シートベルトの市場動向

マーケット情報TOP
乗員の肩と腰を保持するベルトであり、事故発生時などに乗員を保護するための重要な装置である。前方衝突に対して乗員を固定し車外への放出を防止する。

シートベルトは、2点式(ラップベルト)、3点式、フルハーネス式の3種類がある。国内では着脱が容易で腰、腹、胴を固定する3点式が一般的である。

■シートベルトの材料特性

一般に、シートベルト装置は乗員を拘束するウェビングと、ウェビングの一方の側からベルトを引き出し・巻き取るリトラクター、ウェビングに設けたタングプレート、タングプレートと接続するバックルなどで構成される。

製品の形態は幅50mm、厚さ1.2~1.mmのひも状。素材はポリエステル(PET)、ポリアミド(PA)樹脂などの合成繊維が使用されている。

■市場規模推移及び予測(2004~2007年、2010年 世界/国内需要)

(単位:千台、%)
  2004年 2005年見込 2006年予測 2007年予測 2010年予測
世界販売数量 63,600 66,400 69,500 72,000 79,400
前年比 104.4 104.7 103.6
国内販売数量 10,600 10,900 11,000 11,200 11,400
前年比 102.8 100.9 101.8
国内販売比率 16.7 16.4 13.6 15.6 14.4
出所:富士キメラ総研
シートベルト装置は新車の販売台数に連動した市場となっている。衝突時にシートベルトの拘束性を高め、胸部の移動を抑える機能を持つプリテンショナ付きシートベルトの採用が増えている。

2004年の世界市場は販売数量が6,360万台で、販売金額は7,503億円(メーカー出荷ベース)である。2010年は同8,892億円(2004年比1.19倍)になると予測している。

■参入企業とメーカーシェア(2004年 世界需要)

メーカー名 販売数量ウェイト(%)
オートリブ(スウェーデン) 29
タカタ(日本) 20
TRW(米国) 20
東海理化 11
その他 20
合 計 100
出所:富士キメラ総研
上位4社(オートリブ、タカタ、TRW、東海理化)で世界市場の8割を占めるなど、シートベルト市場は寡占化が進んでいる。

国内市場ではタカタ、東海理化、オートリブジャパンなどが上位企業である。その他、国内ではTRW社の日本法人であるティーアールダブリュオートモーティブジャパン(本社 横浜市)が営業展開している。

タカタ(同 東京都港区)は海外工場の生産体制を強化しており、2004年12月にブラジル新工場が完成した。

東海理化(同 愛知県丹羽郡)は電動リトラクター式シートベルトの開発に注力している。

■今後の動向

シートベルトは安全要求度が高い装置である。そのため、安全性が検証された製品が自動車メーカーに選定されている。自社内で高いデータ収集・解析技術を有するシートベルトメーカーの製品は信頼性が高まることとなり、高い技術開発力を持つメーカーによる市場の寡占化傾向は今後も続いていく。

参考文献:「2005年版 自動車部品マーケティング便覧」
(2005年5月31日:富士キメラ総研)


戻る