セミナー:スラリーの分散・調製技術と分散状態評価【LIVE配信】(2020/07/03 (金):)

案内登録(無料)者限定サービス 1名分料金で2人目無料!

(株)R&D支援センター セミナー情報

スラリーの分散・調製技術と分散状態評価【LIVE配信】

  • LIB正極材料スラリーを例に、粒子分散をいかに評価して、製品特性を予測・制御するかを解説する!
セミナー番号 200777
講 師 法政大学 生命科学部 環境応用化学科 教授 博士(工学) 森 隆昌 氏
会 場 自宅や職場など世界中どこでも受講可  【】
日 時 2020年07月03日(金) 10:30~16:30
定 員 30名  ※満席になりましたら締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
聴講料 無料案内の登録をされない方
 1名につき54,000円(税込)
無料案内の登録をされる方(申込フォーム記入時に登録できます)
 1名でお申込みいただいた場合、1名につき49,980円(税込)
 2名同時にお申し込みいただいた場合、2人目は無料(2名で54,000円(税込))
  ※ただし、2名とも案内登録をしていただいた場合に限ります。

特 典 資料付
主催 (株)R&D支援センター

【LIVE配信セミナーとは?】

【LIVE配信セミナーとは?】
・本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードするか、Zoomをダウンロードせず、Webブラウザから参加するかの2種類がございます。

・このホームページからお申し込みされた場合、すぐに自動返信メールが届きます。弊社のシステム上、メールの文面が通常セミナーでの受付内容になっておりますが、LIVE配信のセミナーで参加登録ができておりますので、ご安心ください。

・お申込み後、接続テスト用のURL(https://zoom.us/test)から「ミーティングテストに参加」を押していただき、前日までに必ず動作確認をお願いします。セミナー資料は郵送にて前日までには、お送りいたします。

・開催日直前に別途視聴用のURLを記載した招待メールをお送りいたします。セミナー開催日時の10分前に、視聴用のURLよりログインしていただき、ご受講ください。Zoom WEBセミナーのはじめかたについてはこちらをご覧ください。タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。

・ご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。個別相談(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。

・講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

習得できる知識

 液中での粒子分散の基礎、粒子分散状態の評価手法(従来法から最新技術まで)。

趣旨

 液中での粒子分散を支配する要因を解説します。その後で、実際の測定例も交えながら液中の粒子分散・凝集状態をどう評価するか、その評価法を紹介します。
 特に評価が難しい濃厚系(高粒子濃度)のスラリーや多成分系のスラリーについて、リチウムイオン電池正極材料スラリーを例に、粒子分散をいかに評価し、製品特性を予測・制御するかを解説します。

プログラム

1.イントロ ~スラリー評価の前に知っておきたいこと~
2.液中粒子の分散・凝集を支配する因子
  2-1.DLVO理論
  2-2.非DLVO力
3.基本的な物性の評価手法
  3-1.粒子径分布
  3-2.粒子の濡れ性
  3-3.粒子のゼータ電位
  3-4.粒子への分散剤吸着量
4.スラリーの流動性評価
  4-1.流動挙動の種類
  4-2.流動性評価法
  4-3.流動性評価の実例
  4-4.見かけ粘度の測定で注意すべきこと
5.スラリー中の粒子集合状態評価技術
  5-1.重力沈降,遠心沈降試験
    5-1-1.測定原理及び実験方法
    5-1-2.測定結果の実例
  5-2.静水圧測定法
    5-2-1.測定原理及び実験方法
    5-2-2.測定結果の実例
  5-3.ナノ粒子の分散・凝集状態評価(浸透圧測定法)
    5-3-1.測定原理及び実験方法
    5-3-2.測定結果の実例
  5-4.希薄系での直接観察
6.スラリー評価の応用例
  6-1.噴霧乾燥(スプレードライ) ~中実球形顆粒を作るには?~
  6-2.リチウムイオン電池正極 ~多成分スラリーを評価するには?~
  6-3.チタン酸バリウム ~シート成形で成形体密度を制御するには?~
7.まとめ
【質疑応答・名刺交換】

スケジュール

10:30~11:50 講義
11:50~12:40 休憩
12:40~13:50 講義
13:50~14:00 休憩
14:00~15:10 講義
15:10~15:20 休憩
15:20~16:30 講義



<確認事項>

  • その他、ご不明な点は備考欄にご記入ください。

(株)R&D支援センター 技術セミナー情報

開催日地区セミナータイトル

すべての技術セミナー情報