電磁誘導方式13.56MHz帯 RFIDタグの市場動向

マーケット情報TOP
13.56MHz帯RFID(Radio Frequency Identification)タグの仕様は以下の通りである。
  RFIDタグの仕様
通信方式 電磁誘導方式
使用周波数 13.56MHz(短波)
規格 国際規格 ISO/IEC15693
ISO18000-3 モード1及び
ISO18000-3 モード2(Magellan)に準拠
主なチップ I-CODE(PHILIPS)、my-d(Infineon)、Tag-it(TI)等

2002年9月の電波法(高周波利用設備)改正により、13.56MHz帯は国内でも欧州並みの最大60†の通信距離を出せるようになり、様々な分野で新しい用途開発が行われている。物品の管理用タグとして国際規格化が進められおり、RFIDタグの中心的な周波数帯として最も広く利用されている。

■周波数別 RFIDタグの特性と概要

周波数 通信距離 用途 備考
135KHz
(中波)以下
数10cm 家畜管理、給油決済システム、工場内の工程管理、回転ずしの皿管理 電磁誘導方式
通信距離が短い
13.56MHz
(短波)
60cm 自動車生産ライン、図書館蔵書管理、博物館所蔵品管理、航空手荷物管理、CD、VTRショップ等の盗難防止用 電磁誘導方式
Suicaと同じ周波数帯(電子マネーで使用)
860-960MHz
(UHF帯)
3〜5m 倉庫の出入庫管理 日本では2005年4月から使用可能
2.45GHz
(マイクロ波)
1m 愛知万博の入場券、
店頭の商品識別
日立製作所のµチップ(サイズは0.4mm角)、
アンテナを小型にする

13.56MHz帯RFIDタグと競合が予想されるタグとその特徴は上記の通りである。13.56MHz帯はマイクロ波やUHF帯と並んで代表的な周波数帯として使用されている。
2005年4月より、物流管理のためのRFIDタグ向けにUHF帯の周波数(952〜954 MHz)が使用できるようになった。

■13.56MHz帯 RFIDタグの市場規模推移(2003〜2008年)国内需要

●13.56MHz帯の市場規模推移及び予測 単位:千枚、%
  2003年 2004年見込 2005年予測 2006年予測 2007年予測 2008年予測
販売数量 4,000 12,000 20,000 35,000 60,000 100,000
前年比 300.0 166.7 175.0 171.4 166.7
出所:富士キメラ総研
使用周波数13.56MHz帯RFIDタグの2003年国内市場は数量ベースで、400万枚(前年比160.0%)である。13.56MHz帯は2001年から導入が開始され、2002年9月の電波法改正による規制緩和で各分野における採用が活発になっている。

これまでは物流やセキュリティ用途、図書館蔵書管理というクローズドシステムで導入されていたが、近年では各社各様のシステム導入が行われている。

■参入企業と販売シェア(2003年国内需要)

企業名 販売数量シェア
オムロン 50
その他 50
合計 100
出所:富士キメラ総研
2003年はオムロンが最も多くなっており約200万枚の実績である。同社は1988年より他社に先駆けて産業用タグ市場に参入しており、半導体や自動車などのFA分野で圧倒的なシェアを獲得している。

その他には凸版印刷、トッパン・フォームズ、日本テキサス・インスツルメンツ、日立化成工業など多数の企業が参入している。

■今後の動向

今後、出版やアパレルなど各々の業界で標準化が進んでいくならば、物品の管理用タグとして爆発的な13.56MHz帯RFIDタグ市場の拡大が見込まれる。
一方、国際規格化及び国内で規制緩和を進めているUHF帯RFIDタグは、13.56MHz帯市場の一部を侵食することも考えられる。
参考文献:「カード市場マーケティング要覧 2004年版」
(2004年7月28日:富士キメラ総研)


戻る