PENフィルムの市場動向 2004年版

マーケット情報TOP
2004年
プラスチックフィルム・シート市場
2004年 プラスチックフィルムの市場概要(総論)
[エンプラフィルム]
PETフィルム
PENフィルム
α-POフィルム
PCフィルム
[スーパー
エンプラフィルム]
PIフィルム
PPSフィルム
LCPフィルム
アラミドフィルム
[プラスチックシート]
PCシート
フッ素樹脂フィルム/シート
二軸延伸ポリエチレンナフタレート(PEN)フィルムは、ポリエチレンテレフタレート(PET)フィルムにはない高い機能や性能を有し、特に高い信頼性が求められる分野、例えばデータストレージテープ、デジタルビデオ(DVC)、カーエレクトロニクス(ハイブリッドカーモーター用 )、写真・放射線対応分野等先端工業用途、電子材料用途などで近年、市場拡大を見せている。

国内では帝人デュポンフィルム1社が「テオネックス」ブランドで生産している。

帝人(株)が世界に先駆けて独自に開発し、工業化に成功した。

■用途動向

用途名 販売量
ウェイト(%)
具体的用途例
磁気テープ(LTO)、他 40 コンピュータのデータバックアップ用テープ
自動車 30 FPC向け材料(ワイヤハーネスからの代替用)、集中コントロールシステムのシートセンサー、ハイブリッドカーのモーター用
APS写真用
(APSフィルム)、他
16 APS写真用フィルム
電気 14 小型耐熱コンデンサ
出所:富士キメラ総研

LTO(リニアテープオープン)の磁気テープと自動車のFPC(フレキシブルプリント基板)用途が、PENフィルムの主な需要分野である。

上記以外の工業用途では、離型・工程材料、粘着テープ、包装用等の業界で、広範囲に使用されている。

APS(アドバンストフォトシステム)フィルムにPENが採用されたのは、APSはフィルムに磁気データを組み込む必要があり、PETフィルムでは肉厚になる。PENはフィルム強度があり,従来のTACフィルムよりも小型化できることが要因となっている。


■国内市場規模推移(2002〜2007年)と世界の地域別販売量(2003年)

●市場規模推移及び予測 (単位:t、%)
  2002年 2003年 2004年
見込
2005年
予測
2006年
予測
2007年
予測
販売数量 2,700 3,150 3,400 3,700 4,100 4,300
前年比 116.7 107.9 108.8 110.8 104.9
出所:富士キメラ総研

2003年は3,150トンの実績があり、2006年には4千トン台に拡大。2004年以降、前年比5〜10%増のペースで推移すると予測されている。

金額ベースでは、2003年は126億円の実績があり、2007年には173億円に拡大すると予測している。

従来は、磁気テープやAPSカメラ用フィルムがメイン市場であった。近年、同分野は縮小傾向にある中で、新分野の市場開拓が、需要拡大に貢献している。


●世界の地域別販売量(2003年)
国・エリア 重量ウェイト(%)
日   本 76
北   米 17
欧   州 6
そ の 他 1
合 計 100
出所:富士キメラ総研

2003年における世界の販売量は約4,150トンである。

エリア別には日本の販売量が76%を占め、最大の販売エリアである。

欧州では自動車の軽量化や省エネ効果を狙い、ワイヤハーネスの代替によるFPC化は日本よりも先行している。


■研究開発・技術動向

「ディスプレイ用途等に使用される高分子フィルム開発の特徴と課題」

液晶ディスプレイ等の画像表示装置は薄型、軽量化、大画面化、形状の自由度、曲面表示という要求から、重くて割れやすいガラス基板から、高透明高分子フィルム基板への検討が行われている。

近年では、有機ELに代表される自発光素子の開発が進み、将来的には、液晶ディスプレイのバックライトのように多くの部材を使用する画像表示装置にとって代わろうとしている。

従来、薄いフィルムを用いてガラスの欠点である耐衝撃性を充分なレベルで改良し、かつ透明性、ハードコートや粘着剤への接着性に優れた高分子フィルムを提供することは非常に困難であった。

ディスプレイ用途に使用される高分子フィルムは、用途に応じて,ガスバリア層、導電体層、半導体層、発光体層などが積層される。これらの層の積層においては、蒸着、イオンプレーティング、スパッタ、プラズマCDV等々の手法が用いられる。

上記手法では、フィルムがかなりの高温にさらされるため、フィルムの熱収縮に機能層を堆積する際、あるいは堆積した後に積層体にひびが入ったり、逆にシワが寄ることで積層体を破壊されるなどして十分な機能を発揮できなくなることが課題となっている。

そこで、透明性、寸法安定性、耐衝撃性、強度・剛性・耐熱性、熱や低温による収縮率や膨張係数が極めて小さい特性を持つPENフィルムは、次世代ディスプレイを構成する1つの素材として注目されている。


■参入企業とメーカーシェア(2003年)

メーカー名 シェア(%)
帝人デュポンフィルム 100.0
合 計 100.0
出所:富士キメラ総研

日本国内のPENフィルム市場は、帝人デュポンフィルム1社の独占状態になっている。

国内の生産拠点は、岐阜工場と宇都宮事業所の2工場に分散した供給体制をしいている。


■今後の動向

PENフィルムは、磁気テープやAPSフィルム等の既存用途に加え、自動車、IT、光学関連分野に対する新規の用途開拓が積極的であり、同フィルム市場は堅調推移が予測されている。

近年、PENフィルムは、有機半導体デバイスのフレキシブルな基板素材として注目を浴びており、フレキシブルディスプレイの有機EL(OLED)、電子ペーパーや色素増感太陽電池(DSC)、RFID(無線タグ・ICタグ)、各種センサなど、先進的な応用分野への採用が今後期待されている。

参考文献:「2004年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望」」
(2004年6月4日:富士キメラ総研)


戻る