ポリアミド66(PA66)コンパウンドの市場動向

マーケット情報TOP
プラスチックコンパウンド市場
プラスチックコンパウンドの市場規模予測(2002〜2008年)(総論)
[汎用エンプラ]
ポリカーボネート(PC)
ポリブチレンテレフタレート(PBT)
ポリアミド6(PA6)
ポリアミド66(PA66)
変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)
ポリアセタール(POM)
GF-PET樹脂
[スーパーエンプラ]
ポリフェニレンサルファイド(PPS)
液晶ポリマー(LCP)
ポリアミドMXD-6 (PA-MXD6)
フッ素樹脂
ポリアミド9T(PA9T)
■PA66樹脂とPA66コンパウンドの市場概要

●国内PA66樹脂全体の市場規模推移及び予測(2002〜2008年:ニートレジンベース)
(単位:t、%)
  2002年 2003年
見込
2004年
予測
2005年
予測
2006年
予測
2007年
予測
2008年
予測
販売数量 73,000 74,000 75,000 76,000 77,000 78,000 79,000
前年比 101.4 101.4 101.3 101.3 101.3 101.3
出所:富士経済
2002年の国内PA66樹脂市場は、アジア地域の電気・電子部品需要の回復、自動車部品用途での採用が進み、7.3万tの需要量となった。

自動車用途の需要が60%を超えており、自動車部材の軽量化に伴ってPA66樹脂の採用が増えている。

国内ユーザーの海外生産移行もあり、2003年以降の国内市場は、前年比1%強程度の伸長率が予測されている。

●国内PA66コンパウンドの市場規模推移及び予測(2002〜2008年:コンパウンドベース)
(単位:t、%)
  2002年
2003年
見込
2004年
予測
2005年
予測
2006年
予測
2007年
予測
2008年
予測
販売数量 59,000 60,000 61,000 62,000 63,000 64,000 65,000
前年比 101.7 101.7 101.6 101.6 101.6 101.6
出所:富士経済
2002年の国内PA66コンパウンド市場は5.9万tであり、金額ベースでは354億円である。2008年には数量で6.5万t、金額では390億円(2002年比1.10倍)に増加する見通しである。

旭化成と東レは、国内生産から海外供給のグローバル体制の構築を図っている。今後、プラスチックコンパウンドによる自動車部品の需要が高まる中、ユーザーが海外生産にシフトするため、国内PA66コンパウンド市場は、年率1〜2%の伸長率で推移すると見ている。

●コンパウンドと非コンパウンドの需要構成(2002年:ニートレジンベース)
(単位:t、%)
  コンパウンド 非コンパウンド 合計 備考(コンパウンドの対象)
需要量 47,000t 26,000t 73,000t コンパウンドは、GF、無機フィラー、難燃、CF等とする。非コンパウンドは、前述以外で2次加工を行わないグレードとする。
ウェイト 64.4% 35.6% 100.0%
出所:富士経済
PA66コンパウンドの需要量は、ニートレジンベースで4.7万t/年であるが、コンパウンドベースに換算すると5.9万t/年である。

近年、PA66樹脂はアロイ化や電子部品のSMT(表面実装技術)化が進展しており、電子部品による難燃グレードの需要増加等によって、コンパウンドのウェイトが上昇している。

■コンパウンド形態と需要構成(2002年:ニートレジンベース)

コンパウンド形態 販売量(t) 販売量ウェイト(%)
着色のみ 26,000 35.6
機能性 GF強化 26,000 35.6
GF強化+難燃 17,000 23.3
GF+無機フィラー 1,500 2.1
その他 2,500 3.4
合 計 73,000 100.0
出所:富士経済
需要増加が見込めるのは、PA66/PPEと環境対応型の難燃ノンハロゲングレードである。PA66/PPEは、その他グレードに含まれている。需要先は、自動車部品の電気系統リレー、フロントフェンダー等の用途で採用されている。

難燃グレードは、PA6よりもPA66の販売数量が多く、コネクタ、スイッチ等の電気・電子部品用途で使用されている。

●用途別需要動向(2002年:コンパウンドベース)
コンパウンドの用途 販売量(t) 販売量ウェイト(%)
自動車部品 27,000 45.8
電気・電子部品 20,000 33.9
その他 12,000 20.3
合 計 59,000 100.0
出所:富士経済
自動車部品では、GF強化、アロイグレードが用いられている。PA66樹脂の耐油性、耐熱性、耐薬品性に優れた特性を活かし、エンジンカバー、ラジエーターカバー等の部品に使用されている。

電気・電子部品では、GF強化、GF強化+難燃グレードが採用され、機構部品の中ではSMT化が進んでいるコネクタ(角型コネクタ、等)、操作性スイッチ等で使用実績がある。

■研究開発・技術動向

企業名 技術開発 技術概要
宇部興産 高温環境下で、物性が低下しない自動車用PA66コンパウンドを開発 同社は、自動車のエンジンルームやエンジン冷却水系部品と接触する高温環境下において、材料特性の低下が少なく、耐塩化カルシウム性、耐不凍液性、低吸水性、製品外観性、溶着性、ウエルド強度に優れたPA66コンパウンドを開発した。同PA66コンパウンドは、PA66、芳香族ポリアミド樹脂、PA12、無機充填材から構成されている。

【PA66コンパウンドの用途】
ラジエタータンク部品(ラジエタータンクのトップやベース等)、冷却液リザーブタンク、ウォーターパイプ、ウォーターポンプハウジング、ウォーターポンプインペラ、バルブ等のウォーターポンプ部品への適用が可能である。


■参入企業とメーカーシェア(2002年:コンパウンドベース)

メーカー名 販売量ウェイト(%)
旭化成 37
東レ 36
デュポン 20
ユニチカ 3
その他 4
合 計 100
出所:富士経済
旭化成は、原料一貫型の生産体制を構築し、コスト競争力を高めている。同社は、m-PPEも製造しており、アロイグレード(PA66/PPE)の需要が高まっている。

東レはユーザーの要望に応えながら、全需要分野に対してPA6、PA66を供給している。環境対応型製品として、フルカラー対応の非ハロゲン難燃PAを開発し、高電圧用コネクタ用途に販売している。

デュポンの宇都宮製造所では、PA66以外にPA6、PA12、PBT、LCP、HTN等のコンパウンドも行っている。

■今後の動向

PA66コンパウンドは、自動車部品用途の需要が増加しており、同用途が今後も市場を牽引していく。

将来的には、住宅建材、産業機器向けの新規用途を開拓しつつある中、年率1〜2%程度の伸長率で推移すると予測している。

参考文献:「2003年 プラスチックコンパウンド市場の全貌とグローバル戦略」
(2003年3月17日:富士経済)


戻る