陸海空モビリティにおけるCASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング&サービス・電動化)動向の現状と将来展望

陸海空モビリティにおけるCASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング&サービス・電動化)動向の現状と将来展望

価格 198,000円(税抜 180,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2021年1月15日 体裁 A4版 318ページ
備考 こちらの調査資料には書籍/PDF+データ版セット 242,000円(税抜 220,000円)、ネットワークパッケージ版 396,000円(税抜 360,000円)がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・車載電装デバイス&コンポーネンツ総調査 2021 上巻
 ・モビリティ・インフラ&サービス関連市場の将来展望 2021

調査概要

調査テーマ

『陸海空モビリティにおけるCASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング&サービス・電動化)動向の現状と将来展望』
 ~自動車に続きCASE化の発展が期待される陸海空モビリティの市場規模、関連デバイス市場、サービス事例について世界の最新動向を調査~

調査の目的

◆本市場調査資料では、陸海空モビリティにおけるCASEについて、製品市場および製品向け部品・デバイスなどの市場規模予測とCASEの普及・発展ロードマップの分析を目的とする。

調査ポイント

◆陸海空モビリティ市場のトレンドを踏まえたCASE化動向をコネクテッド/自動運転対応製品および電動化対応製品の市場予測、シェアリング&サービス事例の整理で明確化
◆コネクテッド/自動運転および電動化の主要部品・デバイスの採用状況、市場規模予測を調査・分析
◆製品毎に主要メーカーの取り組みをメーカーシェア、主要部品・デバイスの調達動向、サービス事例やアライアンス展開などの定性情報を整理

調査対象品目

■陸海空モビリティ(18品目)
<陸用モビリティ>
  1. AGV
  2. フォークリフト
  3. 建設機械
  4. 農業機械
  5. 鉱業機械
  6. 鉄道車両
  7. 配膳・配達ロボット
  8. フロアマシン(床洗浄機)
  9. ゴルフカート
  10. シニアカー
  11. 自動二輪車
  12. 自転車
<海用モビリティ>
  13. 大型船舶
  14. 小型船舶
  15. 船外機
<空用モビリティ>
  16. 航空機(民間旅客機・民間貨物機)
  17. 空飛ぶクルマ・フライングカー(eVTOLなど)
  18. ドローン

調査方法

◆弊社専門調査員による対象企業および関連企業、関連団体などへの面接取材を基本とした情報収集を行った。
◆生産・販売数量や生産・販売金額などの数値は、有価証券報告書などの提出のある企業はそれに準拠し、その他の企業もしくは限定できないものについては弊社調査員による推定値とした。特に断りのない限り世界市場ベース、メーカー生産数量(部品・デバイスについてはメーカー販売数量)、メーカー生産金額(同メーカー販売金額)として提示した。
◆各カテゴリーの数値は年次ベース(1月~12月)とした。ただし、政策などの予算執行期間などは各国の財政年度ベース(例. 日本では4月~3月)とした。
◆本市場調査資料におけるエリア区分は、原則「日本」は日本、「欧州」はEU27カ国・英国・EFTA4カ国、「北米」はカナダ・米国・メキシコ、「中国」は中国、「ASEAN・東アジア」は韓国・台湾・ASEAN10カ国、「その他」は中南米・オセアニア・中東・アフリカおよび他アジア(「日本」「中国」「ASEAN・東アジア」に該当しない国・地域)を指す。また、特に断りのない限りエリア別市場は生産地ベース(部品・デバイスについては仕向地ベース)としている。

調査期間

2020年10月~2021年1月

調査担当

株式会社富士経済 エネルギーシステム事業部

目次

A. 総括分析編

  • A-1. 陸海空モビリティ×CASE普及ロードマップ(3)
  • 1. 陸海空モビリティ×CASE普及ロードマップ(3)
  • 2. 陸用モビリティ×CASE普及ロードマップ(5)
  • 3. 海用モビリティ×CASE普及ロードマップ(6)
  • 4. 空用モビリティ×CASE普及ロードマップ(7)
  • A-2. 陸海空モビリティのCASE対応による業界変化(8)
  • A-3. 陸海空モビリティにおけるCASE対応製品市場規模推移・予測(9)
  • 1. 陸海空モビリティ製品市場規模推移・予測(2019年~2021年・2025年・2030年・2035年)(9)
  • 2. 陸用モビリティ製品市場規模推移・予測(2019年~2021年・2025年・2030年・2035年)(11)
  • 3. 海用モビリティ製品市場規模推移・予測(2019年~2021年・2025年・2030年・2035年)(15)
  • 4. 空用モビリティ製品市場規模推移・予測(2019年~2021年・2025年・2030年・2035年)(16)
  • A-4. 陸海空モビリティにおけるCASE主要構成部品・デバイス市場規模推移・予測(17)
  • 1. 陸海空モビリティにおけるCASE主要構成部品・デバイス一覧(17)
  • 1)陸海空モビリティ向けコネクテッド/自動運転化対応部品・デバイス一覧(17)
  • 2)陸海空モビリティ向け電動化対応部品・デバイス一覧(19)
  • 2. 陸海空モビリティにおけるCASE主要構成部品・デバイス市場規模推移・予測(20)
  • 1)陸海空モビリティ向けコネクテッド/自動運転化対応部品・デバイス市場規模推移・予測(2019年~2021年・2025年・2030年・2035年)(20)
  • [1]陸用モビリティ向けコネクテッド/自動運転化対応部品・デバイス市場規模推移・予測(2019年~2021年・2025年・2030年・2035年)(21)
  • [2]海用モビリティ向けコネクテッド/自動運転化対応部品・デバイス市場規模推移・予測(2019年~2021年・2025年・2030年・2035年)(23)
  • [3]空用モビリティ向けコネクテッド/自動運転化対応部品・デバイス市場規模推移・予測(2019年~2021年・2025年・2030年・2035年)(23)
  • 2)陸海空モビリティ向け電動化対応部品・デバイス市場規模推移・予測(2019年~2021年・2025年・2030年・2035年)(24)
  • [1]陸用モビリティ向け電動化対応部品・デバイス市場規模推移・予測(2019年~2021年・2025年・2030年・2035年)(25)
  • [2]海用モビリティ向け電動化対応部品・デバイス市場規模推移・予測(2019年~2021年・2025年・2030年・2035年)(28)
  • [3]空用モビリティ向け電動化対応部品・デバイス市場規模推移・予測(2019年~2021年・2025年・2030年・2035年)(29)
  • 3. 陸海空モビリティにおけるCASE主要構成部品・デバイスの1台当たり搭載コスト(30)
  • 1)陸海空モビリティ向けコネクテッド/自動運転化対応部品・デバイスの1台当たり搭載コスト(30)
  • 2)陸海空モビリティ向け電動化対応部品・デバイスの1台当たり搭載コスト(31)
  • 4. 陸海空モビリティにおけるCASE主要構成部品・デバイスメーカー(32)
  • 1)陸海空モビリティ向けコネクテッド/自動運転化対応部品・デバイスメーカー(32)
  • 2)陸海空モビリティ向け電動化対応部品・デバイスメーカー(32)
  • A-5. 陸海空モビリティにおけるシェアリング&サービス事業動向(34)
  • 1. 陸用モビリティにおいて想定されるシェアリング&サービスのビジネス展開(34)
  • 2. 海用モビリティにおいて想定されるシェアリング&サービスのビジネス展開(37)
  • 3. 空用モビリティにおいて想定されるシェアリング&サービスのビジネス展開(37)
  • A-6. 陸海空モビリティのCASE対応に向けた課題・問題点(39)
  • 1. 陸用モビリティにおけるCASE対応に向けた課題・問題点(39)
  • 2. 海用モビリティにおけるCASE対応に向けた課題・問題点(41)
  • 3. 空用モビリティにおけるCASE対応に向けた課題・問題点(41)
  • A-7. CASE対応モビリティに関連する主要エリア・国の法規制/標準化動向(42)
  • 1. CASE対応モビリティに関連する主要エリア・国の法規制(42)
  • 2. 陸海空モビリティにおける排ガス規制(42)
  • 1)陸用モビリティ向け排ガス規制(44)
  • [1]フォークリフト、建設機械、農業機械、鉱業機械を対象とした排ガス規制(44)
  • [2]鉄道を対象とした排ガス規制(48)
  • [3]自動二輪車、自動三輪車、シニアカー、ゴルフカートを対象とした排ガス規制(50)
  • 2)海用モビリティ向け排ガス規制(52)
  • 3)空用モビリティ向け排ガス規制(55)
  • 3. 陸海空モビリティにおける騒音規制(57)
  • 1)陸用モビリティの騒音規制(57)
  • 2)空用モビリティの騒音規制(58)
  • 4. 陸海空モビリティにおける燃費規制(58)
  • 5. CASE対応モビリティに関連する主要エリア・国の標準化動向(59)
  • 1)国際標準化機構におけるCASE対応モビリティに関連する標準化動向(59)
  • 2)中国におけるCASE対応モビリティに関連する標準化動向(62)
  • A-8. CASE対応モビリティに関連する主要エリア・国の実証プロジェクト(66)
  • 1. 陸用モビリティにおける主要エリア・国の実証プロジェクト(66)
  • 2. 海用モビリティにおける主要エリア・国の実証プロジェクト(69)
  • 3. 空用モビリティにおける主要エリア・国の実証プロジェクト(71)
  • 4. そのほかの陸海空モビリティにおける主要エリア・国の普及支援政策・実証プロジェクト(73)
  • 1)普及支援政策(73)
  • 2)実証プロジェクト(74)

B. モビリティ市場分析編

  • <陸用モビリティ>
  • B-1. AGV(83)
  • B-2. フォークリフト(97)
  • B-3. 建設機械(114)
  • B-4. 農業機械(129)
  • B-5. 鉱業機械(144)
  • B-6. 鉄道車両(157)
  • B-7. 配膳・配達ロボット(170)
  • B-8. フロアマシン(床洗浄機)(184)
  • B-9. ゴルフカート(195)
  • B-10.シニアカー(206)
  • B-11.自動二輪車(216)
  • B-12.自転車(233)
  • <海用モビリティ>
  • B-13.大型船舶(241)
  • B-14.小型船舶(263)
  • B-15.船外機(268)
  • <空用モビリティ>
  • B-16.航空機(民間旅客機・民間貨物機)(275)
  • B-17.空飛ぶクルマ・フライングカー(eVTOLなど)(291)
  • B-18.ドローン(304)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ