ポリカーボネート(PC)コンパウンドの市場動向

マーケット情報TOP
プラスチックコンパウンド市場
プラスチックコンパウンドの市場規模予測(2002〜2008年)(総論)
[汎用エンプラ]
ポリカーボネート(PC)
ポリブチレンテレフタレート(PBT)
ポリアミド6(PA6)
ポリアミド66(PA66)
変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)
ポリアセタール(POM)
GF-PET樹脂
[スーパーエンプラ]
ポリフェニレンサルファイド(PPS)
液晶ポリマー(LCP)
ポリアミドMXD-6 (PA-MXD6)
フッ素樹脂
ポリアミド9T(PA9T)
■PC樹脂とPCコンパウンドの市場概要

●国内PC樹脂全体の市場規模推移及び予測(2002〜2008年:ニートレジンベース)
(単位:t、%)
  2002年 2003年
見込
2004年
予測
2005年
予測
2006年
予測
2007年
予測
2008年
予測
販売数量 251,000 261,000 271,000 282,000 290,000 299,000 308,000
前年比 104.0 103.8 104.1 102.8 103.1 103.0
出所:富士経済
2002年国内ポリカーボネート(PC)樹脂の需要量は25.1万tである。PC樹脂は2003年以降、需要量が年間9,000t前後のペースでコンスタントに増加しており、2008年は30.8万tに拡大すると推定している。


●国内PCコンパウンドの市場規模推移及び予測(2002〜2008年:レジンベース)
(単位:t、%)
  2002年 2003年
見込
2004年
予測
2005年
予測
2006年
予測
2007年
予測
2008年
予測
販売数量 103,000 106,000 109,000 112,000 115,000 118,000 122,000
前年比 102.9 102.8 102.8 102.7 102.6 103.4
出所:富士経済
金額ベースでは、2002年が535億円、2008年は640億円(2002年比1.20倍)に市場拡大する見通しである。

PCコンパウンドの最終需要家(家電、OA機器のハウジングメーカー)は、中国地域を中心に海外へ生産拠点をシフトしているため、光学用途では台湾、家電・OA機器は中国、自動車部品は日本、タイ、中国など、それぞれに需要地が移行しつつある。


●コンパウンドと非コンパウンドの需要構成(2002年:ニートレジンベース)
  コンパウンド 非コンパウンド 合計 備考
(コンパウンドの対象)
需要量 103,000t 148,000t 251,000t コンパウンドは、GF、CF、無機フィラー、アロイとする。
ウェイト 41.00% 59.00% 100.00%  
出所:富士経済
国内市場では、汎用品から特殊品に需要がシフトしており、コンパウンドウェイトが増加している。

コンパウンド製品では、非ハロゲン難燃グレード、ABS、HIPSとのアロイグレードの増加が見込まれる。


■需要構成(2002年:レジンベース)

●コンパウンド形態別需要構成
コンパウンド形態 販売量(t) 販売量ウェイト(%)


PC/ABS 47,000 45.7
PC/PBT 9,000 8.7
アロイ、他 11,000 10.7
GF 34,000 33.0
CF 2,000 1.9
無機フィラー
合計 103,000 100
出所:富士経済
PCコンパウンドの中では、アロイが最も販売数量が多い。アロイは、PC/ABS、PC/PET、PC/PBTの形態で販売展開されており、中でもPC/ABSの販売量が最も多い。

●用途別需要構成(2002年:ニートレジンベース)
コンパウンドの用途 販売量(t) 販売量ウェイト(%)
電気・電子機器 83,000 80.6
自動車 14,000 13.6
産業機器、その他 6,000 5.8
合計 103,000 100
出所:富士経済
ユーザーが海外生産にシフトしている中で、PC/ABSはコスト競争力と応用性が優れているため、各分野で採用されている。

電気・電子機器では、PC/ABSの耐衝撃性、耐熱性、寸法安全性を活かし、携帯電話(ボタン、ハウジング等)、パソコンのハウジング用途への採用が多い。自動車では、PC/PBTがドアハンドル等に使用されていたが、需要は横這い傾向にある。PC/ABSは、コンソールボックス等に採用されている。

■研究開発・技術動向

企業名 技術開発 技術概要
三菱エンジニアリングプラスチックス 難燃性を改善したPC樹脂組成物を開発 同社は、1.2mm以下の薄肉成形品において、難燃性、耐衝撃性、熱安定性に優れたPC樹脂組成物を開発している。

薄肉成形加工を可能にするPCコンパウンドには、芳香族PC樹脂に、ゴム含有スチレン/(メタ)アクリロニトリル系共重合体、液状燐系難燃剤、ポリフルオロエチレンが配合されている。

【用途】
電気・電子機器や精密機械分野の大型成形品、薄肉成形品の生産材料として適性がある。


■参入企業とメーカーシェア(2002年:コンパウンドベース)

メーカー名 販売量ウェイト(%)
三菱エンジニアリングプラスチックス 24
帝人化成 24
日本ジーイープラスチックス 22
出光石油化学 19
住友ダウ 11
合 計 100
出所:富士経済
日本ジーイープラスチックスは、PC/ABSアロイが強いためコンパウンド比率が高い。

出光石油化学は、国内市場ではほぼ全量コンパウンド品であり、主製品は難燃アロイである。

■今後の動向
PCコンパウンド市場は、汎用品から特殊品にシフトしているため、コンパウンドウェイトが増加している。

特に環境対応グレードとして、リサイクル法が適用されている家電・OA機器のハウジング向けに、非ハロゲン難燃グレード、シリコーン難燃、アロイ化等で、今後需要増加が見込まれている。

参考文献:「2003年 プラスチックコンパウンド市場の全貌とグローバル戦略」
(2003年3月17日:富士経済)

「ポリカーボネート(PC)」の製品検索へ


戻る