ポリアミドMXD-6(PA-MXD6)コンパウンドの市場動向

マーケット情報TOP
プラスチックコンパウンド市場
プラスチックコンパウンドの市場規模予測(2002〜2008年)(総論)
[汎用エンプラ]
ポリカーボネート(PC)
ポリブチレンテレフタレート(PBT)
ポリアミド6(PA6)
ポリアミド66(PA66)
変性ポリフェニレンエーテル(m-PPE)
ポリアセタール(POM)
GF-PET樹脂
[スーパーエンプラ]
ポリフェニレンサルファイド(PPS)
液晶ポリマー(LCP)
ポリアミドMXD-6 (PA-MXD6)
フッ素樹脂
ポリアミド9T(PA9T)
■ポリアミドMXD-6樹脂とPA-MXD6コンパウンドの市場概要

ポリアミドMXD-6樹脂は、ガラス繊維、無機質フィラー等の添加剤で強化することによって、エンプラの中では最高の強度や剛性を実現している。

ポリアミドMXD-6コンパウンドは、三菱ガス化学が世界にさきがけて開発したポリアミドMXD-6系複合成形材料である。荷重たわみ温度が高く、高温での強度、弾性率が高いため、金属代替材料として構造部品等の用途に適している。

同コンパウンドの用途は、自動車等輸送機部品、一般機械部品、精密機械、電気・電子機器部品、スポーツ用品、住宅・土木用部材等の分野が挙げられる。

●ポリアミドMXD-6コンパウンドの市場規模推移及び予測
(2002〜2008年:コンパウンドベース)   (単位:t、%)
  2002年 2003年
見込
2004年
予測
2005年
予測
2006年
予測
2007年
予測
2008年
予測
販売数量 10,000 10,500 11,000 11,500 12,000 12,500 13,000
前年比 105.0 104.8 104.5 104.3 104.2 104.0
出所:富士経済
三菱エンジニアリングプラスチックスが市場参入しており、2002年の10,000tの中には、同社の海外生産分2,000tが含まれている。

ポリアミドMXD-6コンパウンド市場は電気・電子分野より、堅調な自動車分野における需要が主体であり、2003年以降、年率4〜5%増のペースで推移すると予測している。

2002年のポリアミドMXD-6コンパウンド市場は、数量ベースでは1万t、金額では50億円の規模である。2008年の同市場は、65億円(2002年比1.3倍)に拡大する見通しである。

●コンパウンドと非コンパウンドの需要構成(2002年:コンパウンドベース)
(単位:t、%)
  コンパウンド 非コンパウンド 合計 備考(コンパウンドの対象)
需要量 10,000t 0t 10,000t ポリアミドMXD-6は、添加剤別に分類すると、中心はGF強化グレードであり、他に難燃+GF強化、CF、アロイが挙げられる。全てコンパウンド製品である。
ウェイト 100.0% 0% 100.0%
出所:富士経済

■コンパウンド形態と需要構成(2002年:コンパウンドベース)

コンパウンド形態 販売量ウェイト(%)
GF強化 90
GF強化+難燃 10
CF、アロイ 僅少
合 計 100
出所:富士経済
ポリアミドMXD-6コンパウンドは自動車分野の需要が中心であり、強度・剛性を追求したGF強化グレ−ドが90%を占めている。電気・電子部品分野で用いられるGF強化+難燃グレードは10%であり、アロイやCFは極めて少ない。

既成グレードの製品よりも、ユーザーニーズに対応した新規グレードの製品を製造するケースが中心。

小型成形品では、より繊維の細かいチタン酸カリ繊維で強化したグレードの需要が多い。

●用途別需要動向(2002年:コンパウンドベース)
コンパウンドの用途 販売量ウェイト(%)
自動車部品 60
電気・電子部品 21
その他 19
合計 100
出所:富士経済
ポリアミドMXD-6コンパウンドは、強度・剛性以外に、寸法精度が高く過酷な使用環境にも耐えられる特性があり、自動車分野ではドアミラーステイ等に使用されている。

電気・電子分野では、自動点滅部品(耐熱性や難燃性の特性から)、カラーLBP部品(金属並の高剛性と精密成形性から)に採用されている。

その他用途では、強度や寸法精度を活かし、工業用機械(フュエルポンプ・セパレーター等)が挙げられる。

■研究開発・技術動向

企業名 技術開発 技術特性
三菱
エンジニアリング
プラスチックス
ガスアシスト成形用ポリアミドコンパウンドを開発 同社は、長時間の連続成形加工が可能で、表面外観の優れた成形品を製造することができる、ガスアシスト成形用ポリアミドコンパウンドを開発した。

同コンパウンドの主成分は、ポリアミド6であるが、このPAコンパウンドには、例えば、「ポリアミド6とポリアミドMXD-6の混合物」等が適している。ガスアシスト成形用コンパウンドは、ガスの発生源であるモノマーやオリゴマー等が少ないので、成形品表面外観を損なうことがない。また、加圧流体注入ノズル周辺に、冷却固着する固着物も少ない。ノズルを閉塞させることが少なく、成形品の製造を長時間連続しても不具合が起り難い。
従って、成形品製造の生産性が向上し、夜間に無人で連続的な成形品の加工が可能である。

同コンパウンドは、ガスアシスト成形法による成形用材料に適しており、成形加工用途としては、自動車部品、電気・電子部品、日用維貨品等が挙げられる。

■参入企業とメーカーシェア(2002年:コンパウンドベース)

メーカー名 販売量ウェイト(%)
三菱エンジニアリングプラスチックス 100
合 計 100
出所:富士経済
三菱エンジニアリングプラスチックスにおけるニートレジンの重合は、三菱ガス化学の新潟工場が行っている。生産能力は年産15,000tである。

四日市市にあるMEPCOM四日市が、ポリアミドMXD-6コンパウンドの生産拠点である。

■今後の動向

国内ポリアミドMXD-6コンパウンド市場における既存分野の需要は、大幅な市場拡大は見込まれず、販売数量的には微増推移に留まると見ている。

従来から、ユーザーの要望に対応したコンパウンドを製造、販売するケースが多かったが、今後は、競合素材(アルミニウム、マグネシウム、亜鉛等の金属、PA6、PA66、PBT、GF-PET、PPS、LCP等の樹脂)の動向も踏まえ、国内では新規分野の開拓に力を入れている。

参考文献:「2003年 プラスチックコンパウンド市場の全貌とグローバル戦略」
(2003年3月17日:富士経済)


戻る