【デジタルプレス】機電一体電動パワートレイン“eAxle”の最新技術動向と市場展望

【デジタルプレス】機電一体電動パワートレイン“eAxle”の最新技術動向と市場展望

価格 340,000円(税抜 300,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2021年2月15日 体裁 PDF 67ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・【デジプレ】EV/PHEV充電インフラの国別整備実態と普及計画 2021
 ・陸海空モビリティにおけるCASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング&サービス・電動化)動向の現状と将来展望

調査概要

調査テーマ

【デジタルプレス】『機電一体電動パワートレイン“eAxle”の最新技術動向と市場展望』

調査対象

区分種類・調査範囲・定義
パワートレイン区分機電一体eAxleモータ、インバータ、ギアボックスが一体化したユニットを対象とする
(モータとギヤボックスのみ一体化したユニットは対象外)
インホイールモータホイール内、またはホイールと連動した車軸にモータを配置したシステムを対象とする
市場数値(台数)は1 輪単位
対象車両HEV、PHEV、EV、FCV の乗用車と電動トラック・バスを対象とする
(マイルドハイブリッド車は対象外)
エリア区分日本: 日本
北米: カナダ、米国、メキシコ
欧州: EU27 か国+英国+EFTA
中国: 中国
その他:上記以外の国

調査期間

2021年1月~2月

調査機関

株式会社富士経済 名古屋支社

目次

1.eAxle/インホイールモータの概要(1)

  • 1)概要(1)
  • 2)機電一体 eAxleの方向性をその構成(2)
  • 3)インホイールモータ採用シーン(2)

2.市場の立ち上がり状況および市場環境の変化(3)

  • 1)2020年時点における変化点(2019年との比較)(3)
  • 2)eAxleアセンブリメーカー/構成品メーカー(モータ/インバータ/ギアボックスなど)一覧および提携状況(3)
  • 3)eAxle/インホイールモータ開発メーカー一覧(5)

3.eAxle/インホイールモータ搭載車のエリア別市場予測(14)

  • 1)eAxle/インホイールモータ搭載車のエリア別市場予測(14)
  • 2)モータ種類別 (32)
  • 3)定格出力別(34)
  • 4)採用OEM別(36)
  • 5)価格動向(40)

4.eAxleのOEM/ユニットサプライヤ企業事例

  • No.1 トヨタグループ(41)
  • No.2 ホンダグループ(46)
  • No.3 日産自動車(51)
  • No.4 日本電産(55)
  • No.5 明電舎(59)

5.インホイールモータのユニットサプライヤ企業事例

  • No.6 NTN(63)
  • No.7 日本ピストンリング(66)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ