【デジタルプレス】製薬企業/製造受託企業における連続生産・シングルユースの対応の現状と将来展望 2021

【デジタルプレス】製薬企業/製造受託企業における連続生産・シングルユースの対応の現状と将来展望 2021

価格 330,000円(税抜 300,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2021年1月27日 体裁 PDF 56ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・2021 臨床検査市場 No.3
 ・2020-2021 医療用医薬品データブック No.3

調査概要

調査テーマ

『製薬企業/製造受託企業における連続生産・シングルユースの対応の現状と将来展望 2021』

調査背景・目的

現在、医薬品の製造に関してはバッチ生産が主であるが、近年は医薬品の需要量に応じて柔軟に生産量を調整できるなどのメリットがある連続生産技術が注目されており、培養、分離・精製、製剤工程の一部の工程では設備製品の連続生産への対応、連携がみられる。今後、徐々に医薬品の連続生産による製造が増加していくことが予想されている。
また、シングルユース対応に関しても従来のステンレス製などの製品からシングルユース用の製品への移行が拡大傾向にある。シングルユースに変更するメリットとしては、洗浄、滅菌工程が不要となり製造期間を短縮できることやバリデーションの負荷を軽減できるなどが挙げられる。
当該調査では、大手製薬企業と医薬品製造受託企業の連続生産/シングルユース対応医薬品の販売動向及び対応設備製品の採用動向について調査し、今後の市場将来性について考察することを目的としている。

調査対象

大手製薬企業/大手医薬品製造受託企業

調査期間

2020年11月~2021年1月

調査担当

株式会社富士経済 ライフサイエンス事業部

調査方法

弊社専門調査員による直接面接取材、電話取材を基本とする

目次

I.総括編(1)

  • 1.製薬企業/受託製造企業の連続生産・シングルユースに関する概況
  • [1]連続生産・シングルユースに関する概況(2)
  • [2]製薬企業/受託製造企業の連続生産に関する概況(3)
  • [3]製薬企業/受託製造企業のシングルユースに関する概況(4)
  • 2.連続生産対応医薬品の将来展望
  • [1]製薬企業・受託製造企業の連続生産対応医薬品販売計画・将来的展望(5)
  • [2]連続生産医薬品承認事例(6)
  • [3]連続生産に関するICHガイドライン(6)
  • 3.連続生産対応製品動向
  • [1]低分子医薬品の連続生産で使用される製品(7)
  • [2]低分子医薬品の連続生産連携フロー図(9)
  • [3]バイオ医薬品の連続生産で使用される製品(11)
  • [4]バイオ医薬品の連続生産連携フロー図(13)
  • 4.シングルユース対応製品動向
  • [1]バイオ医薬品の製造で使用されるシングルユースタイプの製品(14)
  • [2]低分子医薬品(注射剤)の製造で使用されるシングルユースタイプの製品(15)
  • [3]シングルユース製品の連携フロー図(16)
  • 5.主要製薬企業/受託製造企業の連続生産・シングルユースに関する動向
  • [1]連続生産に関するその他の製薬企業/受託製造企業の動向(17)
  • [2]シングルユースに関するその他の製薬企業/受託製造企業の動向(20)
  • 6.注目企業の連続生産・シングルユースに関する製品動向
  • [1]連続生産に関する注目企業・製品動向(21)
  • [2]シングルユースに関する注目企業の製品動向(22)

II.企業事例編(23)

  • i.中外製薬(24)
  • 1.企業プロフィール(25)
  • 2.連続生産対応医薬品の販売計画・将来展望(25)
  • 3.連続生産・シングルユース採用製品動向(26)
  • 4.連続生産連携状況・計画(27)
  • 5.連続生産・シングルユースに関する研究・開発動向(28)
  • 6.連続生産・シングルユースの課題、今後の方向性(29)
  • ii.エーザイ(30)
  • 1.企業プロフィール(31)
  • 2.連続生産対応医薬品の販売計画・将来展望(31)
  • 3.連続生産・シングルユース採用製品動向(32)
  • 4.連続生産連携状況・計画(33)
  • 5.連続生産・シングルユースに関する研究・開発動向(34)
  • 6.連続生産・シングルユースの課題、今後の方向性(34)
  • iii.大日本住友製薬(35)
  • 1.企業プロフィール(36)
  • 2.連続生産対応医薬品の販売計画・将来展望(36)
  • 3.連続生産・シングルユース採用製品動向(37)
  • 4.連続生産連携状況・計画(38)
  • 5.連続生産・シングルユースに関する研究・開発動向(39)
  • 6.連続生産・シングルユースの課題、今後の方向性(39)
  • iv.シオノギファーマ・ナガセ医薬品(シオノギファーマグループ)(40)
  • 1.企業プロフィール(41)
  • 2.連続生産・シングルユース対応医薬品の販売計画・将来展望(42)
  • 3.連続生産・シングルユース採用製品動向(43)
  • 4.連続生産連携状況・計画(45)
  • 5.連続生産・シングルユースに関する研究・開発動向(48)
  • 6.連続生産・シングルユースの課題、今後の方向性(49)
  • v.シミックホールディングス(シミックCMO・シミックバイオ)(50)
  • 1.企業プロフィール(51)
  • 2.連続生産対応医薬品の販売計画・将来展望(51)
  • 3.連続生産・シングルユース採用製品動向(52)
  • 4.連続生産連携状況・計画(53)
  • 5.連続生産・シングルユースに関する研究・開発動向(55)
  • 6.連続生産・シングルユースの課題、今後の方向性(56)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ