ポリフェニレンサルファイド(PPS)コンパウンドの市場動向

マーケット情報TOP
プラスチックコンパウンド市場
プラスチックコンパウンドの市場規模予測(2002〜2008年)(総論)
[汎用エンプラ]
ポリカーボネート(PC)
ポリブチレンテレフタレート(PBT)
ポリアミド6(PA6)
ポリアミド66(PA66)
変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)
ポリアセタール(POM)
GF-PET樹脂
[スーパーエンプラ]
ポリフェニレンサルファイド(PPS)
液晶ポリマー(LCP)
ポリアミドMXD-6 (PA-MXD6)
フッ素樹脂
ポリアミド9T(PA9T)
■PPS樹脂とPPSコンパウンドの市場概要

ポリフェニレンサルファイド(PPS)樹脂は、耐熱性が極めて高く(荷重たわみ温度が260℃以上)、機械的強度、剛性、難燃性(自己消火性がある)、電気的特性、寸法安定性、耐クリープ性が優れている。

●国内PPSコンパウンドの市場規模推移及び予測(2002〜2008年:コンパウンドベース)
(単位:t、%)
  2002年 2003年
見込
2004年
予測
2005年
予測
2006年
予測
2007年
予測
2008年
予測
販売数量 16,000 17,000 18,000 19,000 20,000 21,000 22,000
前年比 106.3 105.9 105.6 105.3 105.0 104.8
出所:富士経済
2002年に入りIT関連の在庫調整の進展・市場の回復から、PPSコンパウンド市場は2000年実績を上回るレベルに回復した。

2002年のPPSコンパウンド市場は、数量ベースでは1.6万t、金額では176億円である。2008年には、242億円(2002年比1.38倍)に拡大する見通しである。

●コンパウンドと非コンパウンドの需要構成(2002年:コンパウンドベース)
(単位:t、%)
  コンパウンド 非コンパウンド 合計 備考(コンパウンドの対象)
需要量 16,000t 0t 16,000t PPSは、GF、GF+無機フィラー、アロイグレードがあり、全てコンパウンド製品である。
ウェイト 100.0% 0% 100.0%
出所:富士経済

■コンパウンド形態と需要構成(2002年:コンパウンドベース)

コンパウンド形態 販売量ウェイト(%)
GF強化+無機フィラー 43
GF強化 41
アロイ 16
合 計 100
出所:富士経済
寸法安定性、曲げ強度、引っ張り強度に優れたGF強化+無機フィラーグレードは、自動車部品を中心に需要が拡大している。

アロイ製品の約8割はPPS/PPE、PPS/m-PPEが占め、近年、光ピックアップ部品の需要拡大を受け、アロイ需要が伸びている。

●用途別需要動向(2002年:コンパウンドベース)
コンパウンドの用途 販売量ウェイト(%)
電気・電子部品 41
自動車部品 39
精密機器・産業機器部品 14
その他 6
合計 100
出所:富士経済
電気・電子部品では優れた耐熱性、寸法精度、剛性等の特性から、コネクター、リレー用途が主力であるが、LCPや耐熱ポリアミドとの素材間競争が激化している。

自動車分野ではコネクターやオルタネータープラッシュホルダー等の用途が中心である。

携帯情報機器の液晶画面の大型化に見られるような、高機能化と軽量・小型化ニーズの両立が求められており、PCや金属(マグネシウム合金等)からの代替が進んでいる。

■研究開発・技術動向

企業名 技術開発 技術特性
住友
ベークライト
熱伝導性に優れ、バリ発生が少ないPPSコンパウンドを開発 同社は、熱放散性、成形加工性、機械的強度、耐熱性に優れ、成形時のバリ発生が極めて少ない、光学部品精密成形用ポリフェニレンサルファイド(PPS)コンパウンドを開発しており、光ピックアップ等の精密部品用途で利用できる。

PPSコンパウンドには、PPS樹脂、ポリフェニレンエーテル(PPE)樹脂、カーボン繊維、黒鉛が配合されている。

従来、記録系光学系部品等の精密部品用途では、アルミダイキャスト、亜鉛ダイキャスト、マグネシウムダイキャスト等の金属が使用されてきたが、高い寸法精度が要求される成形加工の場合は、製品のコストアップにつながるため、近年、エンプラによる代替が進んでいる。
PPSコンパウンドは、複雑な形状でも射出成形で大量生産ができるため、部品の製造コストを低減し、複数部品の一体化により部品点数の削減もできる。

■参入企業とメーカーシェア(2002年:コンパウンドベース)

メーカー名 販売量ウェイト(%)
大日本インキ化学工業DIC-PPS) 35
ポリプラスチックス(フォートロン(TM)) 28
東レ 22
東ソーサスティールPPS) 9
出光石油化学 6
合 計 100
出所:富士経済
PPS事業を強化する東レは、携帯電話等のチップ型積層コンデンサ向けPPSフィルム、耐熱性や耐薬品性、難燃性を活かした高温用バグフィルター、PPS繊維等、コネクター以外の分野に営業展開を図っている。

■今後の動向

PPSコンパウンド需要は、自動車分野では電気自動車、ハイブリッド自動車市場の拡大とPPSの環境性の高さから、パワ−モジュール関連部品で拡大(金属、熱硬化樹脂等の代替)していくと見られる。

欧州では、ハロゲン系難燃剤規制の流れに対応し、競合材料(LCP、耐熱ポリアミド樹脂等)と比較でPPSは環境負荷物質を含まないという優位性があり、PPSコンパウンド需要は今後増えていくと見ている。

参考文献:「2003年 プラスチックコンパウンド市場の全貌とグローバル戦略」
(2003年3月17日:富士経済)


戻る