液晶バックライト用導光板の市場動向

マーケット情報TOP
エレクトロニクス高分子市場(素材別)
エレクトロニクス高分子市場(総論)
[PC]
液晶バックライト用導光板
液晶ディスプレイ用位相差フィルム
携帯電話用プラスチックレンズ
[PI]
液晶ディスプレイ用カラーフィルタ
FPC用フィルム
パッシベーション膜
液晶配向膜
[PET]
ドライフィルムレジスト(DFR)
液晶ディスプレイ用プリズムシート
エンボスキャリアテープ
反射防止(AR/LR)フィルム
液晶ディスプレイ用拡散フィルム
透明導電性フィルム
バックグラインド(BG)テープ
ダイシング(DC)テープ
液晶ディスプレイ用反射フィルム
[PVDF]
リチウムイオンポリマー電池
リチウムイオン電池用セパレータ
[フッ素]
プラスチック光ファイバー
導光板は、液晶ディスプレイ内で光を液晶に導くバックライトユニット(照明装置)の内部に使用されている部品である。導光板の側面から入射した光は、導光板の片面に設けられた光散乱層で散乱して、面全体が均一に発光する役割を果たしている。

■導光板の市場概要

導光板はアクリル製の透明プラスチック板が一般的だが、他に、ポリカーボネート(PC)樹脂、シクロオレフィン系樹脂(COP)が使用されている。光源から離れるほど基板の厚さが薄くなり、テーパ形状を採っている。

COP樹脂は比重が1.0(アクリルの1.2に対して)と軽いため、軽量化ニーズの高いノートPCのバックライトに採用されている。また低吸湿で寸法安定性良好なため、大型サイズの導光板でみられる反りの発生がない。
(>>参考情報:「COP」をサイト内検索/日本ゼオン

携帯電話用途では、耐熱性/耐衝撃性の要求が高いため、PC樹脂が用いられている。PC樹脂は高温で流動性が高く携帯電話用導光板に必要な複雑微細加工に適している。しかし、複屈折に関しては課題を残している。

■用途動向(2002年世界需要ベース)

用途名 販売量ウェイト(%) 具体的用途例
TFT-LCD 97 デスクトップPC用モニター、ノートPC、液晶テレビ、他
STN-LCD、他 3 携帯電話、携帯情報端末(PDA)、他
合 計 100  
出所:富士キメラ総研

導光板は、バックライトを使用するパソコン、液晶テレビ、液晶モニター等、TFT-LCD用途で広く利用されている。

パソコン分野では、インターネットの普及、情報通信技術の向上、動画情報の増加等に伴い、反応速度が速いパソコンが不可欠になっており、TFT-LCDの利用が急速に広がっている。

携帯電話に代表される携帯端末においても、機器の高機能多機能化、サービスの拡充に伴い画像(静止画、動画)情報の利用が増えており、今後もTFT-LCDの需要増加が見込まれる。

■市場規模推移(2002〜2006年)

●市場規模推移及び予測(世界需要) (単位:千枚/14インチ換算、%)
  2002 2003見込 2004予測 2005予測 2006予測
販売数量 162,000 271,000 386,000 486,000 606,000
前年比 167.3 142.4 125.9 124.7
出所:富士キメラ総研

2002年の国内と海外需要を合計した導光板の販売量は1兆6,200万枚(14インチ換算)である。国内と海外の販売量比率は1:2であり、海外需要(韓国、台湾等主にアジア地域)が上回っている。

金額的には2002年の世界需要は498億円であり、2006年には1,750億円に上昇すると予測している。

LCD需要、特にバックライト(BL)が不可欠なデスクトップパソコン用モニター、液晶テレビの急速な普及が当該製品の急成長を後押ししている。

■採用素材動向(2002年:世界需要)

構成部材名 使用樹脂 構成比(%) 採用理由
基板 アクリル樹脂 97 光学特性
シクロオレフィン系樹脂 2 光学特性、寸法安定性、軽量性、成形性
PC樹脂 1 光学特性
合 計 100  
※換算重量:14インチサイズ=120g/枚 出所:富士キメラ総研

液晶モニター、ノートPC等のBLには、アクリル製の導光板が圧倒的に使用されている。アクリル製導光板は光透過率が高く、複屈折率、転写性、コスト面で優れている。しかし吸湿性、耐熱性の点で問題がある。

その他の素材には、COP系樹脂(日本ゼオン「ゼオノア」)が上市されており、高性能液晶ディスプレイ用途では、アクリル樹脂からCOP樹脂への代替が予測されている。

また、PC樹脂の供給先は、携帯電話、車載用のディスプレイパネル需要が中心である。複屈折に関しては技術的な問題が残されており、その需要構成比は1%と極めて少ない状況にある。

■研究開発・技術動向

企業名 技術開発 製品・技術概要
帝人化成 耐熱性、高屈折性の導光板を開発 同社は、特定の2価フェノールを用いた芳香族ポリカーボネート共重合体を主成分とする樹脂組成物に、特定の紫外線吸収剤を配合することにより、耐熱性、高屈折性の導光板を開発した。
この導光板は、光透過性が高く導光性が優れ、面発光性と均一な明るさを得ることができる。耐熱性、剛性が良好であるため、輝度ムラやソリが少ない。

【耐熱性、高屈折性導光板の用途】
色調の優れた液晶テレビや車載用パネル(バックライト方式)等の耐熱性を要する部分、スキャナー用途に適している。


■メーカーシェア(2002年:世界需要)

メーカー名 販売量ウェイト(%)
エンプラス 8
富士通化成 8
日本デンヨー 6
国内のその他メーカー 14
(国内メーカー小計) (36)
韓国メーカー 36
その他アジアメーカー 28
合 計 100
出所:富士キメラ総研

導光板から一貫生産しているバックライトメーカーの参入が多い。

国内メーカーは、大型品で実績のあるエンプラス、富士通化成、日本デンヨー等が実績を上げている。

LCDの生産拠地が韓国、台湾にシフトしたことによって、現地での生産量が増加している。今後は、中国等でも現地生産が増加すると見ている。

■今後の動向

導光板市場は、液晶テレビ、デスクトップパソコン用液晶モニターの需要拡大及び画面の大型化が市場拡大要因となっており、2003年以降も高い成長性を予測される。一方で台湾メーカーを中心として、導光板の低価格化が進んでいくと見られる。

生産性の向上につながる印刷レス導光板、光拡散機能等を付加した多機能品、高性能品の需要拡大が見込まれており、国内メーカーでは今後これら高付加価値品のウェイトが高まっていくと見ている。

参考文献:「2003年 エレクトロニクス高分子材料の現状と将来展望」
(2003年8月21日:富士キメラ総研)


戻る