液晶ディスプレイ用反射フィルムの市場動向

マーケット情報TOP
エレクトロニクス高分子市場(素材別)
エレクトロニクス高分子市場(総論)
[PC]
液晶バックライト用導光板
液晶ディスプレイ用位相差フィルム
携帯電話用プラスチックレンズ
[PI]
液晶ディスプレイ用カラーフィルタ
FPC用フィルム
パッシベーション膜
液晶配向膜
[PET]
ドライフィルムレジスト(DFR)
液晶ディスプレイ用プリズムシート
エンボスキャリアテープ
反射防止(AR/LR)フィルム
液晶ディスプレイ用拡散フィルム
透明導電性フィルム
バックグラインド(BG)テープ
ダイシング(DC)テープ
液晶ディスプレイ用反射フィルム
[PVDF]
リチウムイオンポリマー電池
リチウムイオン電池用セパレータ
[フッ素]
プラスチック光ファイバー
反射フィルムは、液晶用バックライトユニットの構成部材の一つであり、光源の光を効率的に導光板に入射させる(画面の反対側に光が抜けるのを防ぐ)機能を担っている。

■液晶ディスプレイ用反射フィルムにおける高分子部品・材料の特徴

基材には主にPETフィルムが使用され、PETフィルムに銀を蒸着したタイプやアルミ等の金属箔と積層した製品が一般的に用いられている。

当該製品は、反射効率を上げるため金属と複合化し導電性を有している。そのため、蛍光管の高周波とリークする問題があるが、住友スリーエムでは独自の光反射技術を活用し、金属成分を含まない製品を上市している。

■用途動向(2002年世界需要ベース)

用途名 販売量ウェイト(%)
LCD用バックライト 100
合 計 100
出所:富士キメラ総研

LCDバックライトに使用する反射フィルムの厚さは、188μmサイズが中心である。ユーザーからのカスタム仕様で稀に、125μmサイズを使用する場合がある。

反射フィルムの主要アプリケーションは、ノートパソコンや携帯電話、大型モニタ等が挙げられる。

テレビ市場では、薄型テレビが注目されブーム商品になっており、液晶テレビを中心に需要が増えている。

■世界市場規模推移(2002〜2006年)

●市場規模推移及び予測 世界需要ベース (単位:千枚、%)
  2002年 2003年
見込
2004年
予測
2005年
予測
2006年
予測
販売数量 66,000 90,000 110,000 134,000 162,000
前年比 136.4 122.2 121.8 120.9
出所:富士キメラ総研

2002年の反射フィルム市場は6,600万枚で、販売金額は約20億円である。

2003年の急拡大は半導体、液晶関連市場の回復が成長要因になっている。2004年以降、販売量ベースで年率20%台、販売金額ベースでは20〜30%程度の成長が見込まれている。

2006年の市場規模は約45億円と予測しており、需要先の海外にシフトにより、販売量ベースで国内需要が3,410万枚、海外が1億2,790万枚と海外需要が8割弱を占めている。

■採用素材動向(2002年世界需要ベース)

構成部材名 使用樹脂/主な材料 使用量(t) 構成比(%) 採用理由
基材 PETフィルム 787 100.0 透明性、光学特性が優れる等。
無機系コーティング(銀、アルミニウム)   顧客のカスタムニーズで使用する程度。
  787 100.0  
換算基準:フィルム厚=188μmとして重量換算  出所:富士キメラ総研

基材フィルムには、高反射率、光沢性等の特性からPETフィルムが採用されている。PETフィルムの中でも白色PETフィルムは裏面への光の透過を防ぐ目的で採用されている。

東レは、黄変劣化防止のために、耐UV性樹脂を含んだ白色PETフィルムを反射フィルムメーカーに供給。

三井化学の「ホワイトレフスター」は基材にPPフィルムを使用しており、今後の素材動向が注目される。

■研究開発・技術動向

企業名 技術開発 製品・技術概要
三菱化学
ポリエステル
フィルム
バックライト用反射フィルムの基材フィルムを開発 同社は、エッジライト型の液晶ディスプレイに使用する、フィルムの片面が蒸着された光反射フィルム用の基材フィルムを開発している。
液晶表示板の反射フィルム用途に用いる蒸着用ポリエステルフィルムは、金属蒸着層を保護する効果があり、メタクリル樹脂との摩擦特性も優れている。
蒸着用ポリエステルフィルムは、2層からなる積層フィルムであり、一方の表面の粗さが0.03μm以下である。もう一方の表面とメタクリル樹脂板との摩擦係数の差Δμは0.15以下である。

この反射フィルム用二軸延伸積層ポリエステルフィルムは、2層からなる積層フィルムである。非蒸着面となる層をポリエステル層A(以下、単に層Aと略記する)とし、それ以外の層を層Bや層Cとすると、積層フィルムは例えばA/Bの2層構造やA/B/AやA/B/Cの3層構造を取ることができる。
この積層フィルムは、通常、非蒸着面の反対面を蒸着面として用い、非蒸着面側からフィルム中に入射した光を蒸着面で反射する形態で使用することが可能である。

■参入企業とメーカーシェア(2002年世界需要ベース)

メーカー名 販売量ウェイト(%)
ツジデン 35
きもと 26
住友スリーエム 14
三井化学 7
その他 18
合 計 100
出所:富士キメラ総研

ツジデンがトップ、次いで、きもと、住友スリーエムと続いている。

住友スリーエム、三井化学は、自社材料を使用し独自の製品を開発してシェアを伸ばしつつある。

その他、恵和が2001年に「レイラBR」の製品名で、反射フィルム市場に新規参入をしている。

■今後の動向

携帯電話の小型LCDは、搭載カメラの高性能化や動画への対応等、一層の高機能化が進んでいる。高機能化の進展に伴い、反射フィルムにはパネルの輝度向上のため、さらなる反射率の向上が要求されている。

参考文献:「2003年 エレクトロニクス高分子材料の現状と将来展望」
(2003年8月21日:富士キメラ総研)


戻る