【デジタルプレス】市販用高齢者向け食品の現状と将来展望

【デジタルプレス】市販用高齢者向け食品の現状と将来展望

価格 330,000円(税抜 300,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2020年10月30日 体裁 PDF 55ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・体調・免疫サポート市場の最新動向調査 2020
 ・2021年 食品マーケティング便覧 No.2

調査概要

調査テーマ

市販用高齢者向け食品の現状と将来展望~超高齢化を背景に拡大する介護用食品をメニュー×チャネル別に徹底分析~

調査目的

・高齢化の進行により2025年には約4人に1人が後期高齢者となる状況のなか、特別養護老人ホーム等の介護施設では人手不足が懸念されるほか、国では医療費の抑制を背景に病床の削減、地域医療を推進する方針がとられ、今後在宅での介護機会がさらに拡大することが予想される。
・弊社発刊「高齢者向け食品市場の将来展望2019」では、高齢者向け食品市場の約9割を占める施設向けをメインに分析しているため、本調査では在宅向けのみにフォーカス、実態の見づらい食品カテゴリーやチャネルで細分化し、市販用高齢者食の実態と将来性をアウトプットする。

調査対象

<調査対象企業>
キユーピー、アサヒグループ食品、明治、ハウス食品、クリニコ、イオンリテール、イトーヨーカ堂、ウエルシア薬局など

<調査対象商品>
市販用で介護食として嚥下や栄養補助を訴求する加工食品、嚥下障害のある高齢者の水分補給を主目的に電解質などを訴求した飲料商品、流動食を対象とする。主に腎臓病患者向けで展開される低たんぱく食や、栄養付加を目的とした調味料やパウダー、とろみ調整食品は対象外とする。またUDF山崎製パン「ダブルソフト」「ふんわり食パン」など、UDF商品であるが高齢者以外の一般消費者の購買が主であることが想定される商品については対象外とする。

調査時期

2020年9月~10月

調査手法

富士経済専門調査員による参入メーカーに対する直接面接取材、電話取材、webミーティング取材

目次

I. 総括編

  • 1.市場環境(5)
  • 2.総市場規模推移(9)
  • 3.カテゴリー別市場規模推移(10)
  • 4.メーカーシェア(11)
  • 5.チャネル別動向およびポテンシャル(12)
  • 6.認証別販売動向(19)
  • 7.咀嚼・嚥下段階別販売動向(20)
  • 8.容器別販売動向(21)
  • 9.将来予測(22)

II. 品目編

  • ・飲料(26)
  • ・おかず(31)
  • ・主食(36)
  • ・おやつ・デザート(41)

III. メーカー事例編

  • ・キユーピー(47)
  • ・ハウス食品(50)
  • ・クリニコ(53)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金 33,000円(税抜 30,000円)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ