住設機器・建材製品の市場ランキング(総論2)

マーケット情報TOP
■住設機器・建材の市場分野別販売金額トレンド(国内市場)
2005年の販売金額が大きい市場(上位5分野)は下記の通りである。
分野別販売金額ランキング (単位:億円)
順位 市場分野 2003年 2005年予測 2年間の増減額 カテゴリー
水回り設備 9,293 9,913 620 住設機器
内装材・内部建具
(木質建材)
9,096 8,815 -281 建材
空調設備 8,352 8,663 311 住設機器
外部建具 6,649 6,442 -207 建材
給湯機 3,047 3,457 410 住設機器
出所:富士経済

販売金額が最も大きいのは住設機器「水回り設備」の市場分野である。1位の「水回り設備」では、特に、システムキッチン(2003年比500億円増)、一体型温水洗浄便器(同80億円増)、シート式温水洗浄便座(同40億円増)の需要増が顕著である。

3位の「空調設備」分野は、温水式床暖房(同100億円増)、空気清浄機(同90億円増)、換気扇「一般型」(同80億円増)の市場拡大が見込まれる。

5位の「給湯機」分野は、ヒートポンプ式給湯機「エコキュート」(同450億円増)とエコウィル(同91億円増)が注目される。

逆に、伸長率の減少が見込まれるのは建材カテゴリーであり、「内装材・内部建具(木質建材)分野では、室内ドア(同109億円減)と造作材(同90億円減)の減少が大きい。

■住設機器・建材製品の販売金額上位ランキング(国内市場)
住設機器・建材製品69品目について、販売金額が大きい順に製品をランキングした。その中で2005年の販売金額が大きい住設機器・建材製品(上位5品目)は以下の通りである。
(単位:億円)
順位 住設建材製品 2003年 2005年予測 2003年比 カテゴリー/分野
ルームエアコン 5,940 5,960 100.3% 住設機器 空調設備
アルミサッシ 4,970 4,772 96.0% 建材 外部建具
システムキッチン 3,300 3,800 115.2% 住設機器 水回り設備
戸建用システムバス 2,480 2,500 100.8% 住設機器 水回り設備
フローリング材 2,440 2,421 99.2% 建材 内装材/内部建具
(木質系)
出所:富士経済

住設機器カテゴリーでは「ルームエアコン、システムキッチン、戸建用システムバス」の製品が、建材カテゴリーでは「アルミサッシ、フローリング材」がトップ5にランキングされる。伸長率の観点から見ると、3位のシステムキッチンが2003年比15.2%増と高い成長率を示している。

■住設機器・建材の伸長率ランキング(国内市場)

2005年の市場分野別伸長率ランキング (単位:億円)
順位 市場分野 2003年 2005年予測 2003年比 カテゴリー
ソーラー・電気設備 898 1,383 154.0% 住設機器
水回り関連機器 1,580 2,031 128.5% 住設機器
給湯機 3,047 3,457 113.5% 住設機器
セキュリティ関連 1,002 1,089 108.7% 住設機器
水回り設備 9,293 9,913 106.7% 住設機器
断熱部材 1,996 2,095 105.0% 建材
空調設備 8,352 8,663 103.7% 住設機器
エクステリア 1,575 1,623 103.0% 建材
内装材(非木質) 1,474 1,439 97.6% 建材
10 内装材・内部建具
(木質建材)
9,096 8,815 96.9% 建材
11 外部建具 6,649 6,442 96.9% 建材
12 外装・屋根材 2,444 2,169 88.7% 建材

合計69品目 47,406 49,119 103.6%
出所:富士経済

2年間の市場トレンドにおいて2桁成長が予想される分野は、「ソーラー・電気設備」「水回り関連機器」「給湯機」の3市場が挙げられる。

「ソーラー・電気設備」分野は、住宅用太陽光発電システム(屋根置き型)、屋根材一体型ソーラー発電、ホームエレベータの3市場から構成される。中でも2005年の太陽光発電とソーラー発電の伸長率は各々2003年比169.5%、同158.5%と極めて高い伸び率になっている。

特に、住宅用太陽光発電システムは、自治体の補助政策や消費者の省エネに対する関心の高まりを背景に成長を続けている。

「水回り関連機器」分野は8アイテムから構成され、特に伸長率が大きい食器洗浄乾燥機(卓上型)は 普及品としての認知度の高さ、有職主婦の増加や高齢化社会の到来(家事の軽減意識の高まり)を背景に、2005年の伸長率はビルトイン型が2003年比132.3%、卓上型が同184.5%と共に大幅な伸びを示している 。

参考文献:「2004年版 住設建材マーケティング便覧」
(2004年7月16日:富士経済)


戻る