【デジタルプレス】COVID-19の流行により激変する検温/体温測定向けサーマルカメラ関連市場の現状と将来予測

【デジタルプレス】COVID-19の流行により激変する検温/体温測定向けサーマルカメラ関連市場の現状と将来予測

価格 330,000円(税抜 300,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2020年12月25日 体裁 PDF 48ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・2020 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 市場編
 ・ソフトウェアビジネス新市場 2020年版

調査概要

調査テーマ

『COVID-19の流行により激変する検温/体温測定向けサーマルカメラ関連市場の現状と将来予測』

調査目的

・検温 /体温検知向けサーマルカメラ関連市場の現状を整理・把握
・COVID-19終息後の市場見通しを考察
・対象製品の市場実態、参入企業シェア、販売先業種動向、有力代理店/SIer動向を明確化

調査対象製品・主要参入企業

調査対象製品主要参入企業
サーマルカメラ
(ハンディ型、ドーム型、バレット型/ボックス型)
アイリスオーヤマ、HIKVISION、日本アビオニクス、Dahua Technologyなど
非接触検温/体温検知装置
(タブレット型、カメラ単体型)
日本コンピュータビジョン、ダイワ通信、LM TOKYO、dotBravo Japanなど
ウォークスルー型体表面温度スクリーニングシステム
(ディスプレイ型、カメラ単体型)
ダンボネット・システムズ、東亜産業、ネツミルなど

調査方法

弊社専任調査員による対象企業へのヒアリング調査にて情報収集した

調査期間

2020年12月

調査担当

株式会社富士経済 インダストリアルソリューション事業部

目次

I.総括編(1)

  • 1.検温/体温測定向け国内サーマルカメラ関連市場の現状実態と将来予測(2020年見込~2023年予測)(2)
  • 2.検温/体温測定向けサーマルカメラ関連市場における業界マップ(3)
  • 3.販売先業種別需要動向(4)
  • 4.主要参入企業及び主要販売代理店/システムインテグレータによる事業展開動向(5)
  • 5.COVID-19終息以降の市場見通し(6)
  • 6.主な自治体による検温/体温測定向けサーマルカメラへの助成制度動向(7)
  • 7.主要参入企業及び主要販売代理店一覧(8)

II.市場編(9)

  • 1.サーマルカメラ(10)
  • 2.非接触検温/体温検知装置(16)
  • 3.ウォークスルー型体表面温度スクリーニングシステム(22)

III.有力代理店/システムインテグレータ編(28)

  • 1.ディーズセキュリティ(29)
  • 2.三星ダイヤモンド工業(33)
  • 3.ジェイセキュリティ(37)
  • 4.NECソリューションイノベータ(41)
  • 5.ダイワ通信(45)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ