エアバッグの市場動向

マーケット情報TOP
乗員の胴体と頭部がステアリングホイール、インストルメントパネル、フロントガラスなどから衝突を回避する装置である。

エアバッグには、フロントエアバッグ(運転席エアバッグ/助手席エアバッグ)、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグ、ニーエアバッグなどの種類がある。

近年、乗員保護の観点からエアバッグの装着率が年々上昇しており、運転席や助手席用のエアバッグでは新車装着率が向上しておりエアバッグの標準装備が進んでいる。

■エアバッグの材料特性

エアバッグの構成部品はバッグ、インフレータ、センサー、電源、点火装置、診断装置、警報装置などが挙げられる。

バッグに使用されている素材は、従来のクロロプレーンゴム系コート布からシリコーン系コート布、ノンコート布へと、軽くて柔らかい材料に移行している。

バッグに使用される原糸は主にポリアミド66(PA66)樹脂を溶融紡糸/延伸して製造されている。

■市場規模推移及び予測(2004~2007年、2010年 世界/国内需要)

(単位:千個、%)
  2004年 2005年見込 2006年予測 2007年予測 2010年予測
世界販売数量 161,000 167,300 173,300 179,000 194,000
前年比 103.9 103.6 103.3
国内販売数量 23,000 23,300 23,500 23,800 24,200
前年比 101.3 100.9 101.3
国内販売比率 14.3 13.9 13.6 13.3 12.5
出所:富士キメラ総研
当該市場は4種類(フロントエアバッグ、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグ、ニーエアバッグ)のエアバッグを対象とする。

2005年の国内における運転席エアバッグ装着率は100%、同助手席は95%程度、同サイドエアバッグは10%程度、同カーテンエアバッグは3%程度となっている。

2004年の世界市場は販売数量が1億6,100万個で、販売金額は1兆3,202億円である。2010年は同1兆5,495億円になると予測している。

■研究開発・技術動向

企業名 技術開発 研究開発と技術の概要
豊田合成 気密性が向上したエアバッグを開発  エアバッグは一般に、ポリアミド(PA)繊維などの極性繊維で織成(通常、平織)した1枚又は複数枚の基布を袋状に縫製して製造される。
 そして、高速ミシンによる縫製時には、通常、針熱切れ防止の観点から、シリコーンオイル(シリコーン系油剤)などの潤滑剤で滑性処理(浸漬処理)した縫糸が使用されている。
 近年はエアバッグ展開時における気密性の向上が課題となっている。
 バッグにおける気密性の向上が難い理由は、縫糸に付着しているシリコーンオイルが基布に浸透して、織成された基布の織組織の滑脱抵抗値(ほぐれ強度)が低下し、基布組織に応力が作用した時に、組織(平織)のズレやゆるみが発生し易いためと見ている。
 そこで同社は、バッグ展開時に、バッグ周囲縫合部位の基布の組織ズレが発生し難くすることにより、エアバッグの気密性を向上させている。
 同社が開発したエアバッグは、基布用極性繊維で織成された基布が、縫糸で縫合され袋状に縫製されている。
 また、縫糸用極性繊維からなる原糸は、縫糸に対して潤滑性改善作用を有する極性基含有化合物、又は極性基含有化合物を主体とする滑性処理剤で滑性処理された材料が使用されている。
 ここで、基布用又は縫糸用の極性繊維は、ポリアミド繊維、ポリエステル繊維、ビニロン繊維が適している。これら繊維を選定した基準は、汎用性に富んでおり耐熱性を持ち、高強度の糸が得やすいためである。
 このエアバッグはステアリングホイール用、助手席用、側突用などに適用できる。
 基布用極性繊維には通常、耐熱性が優れているPA66が代表的であるが、その他脂肪族PA6を使用することができる。他には、ポリエステル繊維(PET、PBTなど)やビニロン繊維も使用可能である。

■参入企業とメーカーシェア(2004年 世界需要)

メーカー名 販売数量ウェイト(%)
ボッシュ(独) 25
ビステオン(米国) 19
エレシス(米国) 12
オートリブ(スウェーデン)
その他 38
合 計 100
出所:富士キメラ総研
世界市場では上記の企業が大手メーカーである。国内市場では、豊田合成、タカタ、日本プラスト、オートリブなどが参入している。

豊田合成はドライバー席のハンドル下部に組み付けたニーエアバッグの製品化を行っている。乗員の姿勢を固定することで衝撃を軽減することができる。

■今後の動向

国内市場では、運転席/助手席エアバッグはほぼ標準装着されているが、低価格な車種ではサイドエアバッグ/カーテンエアバッグの装着率が低いため、今後、装着車種の増加に伴い緩やかな需要増が期待される。

また、エアバッグのナイロン原糸を提供する繊維メーカー(東レなど)のエアバッグ事業強化が注目される。

参考文献:「2005年版 自動車部品マーケティング便覧」
(2005年5月31日:富士キメラ総研)


戻る