レオロジーなんかこわくない!数式のないレオロジー超入門講座 -DVD付-

レオロジーなんかこわくない!数式のないレオロジー超入門講座 -DVD付-

  • 過去に約3500名が講義を受けた超人気講師のあの講座がDVDに!
    実際のデータを描いたり、解析したりすることで、レオロジーを本当に使える道具にするための講座です!
価格 45,000円+税 出版社 R&D支援センター
発刊日 2009年7月31日 書籍番号 dvd0003
体裁 A4判フルカラーテキスト(スライド約300枚:スライド毎に説明文付き
+ DVD(講演時間 約150分)

講座の趣旨

レオロジーは「数式が多い」「データはとったがどう見たらいいのか解らない」など、敷居が高いというイメージがあります。 本講座を受講すると敷居が低くなり、さあ明日から取り組んでみようと思えるはずです。 講義だけにとどまらず実際のデータを描いたり、解析したりすることで、レオロジーを本当に使える道具にするための講座です。

講 師

※敬称略

上田 隆宣
日本ペイント(株) 情報システム部 部長

講 師

1.レオロジーとは?

  • 1.1 レオロジーの目的
  • 1.2 時間温度換算則
  • 1.3 剪断と引っ張り
  • 1.4 ニュートンの法則とフックの法則
  • 1.5 MaxwellとVoigt

2.測定例・・こんな事がわかる

  • 2.1 たれとレベリング
  • 2.2 マヨネーズの中身
  • 2.3 ケチャップのたれ
  • 2.3 マーガリンの塗りやすさ
  • 2.4 クリームの感触

3.静的粘弾性測定

  • 3.1 定常流動測定
  • 3.2 流動曲線(ハーシャルバークレーとキャッソン)
  • 3.3 チクソトロピー測定
  • 3.4 引っ張り試験
  • 3.5 応力緩和とクリープ

4.動的粘弾性測定

  • 4.1 動的測定の原理
  • 4.2 溶液レオメーターの測定
  • 4.3 固体動的粘弾性測定の測定
  • 4.4 合成波による周波数同時測定

5.実用レオロジー測定

  • 5.1 塗料のたれとレベリング
  • 5.2 硬化過程と内部応力
  • 5.3 チッピング性と活性化エネルギー
  • 5.4 マヨネーズの降伏値
  • 5.5 澱粉の熱変性

6.レオロジストのプロになるために

  • 6.1 こんな場合はこんな測定を
  • 6.2 これだけあればあなたはレオロジスト
  • 6.3 測定の落とし穴
  • 6.4 ふるき知恵と新しい知恵
  • 6.5 物の見方と右脳の働き

7.おまけ

  • 7.1 二匹のかえる
  • 7.2 どうしたら魚は餌を食べるか?
  • 7.3 クマンバチの羽根
  • 7.4 天才・秀才・凡人
  • 7.5 有能な企業戦士