ポリアミド6(PA6)コンパウンドの市場動向

マーケット情報TOP
プラスチックコンパウンド市場
プラスチックコンパウンドの市場規模予測(2002〜2008年)(総論)
[汎用エンプラ]
ポリカーボネート(PC)
ポリブチレンテレフタレート(PBT)
ポリアミド6(PA6)
ポリアミド66(PA66)
変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)
ポリアセタール(POM)
GF-PET樹脂
[スーパーエンプラ]
ポリフェニレンサルファイド(PPS)
液晶ポリマー(LCP)
ポリアミドMXD-6 (PA-MXD6)
フッ素樹脂
ポリアミド9T(PA9T)
■PA6樹脂とPA6コンパウンドの市場概要

●国内PA6樹脂全体の市場規模推移及び予測(2002〜2008年:ニートレジンベース)
(単位:t、%)
  2002年 2003年
見込
2004年
予測
2005年
予測
2006年
予測
2007年
予測
2008年
予測
販売数量 118,000 124,000 130,000 137,000 144,000 151,000 159,000
前年比 105.1 104.8 105.4 105.1 104.9 105.3
出所:富士経済
PA6樹脂の国内需要は、特に中国を中心としたアジア地域の需要回復を背景に、2002年は11.8万tに回復した。

食品包装のフィルム用途とインテークマニホールド等の自動車部品がPA6樹脂市場を牽引しており、2003年以降は、数量ベースで前年比5%前後の伸長率で推移する見通しである。


●国内PA6コンパウンドの市場規模推移及び予測(2002〜2008年:コンパウンドベース)
(単位:t、%)
  2002年 2003年
見込
2004年
予測
2005年
予測
2006年
予測
2007年
予測
2008年
予測
販売数量 89,000 92,000 95,000 98,000 101,000 104,000 107,000
前年比 103.4 103.3 103.2 103.1 103.0 102.9
出所:富士経済
2002年のPA6コンパウンド市場は、数量ベースで8.9万t、金額ベースでは360億円である。

2008年の同市場は数量ベースで10.7万t、金額では420億円(2002年比1.17倍)に拡大する見通しである。

市場の伸び率は2003年以降、数量ベースで前年比3%前後の伸長率で、安定成長を予測している。


●コンパウンドと非コンパウンドの需要構成(2002年:ニートレジンベース)
(単位:t、%)
  コンパウンド 非コンパウンド 合計 備考(コンパウンドの対象)
需要量 71,000t 47,000t 118,000t GF、CF、無機フィラー、難燃、アロイ(PA/ゴム、PA/PP、PA/PPE、PA/ABS)グレードをコンパウンドとする。
ウェイト 60.2% 39.8% 100.0%
出所:富士経済
PA6コンパウンドの需要量は、ニートレジンベースで7.1万t/年であるが、コンパウンドベースに換算すると8.9万t/年である。


■コンパウンド形態と需要構成(2002年:ニートレジンベース)

コンパウンド形態 販売量(t) 販売量ウェイト(%)
着色のみ 47,000 39.8
機能性 GF強化 47,000 39.8
難燃+GF強化 14,000 11.9
アロイ 9,000 7.6
無機 1,000 0.9
合 計 118,000 100.0
出所:富士経済
需要増加が期待されるコンパウンド形態は、着色のみ(ナチュラルグレード)とGF強化グレードである。

ナチュラルグレードは、フィルム・押出成形用途(食品包装用)に採用され、GF強化グレードはインテークマニホールド(自動車部品用)に使用されている。

機能性コンパウンドは、GF強化グレードが主体であり、30%グレードが多く自動車部品に採用されている。

アロイではPA/PPE、PA/ゴムが多く、PA/PPの採用は少ない。自動車部品用途(ホイールキャップ等)に多く採用されている。

●用途別需要動向(2002年:コンパウンドベース)
コンパウンドの用途 販売量(t) 販売量ウェイト(%)
自動車部品 36,000 40.5
電気・電子部品 23,000 25.8
産業機械部品 11,000 12.4
その他射出成形品 19,000 21.3
合 計 89,000 100.0
出所:富士経済
PA6コンパウンドは、自動車部品、電気・電子部品、産業機械部品用途の需要が大きい。

自動車部品では、GF強化グレードが最も多く、次いでアロイグレードが25%程度を占めている。

電気・電子部品では、GF強化が50%、GF強化+難燃が40%程度採用され、各種コネクタ等に使用されている。

産業機械部品では、GF強化が80%、アロイが20%程度採用され、電動工具部品等に用いられているが、近年、ユーザーの海外シフトが進み、国内需要は減少傾向にある。

■研究開発・技術動向

企業名 技術開発 技術概要
三菱エンジニアリングプラスチックス 透明・難燃性PAフィルムを開発 同社は、焼却性、環境性、引き裂き性、機械的強度等を兼ね備え、透明性に優れた難燃性PAフィルムを開発している。難燃性PAフィルムは、PAコンパウンド(PA樹脂中に分散されたトリアジン系難燃剤を含む)を押出成形することによって製造されている。PA樹脂は、難燃性、機械的強度、成形性の観点から、PA6、共重合PA等が適している。

【透明・難燃性PAフィルムの用途】
透明性に優れた難燃性PAフィルムは、住居、倉庫、テント、発電所等の建築物や自動車等を覆うフィルム、火花を嫌う現場の仮設ハウスの壁材等の用途に利用できる。


■参入企業とメーカーシェア(2002年:コンパウンドベース)

メーカー名 販売量ウェイト(%)
宇部興産 29
東レ 27
三菱エンジニアリングプラスチックス 23
BASF 9
ユニチカ 7
その他 5
合 計 100
出所:富士経済
宇部興産は、ナイロン6樹脂の原料であるカプロラクタム事業をコア事業に掲げており、樹脂からコンパウンドまで包括したナイロンチェーンのグローバル展開を図っている。

東レは自動車部品用途を中心にPA6、66事業を展開し、ユーザーニーズを重視した顧客対応によって、国内では上位に位置している。

三菱エンプラは難燃グレードに注力し、電気・電子部品向けに展開している。

■今後の動向

PA6コンパウンド市場は、食品用フィルム包装、壁材、自動車用ランプ周辺のポリマーアロイ部品等の用途で、新たな需要増加が見込まれている。

参考文献:「2003年 プラスチックコンパウンド市場の全貌とグローバル戦略」
(2003年3月17日:富士経済)


戻る