変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)コンパウンドの市場動向

マーケット情報TOP
プラスチックコンパウンド市場
プラスチックコンパウンドの市場規模予測(2002〜2008年)(総論)
[汎用エンプラ]
ポリカーボネート(PC)
ポリブチレンテレフタレート(PBT)
ポリアミド6(PA6)
ポリアミド66(PA66)
変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)
ポリアセタール(POM)
GF-PET樹脂
[スーパーエンプラ]
ポリフェニレンサルファイド(PPS)
液晶ポリマー(LCP)
ポリアミドMXD-6 (PA-MXD6)
フッ素樹脂
ポリアミド9T(PA9T)
■m-PPE樹脂とm-PPEコンパウンドの市場概要

変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)樹脂は、PPEの技術を基にスチレン系樹脂等とアロイ化することにより、成形加工性を改良した変性品であり、そのバランスのとれた諸特性から、事務機器、自動車、電気・電子部品、給排水機器、医療機器等、幅広い分野で採用されている。

●国内m-PPEコンパウンドの市場規模推移及び予測
(2002〜2008年:コンパウンドベース)
(単位:t、%)
  2002年 2003年
見込
2004年
予測
2005年
予測
2006年
予測
2007年
予測
2008年
予測
販売数量 42,000 44,000 45,000 46,000 47,000 49,000 51,000
前年比 104.8 102.3 102.2 102.2 104.3 104.1
出所:富士経済
2002年のm-PPEコンパウンド市場は、数量ベースでは4.2万t、金額では130億円である。2008年の国内市場は、148億円(2002年比1.14倍)に拡大する見通しである。

m-PPEコンパウンドは、需要の海外シフトに合わせ、早くから生産の海外シフトが進んでおり、今後も世界需要は増加傾向にある一方で、国内市場は微増にとどまると予測している。

2002年12月、三菱エンジニアリングプラスチックスは四日市工場を閉鎖し、生産拠点をシンガポール工場にシフトさせている。

●コンパウンドと非コンパウンドの需要構成(2002年:コンパウンドベース)
(単位:t、%)
  コンパウンド 非コンパウンド 合計 備考(コンパウンドの対象)
需要量 42,000t 0t 42,000t m-PPEは、PPEと他の樹脂(PS、PA、PP等)とのアロイ製品であるため、全てコンパウンドである。
ウェイト 100.0% 0% 100.0%
出所:富士経済

■コンパウンド形態と需要構成(2002年:コンパウンドベース)

コンパウンド形態 販売量ウェイト(%)
アロイ PPE/PS 77
PPE/PA 17
PPE/PP 5
PPE/PPS 1
PPE/LCP
合 計 100
出所:富士経済
国内ではPS系樹脂とのアロイ製品が80%近い実績があり、またPAとは15%強を占めている。

PPE/PAは、自動車用途に使用されておりPA6のウェイトが多い。近年はPA66の需要が増加している。

PPE/PPは、電池ケース、自動車部品、給排水機器用途に使用され、今後の増加が見込まれている。

コンパウンド形態 販売量ウェイト(%)
機能性 非強化 76
難燃+GF強化 17
GF強化+フィラー 7
合 計 100
出所:富士経済
非強化グレードの販売量が最も多いのは、PPE/PSが電気・電子部品(主にアダプタ)用途に、使用されているためである。

難燃+GF強化グレードは、家電・OA機器のシャーシ用途に使用されているが、近年セットメーカーの海外シフトにより減少傾向にある。

GF強化+フィラーは、水回り用途、自動車向けに使用されている。

●用途別需要動向(2002年:コンパウンドベース)
コンパウンドの用途 販売量ウェイト(%)
家電・OA機器 57
自動車部品 29
工業用途 14
合 計 100
出所:富士経済
m-PPEコンパウンドはリサイクル性に優れており、主に家電・OA機器のシャーシ部品に採用されている。プリンターでは、キヤノンを始め大手メーカーの中国生産比率が高まりつつあり、国内需要は減少傾向にある。

自動車部品では、PPE/PSはイグニッションコイル等で使用実績があり、PA/PPEアロイはリレーブロック材、ドアハンドル等に使用されている。

■研究開発・技術動向

企業名 技術開発 技術概要
日本ジーイープラスチックス m-PPE系樹脂管用接着剤を開発 同社は、PVC系樹脂とm-PPE系樹脂の双方に使用できるm-PPE系樹脂管用接着剤を開発した。

m-PPE系樹脂管用接着剤は、m-PPE系樹脂管同士の接着、PVC系樹脂管の接着、m-PPE系樹脂管とPVC系樹脂管との接着に適している。近年、PVCに替わる樹脂管材が種々提案されている。例えば、PPE系樹脂とPS系樹脂を含むm-PPE系樹脂製の管材は、PVC管材と同等の材料特性を持ち、管材の資源リサイクルが可能であるため、PVC管の代替品として注目されている。

特に、m-PPE系樹脂管や継ぎ手を接合する場合、m-PPE系樹脂管用接着剤を使用すれば、接着剤の除去作業が不要となり、管材の資源リサイクルが容易に行うことができる。


■参入企業とメーカーシェア(2002年:コンパウンドベース)

メーカー名 販売量ウェイト(%)
日本ジーイープラスチックス 57
旭化成  (ザイロン) 26
三菱エンジニアリングプラスチックス 12
住友化学 5
合 計 100
出所:富士経済
日本ジーイープラスチックスは、現地法人のネットワーク化により世界同一品質のコンパウンド供給が可能である。同社は、アメリカ、ヨーロッパ、アジア系のユーザーに対して、グローバルサプライヤーとしての地位を築いている。

■今後の動向

m-PPEコンパウンドの世界市場は、家電・OA機器、自動車分野を中心に増加傾向にある一方で、国内市場は、家電・自動車メーカーの海外生産シフトにより、その伸長率は微増にとどまると推定している。

今後の有望用途は、リサイクル性の訴求から自動車部品(フェンダー等)などで、需要が見込まれている。

参考文献:「2003年 プラスチックコンパウンド市場の全貌とグローバル戦略」
(2003年3月17日:富士経済)


戻る