接触式ICカードの市場動向

マーケット情報TOP
接触式ICカードの特徴を以下の一覧表に整理した。
  ICカードの製品特性
接触式の特徴 ICチップがプラスチックカードに埋め込まれており、情報量(記憶容量)とセキュリティ機能が向上している。
現状では銀行系クレジットカードが接触ICカードの大部分を占めている。接点付きであるため高いセキュリティが確保できる反面、ある程度用途が限定される。
接触式のアプリケーション クレジットカード、キャッシュカード、ETCカード、B-CASカード、3G携帯電話UIMカードなど。
接触式の分類 ICチップ内のCPU搭載有無により2つに分かれる。現在の主流はCPU内臓型である。本稿では接触式(ISO7816、CPU 内臓/CPU 無し)ICカードを対象とする。
接触式の構造 接触式ICカードは、プラスチックカードにモジュール化されたICチップを装着する単純な構造になっている。
接触式は、カード表面に端子が設けられており、その端子を通じて信号のやり取りを行う。
接触式ICカードの製造方法 ○プラスチックカードはICモジュールが接着される部分に、予めICモジュールが入る大きさと深さの穴を開けておく方法(A.穴を開ける方法は1枚物のプラスチックカードにザグリ機(外形加工)で彫る方法、B.2枚のシートのうちの1枚に貫通穴を開け張り合わせる方法がある。)
○他には、インジェクションによって成形する方法がある。
カード材質 ICカード表面に、ホログラムやリライト表示ラベル等の表示機能シートを加熱融着により埋設できることから、グリコール変性のポリエステル樹脂(PET-G)が適している。

■需要分野別販売動向(2003年国内需要)

需要分野 販売数量シェア(%)
金融 72
通信・放送 14
交通
その他
合 計 100
出所:富士キメラ総研
接触式ICカード市場は、銀行系クレジットカードを主体として、3G携帯電話UIMカード、ETCカード、及びB-CASカード等により市場が形成されている。そのうちクレジットカードが約3,250万枚の実績と見られ、接触式全体の7割近くを占め最も多くなっている。クレジット機能付社員証や一部キャッシュカード等も含む。

■接触式ICカードの市場規模推移 2003〜2008年(国内需要)

単位:千枚、%
年次 2003年 2004年見込 2005年予測 2006年予測 2007年予測 2008年予測
販売数量 45,000 53,000 63,000 74,000 85,000 94,000
前年比 117.8 118.9 117.5 114.9 110.6
出所:富士キメラ総研
接触式ICカードの2003年国内市場規模は発行枚数4,500万枚(前年比143.8%)、発行金額265億円(同139.5%)となっている。2004年は5,300万枚(同117.8%)、300億円(同113.2%)に拡大すると推定している。

銀行系クレジットカードを始め、ETCカードや3G携帯電話UIMカード、B-CASカード等の需要増加が、市場拡大の要因となっている。ここには接触/非接触一体型ICカードは含んでおらず、非接触ICカードの実績に含まれている。

■参入企業と販売シェア(2003年国内需要)

企業名 発行数量シェア(%)
大日本印刷 47
凸版印刷 42
その他 11
合計 100
出所:富士キメラ総研
接触式ICカード市場は、大日本印刷と凸版印刷の2社による実績(大日本印刷が約2,100万枚、凸版印刷が約1,900万枚)が高くなっている。

両社ともクレジットカードで販売実績を持っており、2003年は銀行系クレジットカードの提携カードによる発行増がそれぞれの実績を伸ばした。

■今後の動向

需要拡大が期待されているキャッシュカードは、盗難や偽変造による被害防止の機運が高まっており、一部の銀行からICカードの採用が開始されている。またICカードに付加するサービスやクレジットとの一体化、ATMの代替コスト、他行との差別化戦略等、クリアすべき課題が多く導入は段階的に進められる見込みである。

高いセキュリティが要求されるICクレジットカード、カードを差し込んだ状態で使用するETCカード、B-CASカード等は、接触式ICカードのアプリケーションとして今後も安定した需要が見込まれる。

参考文献:「カード市場マーケティング要覧 2004年版」
(2004年7月28日:富士キメラ総研)


戻る