーコーヒー・焙煎したコーヒー豆および、焙煎後に豆を挽いて粉砕した粉末商品を対象とする。
・粉砕したコーヒー豆(粉)をフィルターにセットした簡易抽出型コーヒー、コーヒーバッグも対象とする。
・レギュラーコーヒーの粉末を含有したインスタントコーヒーやネスレ日本のレギュラーソリュブルコーヒーはインスタントコーヒー市場の対象とする。
・一杯抽出マシン専用のカプセルやポッドは対象外とする。
インスタントコーヒー・お湯等に溶かして飲用するインスタントコーヒーを対象とし、ミルクや砂糖入りのプレミックスタイプも含む。
・また、ネスレ日本のレギュラーソリュブルコーヒーは当該市場に含む。
・希釈タイプの濃縮液やポーションタイプの商品は対象外とする。
・一杯抽出マシン専用のカプセルやポッドは対象外とする。
日本茶・紅茶・日本茶のリーフ、ティーバッグ、粉末および、紅茶のリーフ、ティーバッグを対象とする。なお、紅茶をベースとしたフレーバーティーは含むが、ハーブティーは対象外とする。
・希釈タイプの濃縮液やポーションタイプの商品は対象外とする。

目次

A.無店舗チャネル市場編

  • 1.対象チャネル別市場規模推移(2017年-2020年見込)(8)
  • 2.対象チャネルカテゴリー別販売構成比(9)
  • 3.生協宅配市場動向
  • (1) 市場規模推移(2017年-2020年見込)(10)
  • (2) 市場規模推移(2020年見込・四半期別動向)(11)
  • (3) カテゴリー別販売構成比(2017年-2020年見込)(12)
  • (4) 新型コロナウイルスの影響と今後の方向性(13)
  • 4.ネットスーパー市場動向
  • (1) 市場規模推移(2017年-2020年見込)(14)
  • (2) 市場規模推移(2020年見込・四半期別動向)(15)
  • (3) カテゴリー別販売構成比(2017年-2020年見込)(16)
  • (4) 新型コロナウイルスの影響と今後の方向性(17)
  • 5.EC市場動向
  • (1) 市場規模推移(2017年-2020年見込)(18)
  • (2) 市場規模推移(2020年見込・四半期別動向)(19)
  • (3) カテゴリー別販売構成比(2017年-2020年見込)(20)
  • (4) 新型コロナウイルスの影響と今後の方向性(21)

B.カテゴリー別市場編

  • 清涼飲料
  • 1.対象チャネル別市場規模推移(2017年-2020年見込)(24)
  • 2.対象チャネル別市場規模推移(2017年-2020年見込)(25)
  • 3.各対象チャネルにおける重点pointと販売topics(26)
  • 果実・野菜飲料(30)
  • 炭酸飲料(35)
  • コーヒー飲料(40)
  • 茶系飲料(45)
  • ミネラルウォーター類(50)
  • 機能性飲料(55)
  • その他飲料(60)
  • 嗜好品
  • 1.対象チャネル別市場規模推移(2017年-2020年見込)(65)
  • 2.対象チャネル別市場規模推移(2017年-2020年見込)(66)
  • 3.各対象チャネルにおける重点pointと販売topics(67)
  • レギュラーコーヒー(71)
  • インスタントコーヒー(76)
  • 日本茶・紅茶(81)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金 33,000円(税抜 30,000円)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ