セミナー:次世代5G移動体無線通信・IoTに向けたミリ波アンテナ技術・無線・光融合技術の基礎とフィールド実験(2019/12/23 (月):東京都・中央区)

(株)AndTech セミナー情報

次世代5G移動体無線通信・IoTに向けたミリ波アンテナ技術・無線・光融合技術の基礎とフィールド実験

  • 次世代の5G移動体無線通信・IoTの鍵を握るミリ波アンテナ技術、無線・光融合技術について解説!
  • 開発を進めてきた「高性能ミリ波アンテナ電極光変調器」、「高精度無線端末位置推定技術」、「光ファイバー無線(Radio-over-Fiber)技術」について紹介!
セミナー番号 S91224
講 師 三重大学大学院 工学研究科 電気電子工学専攻 教授 村田 博司 氏
会 場 京華スクエア2F ハイテクセンター 第1会議室 【東京都・中央区】
日 時 2019年12月23日(月) 12:30-16:30
定 員 30名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
聴講料 【1名の場合】39600円(税込、テキスト費用を含む)
2名以上は一人につき、11,000円が加算されます。
※2名以上ご要望の場合は、備考欄にその旨お書きくださいませ。
主催 (株)AndTech

講演主旨

 次世代の5G移動体無線通信・IoTの鍵を握るミリ波アンテナ技術、無線・光融合技術について解説する。5Gでは、搬送波周波数をマイクロ波帯から準ミリ波・ミリ波帯にシフトさせることが既定路線となっている。ミリ波帯においては、通常の時間多重・周波数多重に加えて、MIMO等の空間多重技術を容易に利用することができるため、超大容量化・多チャンネル化が可能である。このような高度無線通信システムを構築するためには、高性能アンテナ・ミリ波ビーム制御技術、端末位置推定技術と光ファイバー技術との融合などがポイントとなる。
 本講座では、講師らが開発を進めてきた「高性能ミリ波アンテナ電極光変調器」、「高精度無線端末位置推定技術」、「光ファイバー無線(Radio-over-Fiber)技術」について紹介する。

キーワード

5G, IoT, 大規模スタジアム, 光ファイバー無線, RoF, マイクロ波フォトニクス

プログラム

※こちらは前回の講演プログラムになります

1.はじめに
 1—1 5G移動体無線通信・IoTの動向 ~マイクロ波からミリ波へ~
 1—2 ミリ波無線の特長 ~空間多重~
 1—3 光・無線融合技術の重要性

2.光・無線融合技術の動向
 2—1 Radio-over-Fiber (RoF) 技術
 2—2 E/O変換・O/E変換技術
 2—3 光を使った空間多重ミリ波無線

3.ミリ波アンテナ電極光変調器
 3—1 平面アンテナと光変調器の融合
 3—2 アレイ化による高機能化
 3—3 3次元電磁界シミュレーションによる設計
 3—4 試作実験とギガビットデータ伝送

4.まとめ

<第2部 サッカースタジアムでの5G無線実験>

1.高密度ユーザー環境と5G無線

2.RoFを用いた5G通信システム
 2—1 ヘテロジーニアス無線システムの設計
 2—2 基礎評価実験

3.無線通信環境の評価
 3—1 ミリ波の光線解析
 3—2 60GHzビーム伝搬実験

4.大規模サッカースタジアムでの実験価
 4—1 スタジアムでの5Gの重要性
 4—2 スタジアムでのRadio-over-Fiber伝送
 4—3 5G/Wi-Fi実験

5.まとめ 

【質疑応答 名刺交換】


<確認事項>

  • その他、ご不明な点は備考欄にご記入ください。

(株)AndTech 技術セミナー情報

開催日地区セミナータイトル

すべての技術セミナー情報