ポリアセタール(POM)コンパウンドの市場動向

マーケット情報TOP
プラスチックコンパウンド市場
プラスチックコンパウンドの市場規模予測(2002〜2008年)(総論)
[汎用エンプラ]
ポリカーボネート(PC)
ポリブチレンテレフタレート(PBT)
ポリアミド6(PA6)
ポリアミド66(PA66)
変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)
ポリアセタール(POM)
GF-PET樹脂
[スーパーエンプラ]
ポリフェニレンサルファイド(PPS)
液晶ポリマー(LCP)
ポリアミドMXD-6 (PA-MXD6)
フッ素樹脂
ポリアミド9T(PA9T)
■POM樹脂とPOMコンパウンドの市場概要

●国内POM樹脂全体の市場規模推移及び予測(2002〜2008年:ニートレジンベース)
(単位:t、%)
  2002年 2003年
見込
2004年
予測
2005年
予測
2006年
予測
2007年
予測
2008年
予測
販売数量 82,000 84,000 85,000 86,000 86,000 87,000 88,000
前年比 102.4 101.2 101.2 100.0 101.2 101.1
出所:富士経済
国内のPOM樹脂市場は、2004年を境に輸出・輸入分とも鈍化すると予測している。その要因は海外生産が本格化し、国内製品が価格競争で劣勢となるためである。

自動車、電気・電子ユーザーの海外生産シフトが進む中、国内参入各社は、新規用途の開拓、ナノコンポジット等、応用技術の開発が求められている。

●国内POMコンパウンドの市場規模推移及び予測(2002〜2008年:コンパウンドベース)
(単位:t、%)
  2002年 2003年
見込
2004年
予測
2005年
予測
2006年
予測
2007年
予測
2008年
予測
販売数量 17,000 18,000 19,000 20,000 21,000 22,000 23,000
前年比 105.9 105.6 105.3 105.0 104.8 104.5
出所:富士経済
2002年のPOMコンパウンド市場は、数量ベースで1.7万t、金額では85億円である。2008年は110億円(2002年比1.29倍)に拡大する見通しである。

POMコンパウンドは、自動車部品と電気・電子部品が主な需要先であり、摺動性や剛性を必要とする部品に採用されている。グレード的には、ガラス強化(GF)製品の需要が多くなっている。

●コンパウンドと非コンパウンドの需要構成(2002年:ニートレジンベース)
(単位:t、%)
  コンパウンド 非コンパウンド 合計 備考(コンパウンドの対象)
需要量 15,500t 66,500t 82,000t コンパウンドは、GF、CF、無機フィラー、アロイとする。
ウェイト 18.9% 81.1% 100.0%
出所:富士経済
POMコンパウンドの需要量は、ニートレジンベースで1.55万t/年であるが、コンパウンドベースに換算では1.7万t/年となる。

POMは、機械特性、耐摩擦・磨耗特性が優れており、その特性を活かしたナチュラルグレードのウェイトが高い。

■コンパウンド形態と需要構成(2002年:レジンベース)

コンパウンド形態 販売量(t) 販売量ウェイト(%)
ナチュラル 着色 65,900 80.4
耐候性G 600 0.7
機能性 GF強化 10,000 12.2
摺動G 2,500 3.0
アロイ、変性 1,500 1.8
CF 1,000 1.2
無機フィラー 500 0.6
耐衝撃G 僅少
合 計 82,000 100.0
出所:富士経済
ナチュラルグレード(非強化)では耐候性グレードの需要が増加している。

GF強化は、機能性コンパウンドの中では最も販売量が多いが、部品メーカーの海外生産シフトの影響により、需要量は横這いで推移している。

需要が増加しているグレードはアロイ、変性、CF、無機フィラーである。アロイは主にポリウレタンのアロイ化が占めている。

●用途別需要動向(2002年:コンパウンドベース)
コンパウンドの用途 販売量(t) 販売量ウェイト(%)
自動車部品 8,000 47.1
電気・電子部品 6,500 38.2
産業機器部品、その他 2,500 14.7
合計 17,000 100.0
出所:富士経済
POMコンパウンドの用途は、主に自動車部品と電気・電子部品が挙げられる。

機能性POMコンパウンドの用途は、モジュール化する自動車の燃料ポンプや、クリップ、ファスナーななどの内装材に採用されている。自動車部品では、GFをはじめ、CF、アロイのウェイトが増加傾向にある。

電気・電子部品では、摺動性、機械強度を活かした各種OA機器のギア等に使用されている。

■研究開発・技術動向
ポリプラスチックスが開発した「少量の難燃剤による難燃性POMパウンドを開発」の概要は、技術開発レベルの動向であり、現在、同コンパウンドにつきましては製品化されておりません。誤解を避けるため、前記の開発動向を本日(2006年3月13日)削除いたします。

■参入企業とメーカーシェア(2002年:コンパウンドベース)

メーカー名 販売量ウェイト(%)
ポリプラスチックス(ジュラコン(TM) 58
三菱エンジニアリングプラスチックス 18
デュポン 15
その他 9
合 計 100
出所:富士経済
電気・電子部品メーカーの生産拠点が海外にシフトしている中、ポリプラスチックスは国内の自動車分野の販売に注力している。デュポンは産業機器部品及びその他の用途開拓を展開している。

■今後の動向

国内需要の低迷、セットメーカーの海外シフトが続いており、国内POMメーカーは汎用品より特殊グレード品の技術開発及び上市に注力している。

POMコンパウンド市場は新規の用途開拓が求められており、今後国内では、特殊グレード品の需要増加が見込まれている。

参考文献:「2003年 プラスチックコンパウンド市場の全貌とグローバル戦略」
(2003年3月17日:富士経済)

「ポリアセタール(POM)」の製品検索へ


戻る