GF強化ポリエチレンテレフタレート(GF-PET)コンパウンドの市場動向

マーケット情報TOP
プラスチックコンパウンド市場
プラスチックコンパウンドの市場規模予測(2002〜2008年)(総論)
[汎用エンプラ]
ポリカーボネート(PC)
ポリブチレンテレフタレート(PBT)
ポリアミド6(PA6)
ポリアミド66(PA66)
変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)
ポリアセタール(POM)
GF-PET樹脂
[スーパーエンプラ]
ポリフェニレンサルファイド(PPS)
液晶ポリマー(LCP)
ポリアミドMXD-6 (PA-MXD6)
フッ素樹脂
ポリアミド9T(PA9T)
■GF-PET樹脂とGF-PETコンパウンドの市場概要

GF強化ポリエチレンテレフタレート(GF-PET)樹脂は、電気・電子分野では寸法精度、難燃性と強度、自動車分野では剛性と軽量化が要求される。これら相反するニーズを最大限両立させるため、前者では無機フィラーを、後者ではガラス繊維を配合し、ユーザーサイドのニーズに応えている。

一方で環境問題への対応から、回収PETボトルや使用済み電部品等のPET樹脂を用いた再生GF-PET樹脂が開発されている。ただ、家電部品は他素材と組み合わせた小型部品が多く、回収量の安定化や分別面での課題が残されている。

環境負荷物質に対する規制がユーザーサイドからも厳しくなっており、GF-PETコンパウンドも難燃剤をハロゲンフリー化した製品が開発・上市されている。

●国内GF-PETコンパウンドの市場規模推移及び予測
(2002〜2008年:コンパウンドベース)(単位:t、%)
  2002年 2003年
見込
2004年
予測
2005年
予測
2006年
予測
2007年
予測
2008年
予測
販売数量 18,000 18,200 18,400 18,600 18,800 19,000 19,200
前年比 101.1 101.1 101.1 101.1 101.1 101.1
出所:富士経済
2002年のGF-PETコンパウンド市場は、数量ベースで1.8万t、金額では80億円である。2008年には92億円(2002年比1.15倍)に拡大する見通しである。

国内GF-PETコンパウンド需要は、電機・電子、家電・OA分野が減少傾向にある一方、自動車分野は堅調であり、剛性、外観性、低コスト等の特性を活かし、外装部品(ドアミラーステイ等)、モータ関連部品用途で他素材からの代替が進んでいる。

●コンパウンドと非コンパウンドの需要構成(2002年:コンパウンドベース)
(単位:t、%)
  コンパウンド 非コンパウンド 合計 備考(コンパウンドの対象)
需要量 18,000t 0t 18,000t GF-PETは、全てコンパウンド製品として出荷されている。
ウェイト 100.0% 0% 100.0%
出所:富士経済

■コンパウンド形態と需要構成(2002年:コンパウンドベース)

コンパウンド形態 販売量ウェイト(%)
機能性 GF強化 41
無機フィラー+GF強化 59
合 計 100
出所:富士経済
電気・電子部品用途は、難燃性や寸法精度が要求され、難燃剤や低ソリ性を持たせる無機フィラーを添加したGF30%グレードが採用されている。

高剛性が要求される自動車分野では、ガラス繊維の配合率の高い製品(GF40%グレード)が多い。

●用途別需要動向(2002年:コンパウンドベース)
コンパウンドの用途 販売量ウェイト(%)
自動車分野 35
家電・OA機器 23
産業機器部品 22
電気・電子部品 20
合計 100
出所:富士経済
自動車分野のドアミラーステイ等の外装部品はPAの代替で使用されており、モータ関連部品はフェノール樹脂等や金属(アルミニウムやマグネシウム等)からの代替が進んでいる。

電気・電子、家電・OA機器用途は、難燃性や耐熱性を向上させる設計となっている。

■製品開発・技術動向

企業名 製品名 製品・技術概要
カネカ 「ハイパー
ライトR」
【特徴】
同社のハイパーライトRは、主原料にPETボトルリサイクル原料が100%使用しているため、再生材使用比率の上昇が期待されており、循環型社会構築に貢献できる改質型PET樹脂製品である。同社は、異物除去ラインを導入することにより、異物混入を低減した「PETボトルリサイクルフレーク」の生産を可能にしている。

ハイパーライトRの種類 【射出成型用改質PET樹脂タイプ】
耐熱性、剛性、電気特性、耐溶剤性等が優れており、OA機器・部品、家電外装・内装部品、電気・電子部品、自動車外装・内装部品等、幅広い用途に使用できる。(高剛性、超低ソリ、導電・静電防止、高光沢、難燃グレードの製品を品揃えしている。)

【押出し成型用改質PET樹脂タイプ】
独自のコンパウンド技術で、PETボトルリサイクル材の押出し成型により、脱PVC、シックハウス対応建材の用途に使用できる。


■参入企業とメーカーシェア(2002年:コンパウンドベース)

メーカー名 販売量ウェイト(%)
デュポン 42
ウィンテックポリマーFR-PET(R)) 22
東洋紡績 21
カネカ 12
その他 3
合 計 100
出所:富士経済
デュポンは国内市場については自動車分野、電気・電子分野で高いシェアとなっている。

ウィンテックポリマーでは国内販売と輸出の販売比率は1対1である。

東洋紡績は回収ペットボトルをベースレジンとした製品をラインナップしている。

カネカ(2004年9月1日、鐘淵化学工業は†カネカに社名変更した)は、ノンハロゲン・ノンリンタイプの製品を品揃えしている。

■今後の動向

自動車分野では、部品の軽量化・環境配慮というトレンドから、他素材からの代替需要は今後も拡大していくと予測している。GF-PETコンパウンド市場は、新規分野への展開が今後の課題となっている。

GF-PETコンパウンドメーカーは、ユーザーに対して素材のみの提供だけではなく、アッセンブリー技術までを包括した事業展開が今後とも必要である。

参考文献:「2003年 プラスチックコンパウンド市場の全貌とグローバル戦略」
(2003年3月17日:富士経済)


戻る