2020 画像処理システム市場の現状と将来展望

2020 画像処理システム市場の現状と将来展望

価格 165,000円(税抜 150,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2020年12月10日 体裁 A4版 343ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF版 165,000円(税抜 150,000円)、書籍/PDF版セット 198,000円(税抜 180,000円)、ネットワークパッケージ版 330,000円(税抜 300,000円)がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2020年 注目メカトロニクスパーツ市場実態総調査
 ・【デジタルプレス】近未来・建設現場(工程・品質・安全管理)におけるヒューマンセンシング・ソリューションの市場性分析

調査概要

調査テーマ

『2020 画像処理システム市場の現状と将来展望』

調査ポイント

[1] 2021年以降の市場展開を主要参入企業の実態と見解から明らかにした
[2] 物流、半導体といったCOVID-19耐性を持つ用途への展開状況を明確化した
[3] 技術進化と用途拡大による画像処理システム市場の将来を展望した

調査対象

 I.総括・集計編
  1.画像処理システム市場の現状と将来展望
  2.2020年の業界トピック
  3.カテゴリ別市場動向
  4.エリア別市場実態・展望
  5.画像処理システム市場最新トレンド動向
  6.注目技術動向
  7.注目アプリケーション市場の実態
  8.製品別市場展望
  9.テクロノジートレンドマップ
  10.主要メーカーの販売金額ランキング
  11.海外有力メーカー動向
  12.地域別有力プレーヤーの事業展開状況
  13.有力画像処理SIer動向
  14.領域・カテゴリ別代表製品価格動向
  15.画像処理システム関連業界団体
  16.画像処理システムが採用される主要FA機器市場動向

 II.注目品目編(39品目)

カテゴリ調査品目
A. 単体機器(17品目)画像処理装置(筐体型)、画像処理装置(ボード型)、画像センサ、3Dデジタイザ、ロボットビジョン(2D/3D)、スマートフォン活用型画像センサ、Embedded Visionシステム、FA用エリアスキャンカメラ、FA用ラインスキャンカメラ、赤外線カメラ(マイクロボロメータ)、マルチスペクトルカメラ、ハイパースペクトルカメラ、4K監視カメラ(工場監視用)、産業用ToFカメラ、画像処理用LED照明、画像処理用レンズ、産業用イメージセンサ
B. AI・ディープラーニング応用製品(3品目)ディープラーニング活用型画像処理ソフトウエア、アクセラレータボード(non GPU)、産業用AI機能搭載カメラ
C. 検査アプリケーション(14品目)FPD検査装置、ウェーハ外観検査装置、クリームはんだ印刷外観検査装置、インライン実装検査装置(リフロー前後)、AXI、自動車部品外観検査装置、自動車ボディ塗装検査装置、タイヤ外観検査装置、Web外観検査装置、印刷面外観検査装置、飲料容器外観検査装置、文字検査装置、錠剤・顆粒剤検査装置、食品用X線検査装置
D. 観察・測定関連機器(5品目)CNC画像測定器、デジタルマイクロスコープ、共焦点レーザー顕微鏡(工業用)、工業用X線検査装置、非接触三次元測定機

【共通調査項目】
  1.市場定義  
  2.市場規模推移(2017年~2019年実績、2020年見込、2021年~2023年予測)
  3.参入企業シェア(2019年実績、2020年見込)
  4.用途動向(世界市場 2019年実績)
  5.販売ルート動向(世界市場 2019年実績)
  6.新規参入/撤退、事業提携、買収/売却等に関する動向
  7.価格動向
  8.技術動向と方向性
  9.今後の市場見通し

調査方法

弊社専門調査員による対象先(参入企業、関連企業など)に対する直接またはオンラインによる面接取材を基本に、一部電話ヒアリングを実施した。特に出所の記載のない場合は富士経済調べの数値である。

調査期間

2020年9月~2020年11月

調査担当

株式会社富士経済 インダストリアルソリューション事業部

目次

I. 総括・集計編

  • 1. 画像処理システム市場の現状と将来展望(3)
  • 2. 2020 年の業界トピック(4)
  • 3. カテゴリ別市場動向(5)
  • 1)処理装置(5)
  • 2)カメラ(10)
  • 3)キーコンポーネンツ(15)
  • 4)AI・ディープラーニング応用製品(20)
  • 5)デバイス関連(25)
  • 6)基板実装関連(30)
  • 7)自動車関連(35)
  • 8)製紙・印刷関連(40)
  • 9)食品・薬品関連(45)
  • 10)観察・測定関連機器(50)
  • 4. エリア別市場実態・展望(55)
  • 1)日本(55)
  • 2)中国(56)
  • 3)その他アジア(57)
  • 4)欧州(58)
  • 5)米州(59)
  • 5. 画像処理システム市場最新トレンド動向(60)
  • 1)Embedded Vision の動向(60)
  • 2)技術進化により拡大が期待される市場(61)
  • 3)データ収集デバイスとしての採用動向と方向性(62)
  • 6. 注目技術動向(64)
  • 1)カメラ画素数構成比(64)
  • 2)カメラインターフェース構成比(67)
  • 3)カメラシャッタータイプ(70)
  • 4)3D 画像処理(72)
  • 5)ハイパー/マルチスペクトルイメージング技術(74)
  • 6)AI・ディープラーニング(76)
  • 7. 注目アプリケーション市場の実態(78)
  • 1)物流関連(78)
  • 2)半導体関連(79)
  • 3)自動車関連(80)
  • 4)食品・薬品・化粧品関連(81)
  • 5)電機・電子関連(82)
  • 8. 製品別市場展望(83)
  • 1)単体機器(83)
  • 2)AI・ディープラーニング応用製品(83)
  • 3)検査アプリケーション(84)
  • 4)観察・測定関連機器(84)
  • 9. テクノロジートレンドマップ(85)
  • 10.主要メーカーの販売金額ランキング(86)
  • 1)世界市場(2019 年実績)(86)
  • 2)日本市場(2019 年実績)(91)
  • 11.海外有力メーカー動向(95)
  • 1)Cognex(米国)(95)
  • 2)Teledyne DALSA(カナダ)(95)
  • 3)Carl Zeiss グループ(ドイツ)[Carl Zeiss、Carl Zeiss Optotechnik](96)
  • 4)Basler(ドイツ)(96)
  • 5)Koh Young Technology(韓国)(97)
  • 6)Test Research,Inc.(台湾)(97)
  • 7)ISRA VISION(ドイツ)(98)
  • 8)Hexagon Manufacturing Intelligence(英国)(98)
  • 9)KLA Corporation(米国)(99)
  • 10)FLIR グループ(米国)[FLIR Systems、FLIR Integrated Imaging Solutions](99)
  • 12.地域別有力プレーヤーの事業展開状況(100)
  • 1)日本(100)
  • 2)中国(103)
  • 3)その他アジア(104)
  • 4)欧州(104)
  • 5)米州(106)
  • 13.有力画像処理SIer 動向(108)
  • 1)海外(108)
  • 2)日本(109)
  • 14.領域・カテゴリ別代表製品価格動向(111)
  • 1)単体機器(111)
  • 2)AI・ディープラーニング応用製品(111)
  • 3)検査アプリケーション(112)
  • 4)観察・測定関連機器(112)
  • 15.画像処理システム関連業界団体(113)
  • 1)概要(113)
  • 2)各団体の主な活動状況(113)
  • 16.画像処理システムが採用される主要FA 機器市場動向(115)
  • 1)産業用ロボット市場動向(115)
  • 2)マウンタ市場動向(117)
  • 3)ボンダ市場動向(118)

II. 注目品目編

  • A. 単体機器
  • A-1.処理装置
  • 1.画像処理装置(筐体型)(125)
  • 2.画像処理装置(ボード型)(130)
  • 3.画像センサ(135)
  • 4.3D デジタイザ(140)
  • 5.ロボットビジョン(2D/3D)(145)
  • 6.スマートフォン活用型画像センサ(150)
  • 7.Embedded Vision システム(155)
  • A-2.カメラ
  • 1.FA 用エリアスキャンカメラ(163)
  • 2.FA 用ラインスキャンカメラ(168)
  • 3.赤外線カメラ(マイクロボロメータ)(173)
  • 4.マルチスペクトルカメラ(178)
  • 5.ハイパースペクトルカメラ(183)
  • 6.4K 監視カメラ(工場監視用)(188)
  • 7.産業用ToF カメラ(193)
  • A-3.キーコンポーネンツ
  • 1.画像処理用LED 照明(201)
  • 2.画像処理用レンズ(206)
  • 3.産業用イメージセンサ(211)
  • B. AI・ディープラーニング応用製品
  • 1.ディープラーニング活用型画像処理ソフトウエア(219)
  • 2.アクセラレータボード(non GPU)(224)
  • 3.産業用AI 機能搭載カメラ(229)
  • C. 検査アプリケーション
  • C-1.デバイス関連
  • 1.FPD 検査装置(239)
  • 2.ウェーハ外観検査装置(243)
  • C-2.基板実装関連
  • 1.クリームはんだ印刷外観検査装置(251)
  • 2.インライン実装検査装置(リフロー前後)(256)
  • 3.AXI(261)
  • C-3.自動車関連
  • 1.自動車部品外観検査装置(269)
  • 2.自動車ボディ塗装検査装置(274)
  • 3.タイヤ外観検査装置(278)
  • C-4.製紙・印刷関連
  • 1.Web 外観検査装置(285)
  • 2.印刷面外観検査装置(290)
  • C-5.食品・薬品関連
  • 1.飲料容器外観検査装置(297)
  • 2.文字検査装置(302)
  • 3.錠剤・顆粒剤検査装置(307)
  • 4.食品用X 線検査装置(312)
  • D. 観察・測定関連機器
  • 1.CNC 画像測定器(319)
  • 2.デジタルマイクロスコープ(324)
  • 3.共焦点レーザー顕微鏡(工業用)(329)
  • 4.工業用X 線検査装置(334)
  • 5.非接触三次元測定機(339)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ