【デジタルプレス】Withコロナで進展する製薬企業の次世代ディテーリングのDx最前線

【デジタルプレス】Withコロナで進展する製薬企業の次世代ディテーリングのDx最前線

価格 330,000円(税抜 300,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2020年11月30日 体裁 PDF 70ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・2020-2021 医療用医薬品データブック No.3
 ・2020 デジタルトランスフォーメーション市場の将来展望

調査概要

調査テーマ

【デジタルプレス】『Withコロナで進展する製薬企業の次世代ディテーリングのDx最前線』
ー専門システムから見えるプロモーションのDx化-

調査目的

COVID-19の影響を契機に、緊急対応で一般的なリモートディテールシステム(Zoom、Microsoft Teams等)の活用が一気に広がった。今後はWith/Afterコロナに専門リモートディテールへの切り替えが進み、「医薬品の情報提供における本質的な高質化・生産性向上」といった業務の質的変化が訪れることが予想される。

製薬企業はCOVID-19の影響をきっかけにバリューチェーン/サプライチェーンの最適化を迫られており、その仕組みの中で次世代ディテーリングによるDx化が求められている。そこで、現在の汎用/専門リモートディテールシステムから製薬企業がリモートディテールシステムに望む機能をシステム会社にヒアリングすることで、将来的なリモートディテールシステの姿を探り、製薬企業の営業のDx化の方向性を探ることを目的とした。

調査対象・方法

専門リモートディテールシステム/サービス展開企業に対するヒアリング調査・デスクリサーチ

調査期間

2020年10月~11月

調査担当

株式会社富士経済 ライフサイエンス事業部

目次

I.総括編

  • 1.今回の調査から見える2025年の製薬企業のDxの方向性(6)
  • 2.専門システムによるDx化が今後の医療業界に与える影響(12)
  • 3.専門システムから見た製薬企業区分ごとのDx戦略の違い・浸透状況(13)
  • 4.製薬企業の専門システムへのニーズから見える戦略変化(15)
  • 5.汎用web会議システムを含めた主要機能・追加予定一覧(16)
  • 6.コンプライアンス・セキュリティの対応状況一覧(20)

II.システム動向編

  • 1.Interactive-Pro(インタラクティブソリューションズ)(22)
  • 2.Sen Remote(イットアップ)(29)
  • 3.Veeva CRM Engage Meeting(Veeva Japan)(36)
  • 4.バーチャル医局前(Dr.JOY)(43)
  • 5.MedPeer Talk(メドピア)(50)
  • 6.my MR君(エムスリー)(57)
  • 7.リモートディテーリングサービス(シミック・アッシュフィールド)(64)

III.システム一覧(69)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ