プラスチックリサイクル 技術開発実態分析調査報告書

プラスチックリサイクル技術開発実態分析調査報告書

特許情報分析(パテントマップ)から見た<他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス>

価格34,364円+税 出版社パテントテック社
発行日2010年02月01日 送料送料無料
体裁A4判、187ページ、簡易製本 付属CD-ROM添付

本誌の特徴等

1.調査目的

  • プラスチックリサイクルを取り巻く市場や技術環境は目まぐるしく変化しており、競争に打ち勝つにはどの部分に焦点を絞り込むべきか、どの分野が着目されているのかなど、一歩先を行く開発戦略が必要となる。調査報告書はこうした要求に応えるために技術戦略上の基礎データを提供することが目的である。

2.特許情報の収集と処理

  • 平成11年(1999年)から平成20年(2008年)までの10年間に公開された公開特許について、「特許検索ASPサービスSRPARTNER」((株)日立情報システムズ製)を使用し、検索、収集した。報告書作成にはパテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。特許情報公報の総数は3,285件である。
    • <検索方法>
    • S1(公報発行日):19990101:20081231
    • S2(FI):B29B17
    • S3(FI):B09B3/00
    • S4(KW;要約+請求の範囲):プラスチック プラスティック
    • S5(KW;要約+請求の範囲):廃プラ 廃棄プラ
    • S6(KW;要約+請求の範囲):リサイクル 再利用 再資源
    • 論理式:S1※(S2+S3※S4※S6+S5※S6)=3,285(出力件数)

3.報告書の構成

  • 1.書誌データによる分析(過去10年)
    • A.ランキング分析(リスト)
    • B.時系列分析
    • C.ニューエントリ・リタイアリ分析
    • D.上位出願人と分類の関係分析
    • E.上位出願人のユニークな技術分析
  • 2.技術開発の概説
  • 3.技術データの分類体系
  • 4.技術データによる分析(最近公開の497件)
    • F.技術分類分析
    •  F-1 技術分類別公開件数ランキング
    •  F-2 技術分類相互の公開件数相関
    •  F-3 上位40出願人と技術分類の公開件数相関
  • 5.今後の技術開発動向の予測

4.「出願人名」等の表記について

  • パテントマップ上では、データ処理の都合上、「出願人名」の法人格は略称で表記し、先頭に法人格がある場合は、法人格を末尾に移して、「:(株)」、「:(財)」などと表記している。また、独立行政法人の略称は、「(政)」と表記している。(PATOLISと同じ)
  • コメント中では、「出願人名」の法人格や「発明者」の敬称は省略させていただいた。

5.本報告書の特徴

  • 技術データによる分析
  • 直近までの分析により今後の技術動向を予測
  • 特許情報データの提供/報告書の対象となる過去10年間の公開特許情報をリスト形式(公報番号、発明者の名称、出願人、発明者)にして、CDに収容したので公報のダウンロードに便利

パテントマップ実例、および本文中の実際の頁例

パテントマップ実例、および本文中の実際の頁例

目次

1.書誌データによる分析

  • A.ランキング分析(リスト)
  • 1.出願人別公開件数ランキング(上位200)
  • 2.FIサブクラス分類別公開件数ランキング(上位100)
  • 3.FIメイングループ分類別公開件数ランキング(上位100)
  • 4.FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位100)
  • 5.Fタームテーマコード分類別公開件数ランキング(上位100)
  • 6.Fターム分類別公開件数ランキング(上位300)
  • B.時系列分析
  • B-1 上位50出願人別公開件数の推移(最近10年)
  • B-2 上位40FIサブクラス筆頭分類別公開件数の推移(最近10年)
  • B-3 上位40FIメイングループ筆頭分類別公開件数の推移(最近10年))
  • B-4 上位40FIサブグループ筆頭分類別公開件数の推移(最近10年)
  • B-5 上位40Fタームテーマコード筆頭分類別公開件数の推移(最近10年)
  • B-6 上位100Fターム筆頭分類別公開件数の推移(最近10年)
  • C.ニューエントリ・リタイアリ分析
  • C-1-1 出願人別参入・撤退状況(最初40)
  • C-1-2 出願人別参入・撤退状況(最近40)
  • C-2-1 FIサブクラス分類別出現・消失状況(最初40)
  • C-2-2 FIサブクラス分類別出現・消失状況(最近40)
  • C-3-1 FIメイングループ分類別出現・消失状況(最初80)
  • C-3-2 FIメイングループ分類別出現・消失状況(最近80)
  • C-4-1 FIサブグループ分類別出現・消失状況(最初120)
  • C-4-2 FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近120)
  • C-5-1 Fタームテーマコード分類別出現・消失状況(最初80)
  • C-5-2 Fタームテーマコード分類別出現・消失状況(最近80)
  • C-6-1 Fターム分類別出現・消失状況(最初200)
  • C-6-2 Fターム分類別出現・消失状況(最近200)
  • D.上位出願人と分類の関係分析
  • D-1 上位40出願人と上位20FIサブクラス筆頭分類の公開件数相関
  • D-2 上位40出願人と上位20FIメイングループ筆頭分類の公開件数相関
  • D-3 上位40出願人と上位20FIサブグループ筆頭分類の公開件数相関
  • D-4 上位40出願人と上位20Fタームテーマコード筆頭分類の公開件数相関
  • D-5 上位40出願人と上位60Fターム筆頭分類の公開件数相関
  • E.上位出願人のユニークな技術分析
  • E-1-※ 独自FIサブクラス分類別公開件数ランキング
  • E-2-※ 独自FIメイングループ分類別公開件数ランキング
  • E-3-※ 独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
  • E-4-※ 独自Fタームテーマコード分類別公開件数ランキング
  • E-5-※ 独自Fターム分類別公開件数ランキング(上位100)
  • E-6-※ 独自キーワード別公開件数ランキング(上位200)
  • (「※」は、上位5出願人が該当)

2.技術開発の概説

  • 2-1 出願人の概況
  • 2-2  公開技術の概況

3.技術データの分類体系

4.技術データによる分析

  • F.技術分類分析
  • F-1  技術分類別公開件数ランキング
  • F-1-1~F-1-5 [A~E]技術分類別公開件数ランキング
  • F-2  技術分類相互の公開件数相関
  • F-2-1~F-2-10 [A~E]技術分類相互の公開件数相関
  • F-3  上位40出願人と技術分類の公開件数相関
  • F-3-1~F-3-5 上位40出願人と[A~E]技術分類の公開件数相関

5.今後の技術開発の動向の予測

  • 5-1 書誌データによる分析予測
  • 5-2 技術データによる分析予測

参考資料

  • 1.FIサブクラス分類リスト
  • 2.FIメイングループ分類リスト
  • 3.FIサブグループ分類リスト
  • 4.Fタームテーマコード分類リスト
  • 5.Fターム分類リスト
  • 6.出願人統合リスト
  • 7.パテントマップの種別と見方