健康保険証カードの市場動向

マーケット情報TOP
厚生労働省の「健康保険法施行規則及び国民健康保険法施行規則」が2001年2月に改正され、従来、紙ベースで1世帯に1枚交付されていた健康保険証(健康保険被保険者証)が、2001年4月からカード様式で1人に1枚、個人カードとして交付されることになった。但し、カードの種類(材質)は規定されておらず、ICカード以外には紙、プラスチック、磁気ストライプ方式のカード導入も可能である。

健康保険証のカード化は事務処理コストを削減すると共に、患者情報の記載ミスによる過誤請求を防止することができる。ICカードが普及して診療情報の蓄積が進んでいくならば、診察時に過去の診療データを参照することによって重複検査、重複投薬などが回避でき、結果として医療費の無駄を省くことができる。

■健康保険証カードの市場規模推移 2003〜2008年(国内需要)
【発行数量推移】
単位:千枚、%
  2003年 2004年見込 2005年予測 2006年予測 2007年予測 2008年予測
発行数量 100 100 150 200 300 400
前年比 100.0 150.0 133.3 150.0 133.3
出所:富士キメラ総研
各健康保険組合の財政状況に配慮しながら、準備の整った保険者から順次カード様式へ移行する段取りになっている。(導入時期に猶予を持たせている。)

カードの種類は規定していないので、磁気ストライプカードや単純なプラスチックカードでも対応が可能であるため、コスト負担の高いICカードを導入する保険者は極めて少ない状況にある。

ICカードを交付している団体には、東芝健康保険組合やトヨタ自動車健康保険組合などが挙げられる。

■参入企業とシェア(2003年国内需要)

企業名 発行数量シェア(%)
凸版印刷 40
NECトーキン 30
東芝 20
その他 10
合計 100
出所:富士キメラ総研
凸版印刷、NECトーキン、東芝の3社がカードの主な発行企業であり市場全体の90%を占める。また、保険者別の累計カード交付枚数で捉えると、東芝健康保険組合(ICカードを採用)による交付が最も多く、次いでトヨタ自動車健康保険組合が続いている。

■今後の動向

健康保険証のICカードは、記録容量の大きさとセキュリティーの高さから、利便性の向上と多様なアプリケーション展開の可能性を持っているが、保険者に高いコスト負担が要求される。

健康保険証ICカード1枚の価格は1,000〜2,000円と推定され、財政難に直面している保険者や組合が多い現状では、高コスト負担がICカード導入の阻害要因となっている。

今後はICカードの低価格化が課題となっており、また、医療データの互換性が拡張され、ICカードシステムが普及してくれば、ICカードの利便性が向上し、保険者による導入事例の増加が予測される。

参考文献:「カード市場マーケティング要覧 2004年版」
(2004年7月28日:富士キメラ総研)


戻る