【デジタルプレス】With/Afterコロナ時代の到来で注目される抗ウイルス素材の最新情勢

【デジタルプレス】With/Afterコロナ時代の到来で注目される抗ウイルス素材の最新情勢

価格 330,000円(税抜 300,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2020年9月11日 体裁 PDF 70ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・高機能分離膜/フィルター関連技術・市場の全貌と将来予測 2020
 ・2020年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

調査概要

調査テーマ

【デジタルプレス】『With/Afterコロナ時代の到来で注目される抗ウイルス素材の最新情勢』

調査の背景と目的

・新型コロナウイルスの世界的大流行を契機に、ウイルス感染症のパンデミック対策として抗ウイルス作用を持つ機能素材への注目度が高まっており、特に新型コロナのような感染後の治療法が確立されていない新興ウイルス感染症のパンデミック対策においては、日常の生活空間でのウイルス感染のリスク低減が最も重視され、抗ウイルス機能を有する素材やその加工製品にかつてないほどの期待が寄せられている。
・本調査は、非医薬品系抗ウイルス素材の現状の市場アウトラインと、With/Afterコロナ時代を見据えた今後の市場展望を予測することを目的に実施した。

調査対象品目

■抗ウイルス素材 4セグメント市場
 [1] 無機系金属化合物抗ウイルス素材
 [2] 光触媒
 [3] 有機系抗ウイルス素材
 [4] 抗ウイルス加工繊維

調査方法

・富士経済専門調査員による対象企業への直接ヒアリング、調査票留置法、オープン情報の収集、並びに社内データベースを活用

調査期間

2020年8月〜2020年9月

調査担当

株式会社富士経済 ライフサイエンス事業部

目次

I. 抗ウイルス素材市場総括編

  • 1. 抗ウイルス素材の種類と市場セグメント(2)
  • 2. 抗ウイルス素材の市場規模推移
  • [1]抗ウイルス素材市場(3)
  • [2]抗ウイルス素材応用・関連製品市場(4)
  • 3. 抗ウイルス素材の用途構成(5)
  • 4. 抗ウイルス性能の評価方法と認証制度の概要、試験受託機関一覧、認証取得動向と製品一覧
  • [1]抗ウイルス性試験の概要と認証基準(6)
  • [2]抗ウイルス性試験試験受託機関一覧(7)
  • [3]抗ウイルス加工SIAAマーク登録製品数推移(月別)(9)
  • [4]SIAA 抗ウイルスマーク認証取得製品一覧(10)
  • 5. 今後の市場展望(14)

II. 抗ウイルス素材素材別市場編

  • 1. 無機系金属化合物 抗ウイルス素材(15)
  • 2. 光触媒(23)
  • 3. 有機系 抗ウイルス素材(30)
  • 4. 抗ウイルス加工繊維(37)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ