【デジタルプレス】「プロテインクライシス」を救う“代替タンパク源生産技術”の最新トレンド

【デジタルプレス】「プロテインクライシス」を救う“代替タンパク源生産技術”の最新トレンド

価格 330,000円(税抜 300,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2021年03月31日 体裁 PDF 98ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・【デジタルプレス】SDGs社会に向けて変革するサスティナブルフード市場の現状と将来予測
 ・外食産業マーケティング便覧 2021 No.1

調査概要

調査テーマ

『「プロテインクライシス」を救う“代替タンパク源生産技術”の最新トレンド』

調査目的

本調査は世界規模での食用肉などのタンパク質需要の急増によって迫りくる「プロテインクライシス」への備えや、サステナビリティの観点からも注目される植物系、藻類系、昆虫系、微生物系、細胞培養などの「新たな代替タンパク源」ビジネスについて、現状の業界構造や将来に向けた市場性、国内及び海外の注目参入企業におけるビジネスモデルおよび生産プロセスやコアテクノロジー、生産環境などの概要、そして今後量産化において求められる生産技術・環境などのトレンドを整理することにより、当市場でのビジネスの可能性を窺う企業にとって、今後の開発や事業展開の検討、有望ターゲット分野の探索において、有益な基礎情報を提供することを目的に実施した。

調査対象企業(15事例)

分類調査対象企業分類調査対象企業分類調査対象企業
植物系Impossible Foods(米国)昆虫系グリラス(日本)微生物系Perfect Day(米国)
Beyond Meat(米国)エリー(日本)Mycorena(スウェーデン)
Redefine Meat(イスラエル)EntomoFarms(カナダ)Air protein(米国)
藻類系タベルモ(日本)InnovaFeed(フランス)細胞培養系インテグリカルチャー(日本)
Triton Algae Innovations(米国)MosaMeat(オランダ)
ShiokMeats(シンガポール)

調査方法

弊社専門調査員によるヒアリング調査(直接/WEB面談)およびインターネットや文献等のオープン情報調査により、情報を収集・分析した。

調査期間

2021年2月~3月

担当

株式会社富士経済 エコソリューションビジネスユニット

目次

I. 総括編(1)

  • 1. 代替タンパク源市場を取り巻く背景(2)
  • 2. カテゴリ別の代替タンパク源生産技術・市場の展望(3)
  • (世界市場規模予測、生産技術開発のトレンド、コストダウンの取り組み、主なアライアンス動向、業界構造、生産システムの将来像、今後の市場の方向性)
  • ①植物系(3)
  • ②藻類系(4)
  • ③昆虫系(5)
  • ④微生物系(6)
  • ⑤細胞培養系(7)
  • 3. カテゴリ別の生産技術・生産環境の概要と方向性(8)
  • ①環境制御技術(8)
  • ②発酵技術(9)
  • ③バイオ技術(10)
  • ④自動化技術(11)
  • ⑤肉再現技術(12)
  • ⑥加工技術(13)
  • ⑦生産環境条件(14)
  • 4. 代替タンパク源生産ビジネスの主要参入プレーヤー一覧(15)

II. 注目代替タンパク源生産ビジネス企業事例編(23)

  • 1. Impossible Foods(米国・植物系/微生物系)(24)
  • 2. Beyond Meat(米国・植物系)(29)
  • 3. Redefine Meat(イスラエル・植物系)(34)
  • 4. タベルモ(日本・藻類系)(39)
  • 5. Triton Algae Innovations(米国・藻類系)(44)
  • 6. グリラス(日本・昆虫系)(49)
  • 7. Entomo Farms(カナダ・昆虫系)(54)
  • 8. エリー(日本・昆虫系)(59)
  • 9. InnovaFeed(フランス・昆虫系)(64)
  • 10. Perfect Day(米国・微生物系)(69)
  • 11. Mycorena(スウェーデン・微生物系)(74)
  • 12. Air Protein(米国・微生物系)(79)
  • 13. インテグリカルチャー(日本・細胞培養系)(84)
  • 14. Mosa Meat(オランダ・細胞培養系)(89)
  • 15. Shiok Meats(シンガポール・細胞培養系)(94)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ