液晶ポリマー(LCP)コンパウンドの市場動向

マーケット情報TOP
プラスチックコンパウンド市場
プラスチックコンパウンドの市場規模予測(2002〜2008年)(総論)
[汎用エンプラ]
ポリカーボネート(PC)
ポリブチレンテレフタレート(PBT)
ポリアミド6(PA6)
ポリアミド66(PA66)
変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)
ポリアセタール(POM)
GF-PET樹脂
[スーパーエンプラ]
ポリフェニレンサルファイド(PPS)
液晶ポリマー(LCP)
ポリアミドMXD-6 (PA-MXD6)
フッ素樹脂
ポリアミド9T(PA9T)
■液晶ポリマー(LCP)とLCPコンパウンドの市場概要

液晶ポリマーは一般に、溶融状態で液晶性(分子が規則正しく並んだ結晶と、無秩序に並んだ液体の中間に当たる状態)を示すスーパーエンプラである。また耐熱性が高く成形時の流動性が良好であり、固まるにつれて分子が剛直につながるため、強度が要求される精密部品の成形に適している。

●国内LCPコンパウンドの市場規模推移及び予測(2002〜2008年:コンパウンドベース)
(単位:t、%)
  2002年 2003年
見込
2004年
予測
2005年
予測
2006年
予測
2007年
予測
2008年
予測
販売数量 3,500 4,000 4,500 5,000 5,500 6,000 7,000
前年比 114.3 112.5 111.1 110.0 109.1 116.7
出所:富士経済
2002年のLCPコンパウンド市場は、数量ベースで3,500t、金額では約60億円である。2008年には、約111億円(2002年比1.85倍)に拡大する見通しである。

国内市場は、鉛フリーはんだの普及を背景として、住友化学、新日本石油化学が参入しており、SMT(表面実装技術)に対応した、超耐熱化製品の販売展開が期待されている。

●コンパウンドと非コンパウンドの需要構成(2002年:コンパウンドベース)
(単位:t、%)
  コンパウンド 非コンパウンド 合計 備考(コンパウンドの対象)
需要量 3,500t 0t 3,500t LCPは、GF、GF+無機フィラー、CF、アロイ(LCP/PC)のグレードがあり、全てコンパウンド製品として出荷されている。
ウェイト 100.0% 0% 100.0%
出所:富士経済

■コンパウンド形態と需要構成(2002年:コンパウンドベース)

コンパウンド形態 販売量ウェイト(%)
GF 49
GF+無機フィラー 36
CF 9
アロイ 6
合 計 100
出所:富士経済
GF強化グレードのLCPコンパウンドが85%を占め最も多く、次いでCF、アロイが続いている。

●用途別需要動向(2002年:コンパウンドベース)
コンパウンドの用途 販売量ウェイト(%)
電子部品 コネクター 51
光ピックアップ 6
リレー 3
他の電気・電子部品 20
OA機器 13
その他 7
合計 100
出所:富士経済
LCPコンパウンドは、耐薬品性、流動性に優れ、バリの発生がないため精密部品の加工に適している。薄肉、軽量、小型化が進む電気・電子部品材料、特に鉛フリーはんだの普及に伴いSMT関連のコネクター、リレー等に採用されている。

OA機器用途では、耐熱性や寸法精度の特性を活かし、光ピックアップ周辺部品で採用実績がある。

■研究開発・技術動向

企業名 技術開発 技術概要
住友化学 ハロゲン化
アルカリ金属塩含有の
LCPコンパウンド
を開発
住友化学が開発したハロゲン化アルカリ金属塩含有のLCPコンパウンドは、液晶ポリマーに塩化ナトリウム等のハロゲン化アルカリ金属塩を配合することにより、加工性に優れた液晶ポリマーコンパウンドである。

ハロゲン化アルカリ金属塩含有コンパウンドの用途は、デンタルケア製品、保存用食品等の包材等が挙げられ、ガスバリア性、強度、耐熱性、殺菌等の特性が必要とされる分野に適している。
液晶ポリマーは、配向方向に対して垂直方向の弾性率、強度が強く、細長い成形体を加工する際の延伸や流動状態で、分子配向がより強調されるため、折れ難くなり実用的である。

例えば、液晶ポリマーが60重量%未満、塩化ナトリウムが40重量%以上のコンパウンドで試作した爪楊枝は、使用中に折れることが無く、塩化ナトリウムが連続的に存在するため、表面に露出した一部塩化ナトリウムが、歯の表面研磨を行いつつ口中の唾液で溶解されるため、歯茎を引き締める効果を与える。

■参入企業とメーカーシェア(2002年:コンパウンドベース)

メーカー名 販売量ウェイト(%)
ポリプラスチックス(ベクトラ(TM) 35
住友化学 31
東レ 13
デュポン 11
新日本石油化学 10
合 計 100
出所:富士経済
ポリプラスチックスは耐熱性、機械特性が要求されるフレキシブルプリント配線基板用の液晶ポリマーや燃料電池部材の開発を推進する等、用途拡大に力点をおいた事業を展開している。

住友化学は、当該樹脂の機能と生産効率を大幅に向上できる製造方法の開発を推進している。

東レは、流動性、滞留安定性、低ソリ性等の成形性とウエルド強度を向上させた、半芳香族系液晶ポリマーでシェアを拡大している。

■今後の動向

LCPコンパウンドは、耐熱性、流動性の高さを活かし、エポキシ樹脂等の熱硬化性樹脂の代替素材として検討されているが、接着性に関して難点であり今後の課題となっている。

電気・電子機器用途では小型化、薄肉化の流れを受け、競合他素材との棲み分けが顕著になっていくと見ている。

参考文献:「2003年 プラスチックコンパウンド市場の全貌とグローバル戦略」
(2003年3月17日:富士経済)


戻る