【デジタルプレス】感染対策で注目の業務用高機能換気設備市場の実態と変化

【デジタルプレス】感染対策で注目の業務用高機能換気設備市場の実態と変化

価格 330,000円(税抜 300,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2020年10月23日 体裁 PDF 45ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・農林水産ビジネスの最前線と将来展望 2020
 ・【デジタルプレス】アグリテック100事例分析による農作業工程別の最新技術トレンド 2020

調査概要

企画の背景と目的

  • 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により換気量確保が求められている中で、換気と省エネは元来トレードオフの関係にあるものの、日本の高温湿度の夏を迎えるにあたり健康と省エネを両立する換気の在り方が注目されている。
  • これまで空気調和設備では、空気の温冷をコントロールするエアコンを効率的に稼働するために必要換気量を絞る=外気導入量を制御することで空調負荷を低減し、省エネルギー対応を図ってきた。または、新鮮空気の取入れを行う換気の際に、全熱交換器を採用し外気負荷を低減することで省エネルギーを提案している。
  • 前者の外気導入量を絞るという提案は、新型コロナウイルスと共存するwith コロナウイルス社会においては提案が困難であり、 またIAQ(Indoor Air Quality:室内空気質)にも関わりが大きいことからも、空調各社は空気の質に着目した提案の中で、高機能換気設備として全熱交換器の提案を拡大している。
  • 環境省では、「大規模感染リスクを低減するための高機能換気設備等の導入支援事業」として30億円の予算を計上し、高機能換気設備や空調設備等の導入費用に対する補助を行うなど、今後も新鮮空気の取入れや加湿なども加味した給排気に加え、省エネルギーも犠牲にしない提案として空調と換気の最適化がより一層求められる。

■本調査では、高機能換気設備市場の現状と今後の市場への影響およびIAQへの関心の高まりといったユーザーニーズの変化や換気の課題を明らかとすることを目的とした。

調査対象

1)調査対象品目

調査対象製品[1]業務用全熱交換器(天井埋込型、天井カセット型、他)[4]外気処理エアコン(天井埋込型、壁ビルトイン型)
[2]設備用全熱交換器(AHU組込型、ユニット型)[5]その他換気設備
[3]HP式AHU・外調機(セパレート型、室外機一体型)
調査対象用途事務所、店舗、宿泊施設、医療施設、福祉施設、文教施設、産業施設、その他

2)情報収集/ヒアリング対象企業

換気設備メーカー三菱電機、ダイキン工業、パナソニックエコシステムズ、日立グローバルライフソリューションズ(日立ジョンソンコントロールズ空調)、東芝キヤリア、木村工機、新晃工業、他
設計・施工会社等三菱地所設計、新菱冷熱工業、新日本空調、大気社、川崎重工業
ユーザー物販店舗(ショッピングモール、専門店、コンビニエンスストア)、飲食店舗(ファミリーレストラン、居酒屋、ファストフード)、宿泊施設(ホテルチェーン)、学習塾・予備校

調査方法

弊社専門調査員による対象先(参入企業、関連企業など)に対する直接面接取材を基本に、一部電話ヒアリングを実施した。
特に出典の記載のない場合は富士経済調べの数値である。

調査期間

2020年9月~10月

調査機関

株式会社富士経済 エネルギーシステム事業部

目次

I.調査結果総括(4)

  • 1. 業務用高機能換気設備市場の全体像(5)
  • 2. 業務用高機能換気設備市場の今後の展望(6)

II.換気市場の分析(10)

  • 1. 換気設備種別と市場定義(11)
  • 2. 換気設備市場規模(2018年~2025年、2030年)
  • 1)業務用全熱交換器(12)
  • 2)設備用全熱交換器(13)
  • 3)HP式AHU・外調機(14)
  • 4)外気処理エアコン(15)
  • 3. 市場拡大要因・成長阻害要因(16)
  • 4. 用途別シェア(2019年)
  • 1)業務用全熱交換器(17)
  • 2)設備用全熱交換器(18)
  • 3)HP式AHU・外調機(19)
  • 4)外気処理エアコン(20)
  • 5. 種類別シェア(2019年)
  • 1)業務用全熱交換器(21)
  • 2)設備用全熱交換器(21)
  • 3)HP式AHU・外調機(22)
  • 4)外気処理エアコン(22)
  • 6. 新設・更新別シェア(2019年)
  • 1)業務用全熱交換器(23)
  • 2)設備用全熱交換器(23)
  • 3)HP式AHU・外調機(24)
  • 4)外気処理エアコン(24)
  • 7. メーカーシェア(2019年)
  • 1)業務用全熱交換器(25)
  • 2)設備用全熱交換器(26)
  • 3)HP式AHU・外調機(27)
  • 4)外気処理エアコン(28)
  • 8. 換気設備に関する補助金動向
  • 1)中央省庁における補助金制度(29)
  • 2)地方自治体における補助金制度(30)

III.コロナ禍が換気市場に与える影響(31)

  • 1. 換気設備メーカーの新型コロナウイルスに対応した提案スタンス
  • 1)三菱電機(32)
  • 2)ダイキン工業(33)
  • 3)パナソニックエコシステムズ(34)
  • 4)木村工機(35)
  • 5)新晃工業(36)
  • 2. IAQおよび付加提案動向
  • 1)機能系(高性能フィルタ・除菌、空気清浄、調湿)(37)
  • 2)制御系(人感センサ/CO2センサ、気流、ナイトパージ)(38)
  • 3)運用系(集中監視、保守・メンテナンス)(38)
  • 3. 設計・施工会社等の提案事例(39)
  • 4. ユーザー換気対策取り組み事例
  • 1)物販店舗(ショッピングモール、専門店、コンビニエンスストア)(40)
  • 2)飲食店舗(ファミリーレストラン、居酒屋、ファストフード)(41)
  • 3)宿泊施設(ホテルチェーン)(42)
  • 4)学習塾・予備校(43)
  • 5. セントラル空調/個別空調別の換気設備提案のニーズ・課題(44)
  • 6. 建物規模別の換気設備提案のニーズ・課題(45)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ