オーラルケアマーケティング総覧 2021

オーラルケアマーケティング総覧 2021

価格 198,000円(税抜 180,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2020年12月17日 体裁 A4版 357ページ
備考 こちらの調査資料には書籍/PDF+データ版セット 231,000円(税抜 210,000円)、ネットワークパッケージ版 396,000円(税抜 360,000円)がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・トイレタリーグッヅマーケティング要覧 2020 No.2
 ・【デジタルプレス】スカルプケア・発毛剤の市場トレンド調査

調査概要

調査テーマ

オーラルケアマーケティング総覧2021

~新型コロナウイルスで変化する消費者ニーズとライフステージ別オーラルケアの方向性を探る~

調査ポイント

・オーラルケア訴求製品を機能別・ライフステージ別に調査・分析することにより現状と今後の展望を探る。

調査項目

<総括編>
 A.オーラルケア市場の総括
  1.オーラルケア市場の現状と将来展望
  2.オーラルケアのチャネル別分析
  3.主要オーラルケア関連製品メーカーの事業戦略
 B.オーラルケア個別品目の総括
  1.ライフステージ別のオーラルケア市場の現状と将来展望
  2.機能別のオーラルケア市場の現状と将来展望
  3.オーラルケア市場における機能別とライフステージ別の現状と将来展望
  4.オーラルケア市場の主要データ一覧
 C.消費者動向-総括分析
  1.オーラルケアに対する意識
  2.オーラルケアの機能に対するニーズ動向
  3.オーラルケア製品の使用状況
  4.新型コロナウイルスによる使用頻度変化と行動変容
  5.ライフステージ別のオーラルケアニーズ動向
  6.オーラルケア製品のパーソナルユース化の現状

<品目編>
 1.市場定義・概況
 2.マーケット動向
 3.マーケット市場占有率
 4.販売チャネル別動向
 5.種類別マーケット動向
 6.機能別マーケット動向
 7.ライフステージ別マーケット動向
 8.製品トレンドと製品開発動向
 9.新型コロナウイルスが市場に与えた影響
 10.今後の方向性
 11.主要製品リスト

<消費者調査編>
 A.オーラルケアに対する意識と購入行動
 B.新型コロナウイルスの影響
 C.ライフステージ別オーラルケアのニーズ動向

調査対象品目

A.口腔ケア用品
 1.歯磨
 2.洗口剤
 3.口中清涼剤
 4.義歯洗浄剤
 5.義歯安定剤
 6.口腔保湿剤
 7.ホワイトニング関連用品

B.口腔ケア用具・機器
 1.歯ブラシ
 2.電動歯ブラシ
 3.口腔洗浄器
 4.デンタルフロス
 5.歯間ブラシ
 6.舌クリーナー
 7.介護用口腔ウェットティッシュ
 8.介護用口腔スポンジブラシ

C.口腔ケア食品
 1.オーラルケアガム
 2.のど飴
 3.口中清涼菓子
 4.オーラルケアサプリメント

D.一般用医薬品・医薬部外品
 1.歯槽膿漏治療剤
 2.外用歯痛剤
 3.鎮咳去痰剤(経口服用タイプ)
 4.殺菌塗布剤
 5.鎮咳去痰剤(トローチ/のど飴タイプ/その他)
 6.うがい薬
 7.口内炎治療剤
 8.むし歯予防薬

調査方法

・弊社専門調査員による対象企業及び関連企業・団体などへの面接取材による情報収集を行った。
・構成比やシェアの算出に際しては、小数点第二位以下の四捨五入による計算上、合計値が100%とならない場合があるが、合計値は100%と表記している。

調査期間

2020年10月~2020年12月

調査担当

株式会社富士経済 東京オフィス コスメティックス・チャネルビジネスユニット

目次

はじめに

調査概要

I.総括編 (1)

  • A.オーラルケア市場の総括(3)
  • 1.オーラルケア市場の現状と将来展望(3)
  • 2.オーラルケアのチャネル別分析(7)
  • 3.主要オーラルケア関連製品メーカーの事業戦略(9)
  • B.オーラルケア個別品目の総括(14)
  • 1.ライフステージ別のオーラルケア市場の現状と将来展望(14)
  • 2.機能別のオーラルケア市場の現状と将来展望(20)
  • 3.オーラルケア市場における機能別とライフステージ別の現状と将来展望(27)
  • 4.オーラルケア市場の主要データ一覧(32)
  • C.消費者動向-総括分析(35)
  • 1.オーラルケアに対する意識(35)
  • 2.オーラルケアの機能に対するニーズ動向(38)
  • 3.オーラルケア製品の使用状況(41)
  • 4.新型コロナウイルスによる使用頻度変化と行動変容(46)
  • 5.ライフステージ別のオーラルケアニーズ動向(48)
  • 6.オーラルケア製品のパーソナルユース化の現状(50)

II.品目編 (51)

  • <A-口腔ケア用品>
  • 1.歯磨(53)
  • 2.洗口剤(67)
  • 3.口中清涼剤(81)
  • 4.義歯洗浄剤(88)
  • 5.義歯安定剤(97)
  • 6.口腔保湿剤(105)
  • 7.ホワイトニング関連用品(115)
  • <B-口腔ケア用具・機器>
  • 1.歯ブラシ(123)
  • 2.電動歯ブラシ(135)
  • 3.口腔洗浄器(143)
  • 4.デンタルフロス(148)
  • 5.歯間ブラシ(158)
  • 6.舌クリーナー(166)
  • 7.介護用口腔ウェットティッシュ(176)
  • 8.介護用口腔スポンジブラシ(185)
  • <C-口腔ケア食品>
  • 1.オーラルケアガム(193)
  • 2.のど飴(205)
  • 3.口中清涼菓子(215)
  • 4.オーラルケアサプリメント(226)
  • <D-一般用医薬品・医薬部外品>
  • 1.歯槽膿漏治療剤(233)
  • 2.外用歯痛剤(242)
  • 3.鎮咳去痰剤(経口服用タイプ)(248)
  • 4.殺菌塗布剤(259)
  • 5.鎮咳去痰剤(トローチ/のど飴タイプ/その他)(268)
  • 6.うがい薬(279)
  • 7.口内炎治療剤(288)
  • 8.むし歯予防薬(297)

III.消費者動向編 (305)

  • I.調査設計(307)
  • II.集計分析(312)
  • A.オーラルケアに対する意識と購入行動(312)
  • 1.オーラルケアの悩み・トラブル(312)
  • 2.オーラルケア製品への関心度(315)
  • 3.オーラルケア製品の購入意向(317)
  • 4.オーラルケア製品の使用状況(325)
  • 5.オーラルケア製品購入時の重視ポイント(328)
  • 6.歯科受診の目的と頻度(330)
  • 7.パーソナルユース化の状況(334)
  • 8.歯周病と疾病の関連性に関する認知度(335)
  • B.新型コロナウイルスの影響(336)
  • 1.新型コロナウイルスの影響によるオーラルケア製品の使用頻度変化(336)
  • 2.新型コロナウイルスを機に購入したオーラルケア製品(339)
  • 3.新型コロナウイルスによるオーラルケアに対する意識・行動の変化(341)
  • C.ライフステージ別オーラルケアのニーズ動向(343)
  • 1.子供のオーラルケア製品使用状況(343)
  • 2.子供におけるオーラルケアの重視点(345)
  • 3.妊娠中におけるオーラルケアの重視点(346)
  • 4.高齢者・要介護者におけるオーラルケアの重視点(347)

アンケート調査票 (349)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ