カーシートの市場動向

マーケット情報TOP
乗員が座る自動車用の座席であり、乗員をしっかりと支え快適な座り心地を維持し、事故が発生した際に衝撃を和らげることを目的とした内装部品である。

■カーシートの材料特性

シートフレームは45kg級のハイテン材が一般的である。しかし軽量化対策として80~100kg級のハイテン材やアルミ合金、マグネシウム合金、ポリエチレン(PE)などが採用されている。

クッション材にはポリウレタンフォームが採用され、特に難燃性ウレタンフォームが代表的である。

表皮には主にPVCの他、TPO、TPV、PET、PBT樹脂などが採用されている。PVC は可塑剤の含有量により大別すると軟質製品と硬質製品に分類される。

■市場規模推移及び予測(2004~2007年、2010年 世界/国内需要)

(単位:千個、%)
  2004年 2005年見込 2006年予測 2007年予測 2010年予測
世界販売数量 289,500 300,550 314,100 324,420 357,000
前年比 103.8 104.5 103.3
国内販売数量 51,000 50,850 50,900 50,920 51,000
前年比 99.7 100.1 100.0
国内販売比率 17.6 16.9 16.2 15.7 14.3
出所:富士キメラ総研
数年来人気が続くRV・ミニバンでは6~7人乗りが中心であるため、セダン車が主流であった時期よりもシートの販売数量が多くなっている。ミニバンの中では排気量2,000cc前後の中型サイズのバンが根強い人気となっている。

2004年の世界市場は販売数量が2億8,950万個で、販売金額は3兆0,579億円(メーカー出荷ベース)である。2010年は同3兆7,647億円(2004年比1.23倍)になると予測している。

■研究開発・技術動向

企業名 技術開発 研究開発と技術の概要
NTN 低コストで製造可能なリクライニング装置を開発  同社が開発している座席用のリクライニング装置は、座席の座面部分と背もたれ部分を結合するヒンジ部(蝶つがい構造の箇所)の開き角度を調節するために、差動伝動機構(タウメル機構)が採用されている。
 この差動伝動機構は、内歯車と、これより僅かに歯数の少ない外歯車とを噛み合わせ、外歯車の軸孔と内歯車の軸が一体となったカムの小径部分の間に形成される弧状の間隙に、一対の楔形片が先細り端部に配置されている。
 また、この座席用リクライニング装置は、両楔形片が離れる方向に弾性力を付与するバネが設けられ、楔形片が内歯車の軸に設けたカムに押されて、弧状の間隙内で摺動(移動)した際に、外歯車が内歯車から離れてヒンジの開き角度の調整が可能である。同装置において、楔形片の摩擦摺接面は低摩擦摺動材で加工されている。
 このように、外歯車の滑り軸受圧入面の精密加工を省略することができ、また、リクライニング装置の設計自由度が滑り軸受の標準規格で制約を受けることもなく、低コストで製造可能な座席のリクライニング装置を開発している。
 また、同社が開発した装置は自動車用のシートなどに応用することが可能である。
 通常、楔形片基材は金属製であり、特にスチール系焼結材で加工された部材は、その表面に樹脂系の低摩擦摺動材製被膜を塗布した場合、密着性が良好である。
 低摩擦摺動材としては、摩擦係数の低い樹脂を採用すれば、低摩擦摺動材の加工が容易である。特に、樹脂被膜はフッ素系樹脂が好ましい。例えば、バインダ樹脂にフッ素樹脂を添加したフッ素樹脂被膜は低摩擦特性が優れている。

■参入企業とメーカーシェア(2004年 世界需要)

メーカー名 販売数量ウェイト(%)
ジョンソン・コントロールズ
リア
フォルシア
マグナ
その他 82
合 計 100
出所:富士キメラ総研
ジョンソン・コントロールズは2004年9月、タチエス(本社:東京都昭島市)と共同で自動車シート生産の合弁会社をカナダに設立した。また、タチエスとはオハイオ州・ミシガン州の2工場で合弁会社を設立しているなどの提携関係を推進している。

2004年の国内市場ではトヨタ紡織が最大手企業であり、次いでタチエス、テイ・エステックなどが主要メーカーである。

トヨタ紡織は2004年10月にトヨタ系サプライヤである豊田紡織とアラコ、タカニチが合併してトヨタ紡織を設立した。トヨタ自動車の海外生産拡大に対応するため企業/組織の再編が行われた。

■今後の動向

シートの座り心地の向上や疲労感を軽減するためのニーズが高まっており、近年は欧州車クラスの高グレードなシートの採用増加が推測される。

高グレードのシートでは、一部高級車への採用にとどまっているが、今後は大衆車でも座り心地の良さを求めるニーズが増えてくると予想される。

参考文献:「2005年版 自動車部品マーケティング便覧」
(2005年5月31日:富士キメラ総研)


戻る